日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「村田修一 年俸」に関する記事

笑顔が絶えなかった筒香

DeNAには年俸重荷? 筒香3億円更改で球団社長に聞いた

None

現状維持5億円…巨人・杉内が焦りで“派閥”立ち上げた?

2年前にFAで巨人に同期入団した村田修一(32)の躍進も杉内の焦りを増幅させる。後半は4番を張り、打率はセ・リーグ3位。守備でもゴールデングラブ賞を獲得するなどMVP級の活躍でチームを牽引した。巨人では移籍組初となる選手会長にも就任。理由は周囲の推薦や人望だという。今年で2年契約が切れるため、4日に予定される契約更改交渉では年俸2億2000万円からの大幅アップが予…

今季たった1試合の内海は4億円

内海も村田も…巨人の不振でハッキリした「複数年契約」の害

3年10億円という大型契約2年目の村田修一(34)も打率.226、3本塁打。ここ2試合はスタメンを外れる体たらくである。 打者だけではない。 4年20億円の杉内俊哉(34)も1日の広島戦で六回途中7失点と大炎上。5勝4敗、防御率3.79の成績だ。4年16億円の左腕エース内海哲也(33)に至っては、今季わずか1試合の登板で0勝1敗、防御率13.50。故障でもないのに二…

None

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神ファンとして感じる 費用対効果めちゃくちゃな巨人野球の怖さと不気味さ

加えて、昨季サードのベストナインとゴールデングラブ賞に輝いた村田修一がいるにもかかわらず、同じサードの外国人・マギーを獲得。そのマギーが今のところ好調を維持しているため、村田の出番は激減し、果たして年俸2億円超の代打要員ができあがった。 はっきり言って、めちゃくちゃ非効率的なチームである。大金をかけて補強した選手がほとんど機能せず、さらに昨年までの主軸を平気で窓際…

スタメンどころか、一軍ベンチも危うい村田

フランシスコ加入で窮地の巨人村田 懸念される「二軍長期化」

これによりはじき出されるのは、打率.243、1本塁打、3打点の村田修一(34)ともっぱら。現在、4併殺打はリーグワーストタイ。22三振は同3位タイ。元本塁打王も7、8番の下位打線に定着しているのが現状だ。自慢の守備も3失策でこちらもワースト3位。 かつては原監督が言う「枢軸」4人衆の一角としてチームを引っ張ったものの、指揮官が起用に固執する選手ではもうない。現に開幕…

坂本、金田正一氏、原監督と中村紀洋

満身創痍の原巨人 バックアッパーに“浪人”中村紀が急浮上

昨季の開幕4番の村田修一(34)はキャンプ中から極度の不振に見舞われ、二軍調整を命じられる始末。復帰した22日のロッテ戦でもポテンヒットを1本打つのがやっとだった。“新成巨人”の4番候補として期待された高卒7年目の大田泰示(24)は肉離れで離脱。 結局、この男に頼るしかないかと開幕4番に内定した阿部慎之助(36)は、オープン戦で4番に固定されるや、右肩に打球を当てて…

今は2Aにいる中島/(C)日刊ゲンダイ

坂本、村田への仕打ち? ア軍中島「巨人入り」の仰天情報

巨人のポジション的には坂本勇人(25)、村田修一(33)ともろにバッティングする選手だ。坂本、村田は原監督が「巨人の枢軸」と表現するチームの中心。いくら、今年も大竹、片岡の2人を取るなど、就任11年で10人ものFA選手を補強している原監督とはいえ、余剰人員になりかねない中島に興味を示すとは思えない、という声はある。 が、坂本にも村田にも「枢軸」と口で言うほどの信頼感…

巨大戦力に囲まれて…

山崎裕之のキャンプ探訪2017

高橋監督は葛藤 若手切望も大補強を繰り返す巨人の“矛盾”

13年に93打点を挙げて楽天の日本一に大貢献したケーシー・マギー(34)が、阿部慎之助(37)、村田修一(36)と一塁、三塁のレギュラーを争うという構図は、他球団ではまずあり得ない。実に贅沢な話だが、球団の多大なバックアップは、チームを率いる高橋監督にはそのまま大きな責任、重圧になるはずだ。 これだけの戦力が集まると、プレッシャーを感じるんじゃない? 就任2年目の指…

楽天時代は活躍したマギー

阿部、村田に影響…巨人のマギー獲りはデメリットだらけ

外れの外れ1位で指名された吉川

2016年ドラフト会議 全内幕

巨人1位の吉川 アマ球界No.1遊撃手に仰天“コンバート案”

高校、大学で経験のある三塁か二塁への転向が現実的だが、三塁には今季3年ぶりに3割(.302)を打って復活をアピールした村田修一(35)がいて、さらに球団と首脳陣が最も期待を寄せる14年ドラフト1位で高卒2年目の岡本和真(20)も控えている。二塁はクルーズ(32)が来季も残留し、昨年のドラフト2位の重信慎之介(23)が外野からコンバートされる予定。移籍2年目のクルーズ…

お立ち台に上がった内海(左)と村田

4年16億円契約終了 G内海「帳尻合わせ」の気になる査定

昨年より成績を上げたとはいえ、減額制限いっぱいの40%ダウン、2億4000万円がいい線ではないかとみられています」(冒頭の関係者) 帳尻合わせといえば、この日、村田修一(35)が本塁打を放って20本に到達。こちらも今年で3年10億円の大型契約が切れる。打率は.293と数字だけ見ればまずまずだが、今季は一度も4番に座っていない。勝敗の責任を負わないところでコツコツと打…

3安打3打点の大爆発

帳尻合わせは天下一品…巨人・村田“契約最終年”の大活躍

巨人の村田修一(35)が30日のヤクルト戦で4打数3安打3打点の活躍。チームの連敗を5で止める働きに、高橋監督は「勝負どころでいいヒットを打ってくれた」と手放しだった。 今季限りで3年契約が切れる村田は、13年オフに総額10億円の大型契約を結んで以降、成績が下降線をたどった。 14年は打率.256、21本塁打、68打点のうえ、22併殺でリーグの併殺王に。昨年は.23…

「何かを変えないと」と言った村田

松田流出なら三塁に適役 巨人村田をソフトBが密かに狙う

巨人の村田修一(34)が27日、契約更改交渉を行い、現状維持の3億円でサインした。3年契約2年目となる今季は、5月中旬に右太もも裏の肉離れで登録抹消、9月には右ひじを痛めて離脱した。103試合の出場で打率.236、12本塁打、39打点。V逸の戦犯にも挙げられ、「(球団から)もう少し頑張って欲しいと言われた。すごく迷惑をかけた。反省している。(来季は)高橋監督1年目。…

日ハム中田は東京遠征のたびにキャバクラをハシゴ

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿2

「白鳥カツオ」の“偽名”使い六本木で飲んでいた巨人某選手

阿部慎之助クン、村田修一クン、長野久義クンあたりは高い年俸もらってるんだから優勝できなかったら戦犯扱いよね。あ、これは野球のコラムじゃなかったわね(笑い)。 六本木でいうと、最近は若手の坂本勇人クンや沢村拓一クンが有名人だけど、やっぱり頻度が高いのはAクンね。私がファンだから本人の名誉のためにイニシャルにしといてあげるけど、Aクンは実は六本木から徒歩圏内に住んでるの…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事