日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「渡辺喜美 自民党」に関する記事

喜美氏は安倍首相のお友達

乙武氏消え…自民に「渡辺喜美氏」参院東京鞍替え擁立案

選挙が迫り、苦肉の策で白羽の矢を立てようとしているのが、渡辺喜美元みんなの党代表(64)だという。 喜美氏の甥で秘書も務めた渡辺美知太郎参院議員(無所属)が月内に自民党会派入りするが、自民党は伯父の喜美氏も一緒に迎え入れるらしい。 「参院選を仕切る自民党の茂木敏充選対委員長と喜美氏は、同じ栃木選出で昔から犬猿の仲。少し前まで喜美氏の“出戻り”は絶対にあり得ませんでし…

厳しい戦いを強いられる渡辺喜美、平沼赳夫、亀井静香3議員/(C)日刊ゲンダイ

自民300議席の異常 2閣僚ピンチ「大物落選危機リスト」

黄色信号がともりはじめているのが渡辺喜美氏(栃木3区)、平沼赳夫氏(岡山3区)、亀井静香氏(広島6区)の3人だ。 「これまで渡辺喜美は、選挙中もほとんど地元に帰らなかったのに、選挙区に張りついています。気温の低い早朝から妻のまゆみさんとビラを配り、中学生にまで<ご両親によろしく>と愛嬌を振りまいている。支持者には<当選したら自民に復党する>と吹聴しています。ただ、古…

小渕優子、松島みどり、塩崎恭久、望月義夫、西川公也、江渡聡徳各氏/(C)日刊ゲンダイ

小渕優子、松島みどり…自民党“疑惑議員”が全員当選の異常

落選しそうなのは、化粧品会社の社長から8億円のウラ金を受け取っていた無所属の渡辺喜美氏くらいだ。 「まるで日本人は戦前の全体主義に戻ってしまったようです。大手メディアと自民党が仕掛けたイメージ選挙に国民全体が乗せられている。日本人は立ち止まって深く考える習慣をなくしてしまった。なにもかも大きな流れに押し流されている。疑惑もなかったことになるでしょう。日本という国は、…

地元で配られる「安倍首相との2ショット」ビラ

新党パーで「安倍首相と2ショット」頼み 渡辺喜美氏の厚顔

解党が決まったみんなの党の渡辺喜美前代表(62)が、いよいよ崖っぷちだ。解党後、「渡辺新党」の結成がウワサされたが、新党に参加するとみられた薬師寺道代参院議員(50)が25日、「無所属」で活動することを表明。これで、政党要件である5人を割り、新党話はもはや空中分解だ。 「一度無所属となり自らの政治家としての原点を見つめなおそうと思います」――。自身のHPでこうつづっ…

乙武氏の復活出馬もある?

2016参院選 全選挙区「当落予想」

乙武氏の不倫で一変 「参院選東京」6人目めぐって大混戦

みんなの党の党首だった渡辺喜美さんが、おおさか維新の公認候補として東京選挙区から出馬するという情報も流れています。6人目をめぐって大混戦になり、有名人同士の戦いが激しくなれば、当選確実とみられている主要政党の公認候補がトバッチリを受けて落選する可能性もあります」…

敗戦の弁を述べる渡辺とまゆみ夫人/(C)日刊ゲンダイ

大差で落選…バッジを失った渡辺喜美氏に特捜部の本格捜査

予想通り渡辺喜美氏(62)は、あっけなく落選した。自民党の簗和生氏(35)に1万票以上の差をつけられる惨敗。無所属のため比例復活もなかった。 14日午後11時に落選が決まった喜美氏は選挙事務所に姿を現し、涙を流す夫人の隣で「申し訳ありませんでした」と支援者に何度も頭を下げ、「力不足、すべての責任は私にある」と謝ってみせた。 アベノミクスについて「もとをたどれば私が言…

まずはお気に入りの沖氏が民主党入り

政界に居場所なく 渡辺喜美氏に囁かれるまさかの民主党入り

「今後、本格的に活動を再開したい」と政界復帰宣言をした渡辺喜美元みんなの党代表(63)の動向に久々に注目が集まっている。東京地検特捜部が8億円の借り入れ問題を再度不起訴処分(嫌疑不十分)にしたことで、ようやくケリがついたからだ。 議員バッジを失ってから1年、喜美氏は渋谷区松濤の家賃130万円の豪邸から三鷹市のマンションに引っ越し、8人いたスタッフも2人にまでリストラ…

地元の栃木で元気な様子だが

渡辺喜美氏に飛び交った「自殺未遂」説…事務所に真偽を聞く

みんなの党の代表だった渡辺喜美(63)が自殺を図ったとの情報が飛び交ったのだ。 「情報が流れたのは今月5日ごろです。喜美さんが、まゆみ夫人から愛想を尽かされ、ヤケになって自殺を試みたというウワサが出たのです。自民党の大物議員がウワサを認めたことから永田町全体に広まりました」(永田町関係者) 喜美氏とまゆみ夫人は、すでに籍は抜いているが、一緒に暮らしていた。その後、ま…

