日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「岡本和真 成績」に関する記事

楽天時代は活躍したマギー

阿部、村田に影響…巨人のマギー獲りはデメリットだらけ

来季3年目を迎える岡本和真(20)の正三塁手への道が、ほぼ立ち消えになるからである。三塁で試合に出るためには、今季3割とゴールデングラブ賞の村田、4番候補の新外国人の2人を押しのけなければならない。高卒スラッガーとして、松井秀喜級のスター選手に育てたいと球団の誰もが言うにもかかわらず、あまりにもハードルが上がってしまったのだ。 だからだろう。現在、派遣されているプエ…

センバツでは1試合2発を放った/(C)日刊ゲンダイ

智弁・小坂監督が語る“通算73本塁打”岡本和真の「素顔」

15日は智弁学園(奈良)の岡本和真内野手(3年=右投げ右打ち)が登場する。高校通算73本塁打、センバツでも1試合2本塁打を放ったドラフト1位候補だ。その実力、素顔、学校の成績などを小坂将商監督(37)に聞いた。 ――岡本は奈良出身ですけど、中学時代に全日本の4番を打って引く手あまただったと思います。智弁に入った経緯は? 「これは偶然ですけど、僕の嫁さんのお母さんと、…

一軍では1安打に終わった岡本

巨人・岡本 ポジションなくても「レギュラー取れ」の難題

巨人の岡本和真(20)が26日、球団事務所で契約更改交渉を行い、200万円ダウンの1200万円でサインした。 大きな期待を背負った高卒2年目は今季、春のキャンプから正三塁手をベテラン村田と争った。オープン戦では優先的に起用されたものの、自慢の打撃が振るわず、開幕前に二軍落ち。その二軍では打点王を獲得するなど非凡な面を見せる一方、一軍ではたった3試合の出場。10打数1…

3安打3打点の大爆発

帳尻合わせは天下一品…巨人・村田“契約最終年”の大活躍

それが、若手成長株の岡本和真(20)を蹴落とすと、全119試合に出場して.302、18本塁打、58打点。クビのピンチを吹き飛ばすどころか、3億円の年俸も維持しそうな勢いである。 村田は11年オフに2年総額5億円で横浜から巨人にFA入団。移籍1年目はプロ入り最低の12本塁打に終わるなど、.252、58打点と期待を裏切ったが、契約が切れる2年目に.316、25本塁打、…

3億円の攻防が予想されたが…

希望額届かず渋顔のハム中田 実は球団に“圧勝”の舞台裏

昨年はドラフトで智弁学園の岡本和真(現巨人)、今年は初芝橋本の黒瀬健太(ドラフト5位でソフトバンク入り)、智弁学園の広岡大志(ドラフト2位でヤクルト入り)を狙いながら獲得できなかった。最低でもあと3年は、中田に4番を任せなければならないのです」 茶髪にジャラジャラのネックレス、ガムをクチャクチャやりながらのプレーに拒否反応を示すファンは多いとはいえ、それでも球団は当…

本命の岡本和真(左)に挑む辻東倫

過熱する巨人の三塁争い 村田&岡本に割り入る“対抗馬”が

1番手は来季2年目の岡本和真(19)。昨年のドラフト1位入団で秋季練習でも居残り特打や特守など、「強化指定選手」として重点的にしごかれている。 高卒1年目の今季は17試合で打率.214、本塁打1本。9月5日のDeNA戦では代打で登場して初安打初本塁打を記録し、「能力はある」と新監督も認めている。 今季終了直後、現役続行を希望していた高橋監督は、自主トレ先の沖縄の球…

守備に課題があるといわれる岡本

コンバート構想浮上の巨人岡本が2人の「枢軸」に引導渡す日

28日の阪神戦に「7番・三塁」でスタメン出場した巨人のドラフト1位ルーキー・岡本和真(19)のことだ。 1点を失った初回1死一塁。平凡な三ゴロを処理した岡本の送球がそれ、二塁の片岡がはじく間に一、三塁。記録は片岡の失策となったものの、ベンチの原監督を苦笑いさせる新人のまずい守備から痛恨の2点目を失った。阪神先発の藤浪に完封を許し、ヤクルトのマジックはついに「1」とな…

アピールを続ける中井/(C)日刊ゲンダイ

高卒8年目の中井が頭角 いよいよ寒い巨人・村田の首筋

二軍キャンプを過ごすドラフト1位ルーキー岡本和真(18=智弁学園)も三塁だが、キャンプ前に「岡本?それより中井でしょ!」と報道陣に突っ込み、「中井みたいな選手がいれば、自分の寿命が延びる」と逆説的にその成長を警戒していたのだ。昨季の村田は打率.256。開幕4番を務めながら、一時は打順を8番にまで下げられる屈辱を味わった。 昨季のようなふがいない成績ならレギュラー交代…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事