日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「長嶋茂雄 守備」に関する記事

第1次監督時代の長嶋茂雄(C)日刊ゲンダイ

巨人軍 あの日、あの時、あの事件

打たれて「ホラ見てみい」士気下げた長嶋監督のベンチワーク

長嶋茂雄監督(78=当時39)1年目の昭和50年、巨人は球団史上初の最下位に終わる。チーム再建はフロント主導で着手。首脳陣は一新され、一軍に残ったのは守備・走塁コーチ補佐から同コーチに昇格した黒江透修氏(76=同36)だけだった。本紙は同年10月27日に創刊。第4号で「長嶋改造内閣」の不安点を指摘した。黒江氏が当時を語る。 「昭和49年秋、監督になる長嶋さんから(ホ…

高橋義正氏(左)と山崎裕之氏

対談:高橋善正×山崎裕之「選手たちのカラダが後退している」

そういうのを含めて、今の野球はおかしなことが多すぎるよ」…

イチローもかつては…

プロ野球にも続々…イップスはどんな選手がなりやすい?

怒り心頭のV9戦士の黒江氏

「長嶋さんもカリカリ」V9戦士黒江氏が巨人賭博問題に怒り

35歳で現役を退いたあとは、コーチとして長嶋茂雄、王貞治らの名将を支え、6球団で通算12度のリーグ制覇、4度の日本一に輝いた。現在は野球評論家として活躍中。…

None

プロ野球考現学

投手の投球間隔は短いほどいい

広岡氏に「弱いチームで采配を振るってみろ」といわれる原監督/(C)日刊ゲンダイ

「まともな指導者がいない」 広岡達朗氏が古巣巨人をバッサリ

長嶋茂雄にしても王貞治にしても、精進を重ねて地位を築いた。巨人の選手は、他球団の手本にならにゃいかんのです。もっと、プライドを持てと言いたいね。 ■コーチが教えられないのは原監督の責任 裏を返せば、巨人にまともな指導者がいないということですよ。数年前、巨人の練習を見ていたら、ある選手がゴロを捕球する際に手首を折り曲げて固定している。「構え」ができておらず、このグラブ…

絶好調オトコの切り替え術は?/(C)日刊ゲンダイ

DeNA中畑清監督に聞く「諦めない野球」テーマにした理由

長嶋茂雄さん(巨人軍終身名誉監督)を見てきたからさ、ハハハ。切り替えの神様だよ。あの人は引きずらない。守備でトンネルしても周りに『ドンマイ!』って言う。あれ、よくマネしたもん」 ――ファンはそんな監督から勇気みたいなものが欲しいのだと思います。 「何度踏まれても立ち上がる。最後の最後まで諦めない。そうすれば、何かが起こるという信念、希望を持っている。2015年も諦め…

原監督と話し込む高橋由/(C)日刊ゲンダイ

巨人兼任コーチに就任 “天才”高橋由伸は人を育てられるのか

球団創設80周年を祝いOB大集結/(C)日刊ゲンダイ

もうストーブリーグ? ゴジラも首かしげる阪神の体たらく

試合前には長嶋茂雄、金田正一、張本勲らOB各氏とスタッフ総勢202人がグラウンドに集結して大いに開幕ムードを盛り上げたが、「ともに球界の歴史を彩ってきた阪神がこれじゃあな。立ちはだかるどころか、巨人の独走に加担するんじゃないかという体たらくだよ」とはセレモニーに参加した巨人OBの嘆息である。 「実際、特に今年の阪神と巨人じゃ、ハナからチームの雰囲気が違いますよ。和田…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事