日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

芝千八に関する記事

None

【ドバイワールドカップデー】 日本での発売は3競走

なお、日本からの出走馬は芝千八のドバイターフがヴィブロス、リアルスティール、芝二千四百のシーマクラシックはサウンズオブアース、ダート二千のワールドカップはアウオーディー、アポロケンタッキー、ゴールドドリーム、ラニ。ヴィブロス、ゴールドドリームは香港の名手、ジョアン・モレイラが手綱を取ることになった。…

None

【仏GⅠ・イスパーン賞】武豊エイシンヒカリ10馬身差の圧勝に現地ホースマンも驚嘆

武豊エイシンヒカリのコンビがまたまた大仕事だ! 日本時間で24日(火)の夜、午後9時50分に発走した仏GⅠイスパーン賞(シャンティイ競馬場、芝千八)。1分53秒29のタイムで勝利を収め、暮れの香港カップに続く、海外GⅠ2勝目を挙げた。 今回のエイシンヒカリには克服すべき課題が多かった。 まずは馬場状態。シャンティイ競馬場があるパリ郊外は先週末からずっと雨が続き、現地…

None

ラニUAEダービー勝利で5、6月の武豊は大忙し

ドバイ、米国のみならず、今年はエイシンヒカリが5月24日の仏GⅠイスパーン賞(芝千八)から、6月15日の英GⅠプリンスオブウェールズS(芝二千)への遠征計画が明らかになっている。 まさに5月、6月のユタカは日本と欧米を行ったり来たり。JRAのジョッキーになったM・デムーロ、ルメール以上に“ムチ1本”で世界を股にかけることになる。…

先週はディープ産駒ゼーヴィントが重賞を制したが…

武田記者の夏期集中「馬券ゼミ」

雨が降ったらディープを疑ってかかれ!

土曜メーンの阿武隈S(千六百万、芝千八)に使うフェルメッツァは昨秋、このコースの重馬場で五百万を勝利。母の父がトニービンで、道悪の適性は比較的高い。 函館は現地の木津記者によると、水曜に大雨。週末はまた馬場が悪くなりそうだ。 これまで函館の芝で稍重以上に悪化したケースでは〈311335〉。3勝のうち2勝は昨年のGⅢ函館2歳S馬ブランボヌールによるもの。この馬はこな…

堀調教師

今週のターゲット

堀厩舎 2歳新馬を中心に有力馬ばかり

特にここ2週は新馬戦で3勝を挙げており、先々週のダート千六=フォギーナイト、先週も芝千八=サーベラージュ、芝千六=ハナレイムーンと次代のエース候補が続々と勝ち上がった。 勝ち星上積みを狙う今週も新馬戦に2頭の(外)馬がスタンバイ。土曜5R芝千六のバリングラは「まだ性格は子供っぽいですが、スピードに乗って動けるタイプですよ」(森助手)。そして、日曜4R芝千八のナイルス…

データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

中山で外枠、差し馬が大活躍

これは5R2歳新馬、芝千八の11秒5―11秒1―12秒2とほとんど変わりない。つまり、流れが遅い割に上がりが平凡なのだ。 朝日杯のラスト3Fも11秒5―11秒2―12秒1で同様のことが言えるだけに、高く評価しようがない。 今週は中山で二千メートルのGⅡホープフルSが行われる。ここで来年が見える内容のレースを期待したいが……。 さて、中山では週末の有馬記念を見据えて枠…

鹿戸調教師

今週のターゲット

有言実行で30勝クリアした鹿戸師

また、2歳勢では土曜中山5R、芝千八の新馬戦に名牝ダイワスカーレットを母に持つ良血、ダイワエトワールが出走する。「まだ若さが残るし、これからの馬」と評価は微妙だったが、何せ血統が血統だけにマークは必要だ。…

後味の悪いレースに

データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

マイルCS“価値あり”の③⑦着馬

芝では日曜12R3歳上一千万、芝千八に注目した。前半半マイルが51秒5のドスロー。後半5Fは全て11秒台で57秒9である。こんな差しづらい流れで4角10番手から④着したのがアドマイヤコリン。もう8歳で上がり目はないが、9戦連続で勝ち馬から1秒以内にいるだけに、ひょっとしたら一度ぐらいはまるのではないか。…

二ノ宮調教師

今週のターゲット

ディーマジェスティの前祝い? 二ノ宮厩舎 固め打ちの気配

さらに、13年GⅢ中山金杯の勝ち馬タッチミーノットの半弟グラブザゴールド(土曜5R・芝千八)も仕上がり上々。 デビュー戦で1番人気ながら⑫着と期待を裏切ってしまったクレッシェンドラヴは日曜4R(芝二千)。担当の斉藤助手は「レースでは調教の良さが全く出ませんでしたね。あんな馬ではないはずですよ」と巻き返しに力が入っていた。 今週の二ノ宮厩舎は固め打ちの気配だ。…

None

忘れてはいけない 次回の狙い馬

ショットザバニティ、サンマルアルティマなど

〈東京〉 土曜日(5日) ショットザバニティ 2R2歳未勝利 ダ一六〇〇メートル ⑥着6人 初戦は芝千八で好位からバッタリ止まったが、今回はダート替わりで追い込む脚を披露。2戦目で変わり身を見せた。「まだ前向きさがないんで押っ付け通し。ただ、あんな感じでも最後まで止まることなく伸びてきました。タフな馬です」とは松岡。置かれた最後方から掲示板争いまで追い上げたのは、能…