左上から時計回りに渡辺喜美氏、小池都知事、音喜多都議

地方議員ら70人結集も…「小池新党」結党前から分裂含み

しかも、かつてみんなの党代表を務めた渡辺喜美氏を政治塾の特別講師に迎え、いずれ小池新党の共同代表に据えようとしているという噂まで聞こえてきます」 そもそも、みんなの党自体が風頼みで選挙基盤の弱い政党だった。そんな党から出馬し、まぐれ同然で当選した“残党”たちが、新たな風を求めて今度は小池氏を担ごうとしている。地道な選挙活動ではなく、小池人気にすがって当選を目指す連中…

江藤防衛相、塩崎厚労相、西川農相/(C)日刊ゲンダイ

買春も口利きも偽装献金も…自民“疑惑議員”全員当選のア然

■無所属の渡辺喜美氏は落選 苦戦したのは、もともと選挙の弱い西川公也農相(栃木2区)ぐらい。とはいえ、小選挙区で敗れた民主・福田昭夫氏との差はたった200票。ちゃっかり比例復活している。結局、落選したのは、化粧品会社「DHC」の会長から8億円のウラ金を受け取っていた渡辺喜美氏(栃木3区)だけだ。 過去の選挙では、どんなに強い候補でも、選挙直前にスキャンダルが発覚す…

当確は深夜まで決まらない可能性/(C)日刊ゲンダイ

「落選危機」が伝えられた大物候補16人の最終当落予想

あとは自民候補に追いつけるのかどうか」(民主党関係者) 松野頼久氏と渡辺喜美氏は、危機を超えて絶望的な状況。すでに松野氏は、「九州ブロックの比例復活狙いに戦略転換した」(九州の地元記者)と噂されている。無所属のため比例復活のない喜美氏は、有権者に向かって「お助け下さい」と懇願モードだ。早朝から駅頭に立ち、頭を下げ続けているが、まだ自民候補に並べていない。 平沼赳夫氏…

変節/(C)日刊ゲンダイ

DHC会長が告発 みんな渡辺代表「裏金8億円疑惑」浮上

代表の渡辺喜美衆院議員(62)に、8億円の“裏金”をめぐる公選法違反、政治資金規正法違反疑惑が浮上している。それも渡辺の大スポンサーで、化粧品、サプリメントで知られるDHCの創業会長、吉田嘉明氏(73)が実名で告発しているのだ。 吉田氏の手記が掲載された発売中の「週刊新潮」によると、吉田氏は知人の経済評論家を通じて、09年2月に渡辺と会食。「脱官僚」で意気投合し、そ…

銀座で声を張り上げた小林節氏

選挙サンデー 銀座に候補者続々「憲法改悪を止めたい!」

他にも、おおさか維新の田中康夫氏(60・東京)や渡辺喜美氏(64・比例)、自民の中川雅治氏(69・東京)や朝日健太郎氏(40・東京)、新党改革の高樹沙耶氏(52・東京)などが姿を見せ、まさに“候補者銀座”の様相だった。…

松田公太参院議員(左)と乙武洋匡氏

懸命ラブコール 元気・松田公太代表が“乙武氏勧誘”の狙い

みんなの党時代、渡辺喜美代表の威を借りて威張っていたから、アチコチから煙たがられているんです」(政界関係者) 乙武氏はフリーハンドで活動した方が、よほどやりたい政策を実現できるはずだ。松田氏も乙武氏と本当に仲間なら、泥舟に引きずり込まないことだ。…

渡辺前代表も落選危機/(C)日刊ゲンダイ

激戦区の雌雄決す みんな解党で宙浮いた280万票争奪戦

元オーナーの渡辺喜美前代表は地元で安倍首相とのツーショット・ビラをばらまいているが、自身の金銭スキャンダルが招いた自滅解党が“お友だち”を苦しめることになりそうだ。…

お酒はほどほどに/(C)日刊ゲンダイ

“全員野球”には程遠い みんなの党・浅尾代表の「泣きどころ」

8億円借り入れ問題で引責辞任したみんなの党の渡辺喜美前代表の後任に、浅尾慶一郎幹事長(50)が無投票で選ばれた。11日の会見では「全員参加」「全員で改革」「全員で決めた」とやたら「全員」をアピールしていた。まあ、「みんな」の党だから当然だろうが、それでみんなの信頼を回復できるかは、はなはだ疑問だ。 そりゃ確かに、浅尾の経歴は申し分ない。 東大法学部卒。興銀から米スタ…

手を組めるのか/(C)日刊ゲンダイ

「みんな」は新代表、「維新」「結い」会談も 野党再編は障害だらけ

辞任した渡辺喜美前代表の後任には、浅尾慶一郎幹事長が選出される見通しだが、自民スリ寄り路線から転換するのかどうか。 もうひとつは、日本維新の会の石原慎太郎共同代表と、結いの党の江田憲司代表の会談だ。両党は政策協議を進めている。合流までいくかは、初めて顔を合わせる2人の“相性”が重要だが、現状は統一会派も組めるか微妙なところだ。維新の若手議員がこう言う。 「結いとの統…

None

「江田新党」立ち上げ 雪崩打つ「維新」「民主」野党再編

党運営を巡る渡辺喜美代表とのいがみ合いは、幹事長を更迭された夏以降、修復不可能な状態に陥っていた。党内でくすぶっているより、離党した方がスッキリする。 それに、喜美代表は秘密保護法の修正協議で安倍政権に取り込まれた。 「渡辺代表は11月に安倍首相と会食した際、<改革を進めるなら、(我々は)てこの原理を働かせる存在になる>と伝えたそうです。安倍政権に協力するなら野党と…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事