ジュンヴァリアスは相当にキレる

データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

2歳未勝利で極上の記録が

同じく、早いうちに2勝目を期待できるのが土曜1R2歳未勝利、芝千八(写真)を勝ったジュンヴァリアスだ。残り400~200メートルが10秒3の速さながらも、ここで動いて最後は豪快に2馬身半突き放したレースぶりは圧巻だ。ちなみに、前記した「10秒3」はこのコースにおける最速タイのラップ。この馬、相当に切れる。 直線競馬での勝利とあって評価は微妙でも、記録は極上なのが日…

None

忘れてはいけない 次回の狙い馬

トーホウエース、ネコビッチなど

〈小倉〉 土曜日(27日) エスピリトゥオーゾ 2R2歳未勝利 芝二〇〇〇メートル ④着6人 前回が芝千八を後方でもまれ込んで⑪着惨敗だったことを踏まえて、今回は「積極的に走らせました」と藤岡佑。好位3番手から4角も手応え十分に回ってきた。それだけに直線でゴチャついてしまったのがもったいない。「他馬に寄られた時に一瞬、ひるむところがありました。スムーズに割っていけ…

None

データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

札幌記念①~③着をジャッジする

ダイワスキャンプが勝った日曜8R3歳上五百万、芝千八は2、3、8F目が10秒台のラップを刻み、先行馬は壊滅。5番手から残り200メートルで先頭をうかがった③着アウェイクは、前走に続いて1番人気を裏切ったことになるが、これまでの中で最も強い競馬をしているのは間違いない。次こそは順番だ。…

None

【日曜福島11R・ラジオNIKKEI賞】出走全馬の厩舎情報

⑧トモトモリバー 高山調教助手 芝千八はやってみないと何とも言えないね。ただ、折り合い的には心配ないし、バランスのいい馬だから芝もこなせそう。能力はある馬だから、試してみるのもいいかも。 ⑨カープストリーマー 清水久調教師 この前はゴチャついたりして、リズムが悪くなってしまいましたね。中間は放牧へ。ここを目標に逆算して戻しました。今週も併せ馬でしっかりやり、万全に…

None

【日曜東京12R】出走全馬の厩舎情報

⑩ファーストオーサー 勢司調教師 もともと芝千八で勝っているように、条件的には悪くないですよ。やめちゃう面があるので、最後まで集中力が続くかが鍵。その辺は、ジョッキーも手の内に入れてると思うので。…

データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

ロゴタイプ逃げ切りの要因

時計が優秀なのは土曜6R、牝馬限定の3歳未勝利、芝千八だ。スマートルビーの勝ち時計は1分46秒8。今の未勝利のレベルでは極めて速い。 前半3Fが34秒9で、5Fが58秒6。当然、先行勢が粘れるようなペースではなく、最後は後方にいた勝ち馬と②着フィールザオーロラの叩き合い。休み明けのスマートに軍配が上がったのは、2月に新馬で③着しているように力が上だったことと、兄に…

国枝調教師

今週のターゲット

国枝厩舎 昨年以降、東京芝千八で勝ち鞍首位

さらにその期間で日曜に行われるGⅢエプソムCと同じ芝千八に距離を限定すると、1位が国枝7勝、2位は鹿戸、尾関、勢司の4勝で、5位が堀、斎藤誠ら5厩舎の3勝という順になる。 今週、ピックアップするのは国枝厩舎。昨年からの東京芝で挙げた勝ち星14勝のうち、実に半分の7勝をこの千八で稼いでいるからだ。 GⅠのあるマイルや中長距離ではなく、千八というのが面白い。今年も〈3…

メジャーエンブレムもこの開催でデビューV

今週から競馬カレンダーは夏に新馬戦スタート クラス再編成も

さらに、東京2週目の芝千八では阪神JF、NHKマイルCとGⅠ2勝の女傑メジャーエンブレムが勝ち名乗りを上げていた。 他にも、同じ開催ではダービーに出走したプロディガルサン、ファルコンS勝ちのトウショウドラフタなども新馬勝ち。来年のクラシック戦線に向けて早くも目が離せない戦いが始まるということだ。 また、今週から3歳馬と古馬との混合戦も開始される。それに伴って、行われ…

None

忘れてはいけない 次回の狙い馬

スカーミッシャー、レディカリーナなど

日曜日(3日) タガノピクシー 2R3歳未勝利 ⑤着12人 芝千八→ダート千四への大幅な路線変更がマッチした。先行馬が止まらない展開を4角12番手からグイグイと追い上げたから価値がある。藤懸は「金曜に調教で乗った感触が良かったんです。初めて砂をかぶってフワフワしてましたが、今回がまだ2戦目。競馬慣れしてくれば着順も上がってきますよ」と手応えを掴んでいた。…

レース内容は優等生的だった

データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

【中山記念】勝ったドゥラメンテは“世界レベル”

芝千八のこのレース、前半3Fは36秒2と遅かったが、その後がとにかく速い。後半6Fのラップは11秒3―11秒4―11秒9―11秒5―11秒6―11秒6で「1分9秒3」。これは小倉千八で最速タイの数字である。 同じく1分9秒3だったのが01年のサマーS。4馬身差で勝ったサンプレイスは次走、GⅢ新潟記念も制した。関門橋Sのキャンベルジュニアも3馬身半差で、もちろん余力…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事