日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「小林誠司 ドラフト」に関する記事

None

社会人ナンバー1捕手が“逆指名” 巨人はドラフトも一人勝ち

複数球団が上位候補に挙げている社会人ナンバーワン捕手の日本生命・小林誠司(24)が、巨人を“逆指名”していることが分かった。 巨人は34歳・阿部の後継者探しが急務。先日、原監督も「そこが補強ポイント」と公言していたが、そんな中、日生の花野監督が巨人以外の11球団のスカウトに、こんなことを言っているという。パ・リーグ某球団のスカウトがこう言う。 「実は花野監督に『小林…

復調が待たれる中大の島袋/(C)日刊ゲンダイ

巨人ドラフト戦略変化 1位候補にあの春夏連覇投手が浮上

「巨人のドライチ小林誠司は広陵時代に準優勝経験があるものの、巨人は最近のドラフトで、みんなが知っている甲子園のスター選手を取っていない。入団後に人気面で差が出てくるんです。ダルビッシュやマー君もそうだし、最近は日本ハムの大谷、阪神の藤浪、楽天の松井裕など。人気面の起爆剤になるような選手はどこだって欲しい。故障が怖い安楽じゃなくて、甲子園春夏連覇でトルネード旋風を巻…

イケメンもウリ/(C)日刊ゲンダイ

巨人ドラ1捕手・小林 周囲の「色眼鏡」払拭に2つの切り札

5日のオープン戦で、小林誠司捕手(24=日本生命)が矢のような送球で二盗を阻止。キャンプ中から自慢の強肩は目立っていた。原監督は「とにかく肩が強い」と目を丸くし、正捕手の阿部をして「肩だけは勝てない」と言わしめるほど。選手の間でも「あれはプロでもトップクラス。使わないともったいない肩」との声が出始めている。 一方、キャンプ中こそ安打が出ていた課題の打撃は、対外試合…

一回には好ブロックを見せた/(C)日刊ゲンダイ

巨人ドラ1捕手・小林 リード以上に球団が期待する“役割”

巨人のドラ1捕手、小林誠司(25)が連敗ストップに貢献した。 昨27日の中日戦でスタメン出場。初回に好ブロックで大島の生還を阻止すると、先発の大竹を好リード。打っては五回に中前打を放ち、そこからの3連打で先制のホームを踏んだ。接戦を制し、同一カード3連敗を免れた原監督は「変化球に頼らないで彼の良さが出ていた」と大竹の投球を絶賛。「小林のリード? そういうのも手伝った…

None

大丈夫か? 巨人ドラ1捕手・小林誠司の“超VIP”待遇

補強ポイントとしていた「二塁」と「先発投手」を確実に埋めている一方、もうひとつの「即戦力捕手」はドラフト1位で日本生命の小林誠司(24)を獲得したことで、日本ハムからFA宣言した鶴岡慎也(32)の獲得は見送った。 片岡の入団が正式決定すれば、レギュラーはほぼ固定される。原辰徳監督(55)には正捕手の阿部慎之助(34)を一塁で使いつつ、小林を「8番・捕手」で育成しなが…

None

ドラフト採点簿 オリックスが満点なら巨人と阪神は何点?

「他球団が即戦力の投手に流れる中、勇気ある決断」としたが、その一方で「同じ捕手の日本生命の小林誠司(24)を指名した巨人は、ちょっと残念ですね」と、こう続けた。 「巨人は1位で投手の東京ガス・石川歩(25)にいきながら、外れ1位で投手ではなく捕手を取りにいった。捕手が欲しいのなら、小林よりもスケールが大きい森を初めから狙ってもよかったのではないか」 巨人同様、トホホ…

来春キャンプは再び阿部が「正妻」か

FA選手相次ぎ残留表明 巨人・阿部に迫る「捕手復帰」Xデー

今季固定できなかった捕手は、小林誠司(26)をはじめ、河野、鬼屋敷の24歳コンビが選ばれた。 貧打線の強化と共に正捕手不在の問題もこのオフの重要課題。「補強ポイント」といわれていたが、FA権を持つ炭谷(西武)、嶋(楽天)、大野(日本ハム)がいずれも残留を表明。先日のドラフトも即戦力の上位候補ではなく、4位で大学生捕手を指名した。これからトレードの可能性はあるものの、…

None

野球IQは高いんです

阿部慎之助は頭からタオルをかぶり顔を隠して泣いていた

今季、正捕手候補として期待されながら、二軍落ちで足踏みしている2年目の小林誠司にもこれを励みにしてもらいたいと願っています。 慎之助が球界を代表する捕手になった要因を僕なりに考えてみると、才能と努力はもちろん、天性の明るさと人懐っこさがプラスに働いたと思います。先輩選手はみな、厳しく接しながらも、なんとか慎之助に一本立ちして欲しい、という愛情がありました。 かくいう…

None

顔は即戦力、打撃は…「ポスト阿部」ドラ1小林の“立ち位置”

底冷えする気候の中、ランニングで先頭を走るなど、同期メンバーを引っ張ったのはドラフト1位捕手の小林誠司(24=日本生命)だ。 初日の様子を見守った関係者の視線も当然、この「ポスト阿部」のドラ1に集中。岡崎二軍監督が「小林の印象? 男前だよね」とニヤリとすれば、川口投手総合コーチも「(新人)投手は育つ段階だから、戦力としては見ていない。(即戦力捕手の)小林が見たかった…

侍ジャパンにも選ばれている小林だが…

由伸巨人の病巣

小林以外は選択肢なして…捕手問題の絶望的状況

巨人のマスクは来年も小林誠司(27)がかぶりそうだ。リードが悪い、打てなさ過ぎる……。小林誠にはチーム内でも批判が多いが、高橋監督は今季DHと一塁での出場に終わった阿部慎之助(37)の来季の捕手復帰について「今年は1年間できなかった。これから考える」と話すにとどめている。故障がちのベテランを今さら激務に戻すことは考えていないともっぱらだ。 長年控え捕手としてチームを…

狙われる嶋

“捕手難”巨人が再アタック 楽天・嶋のFA獲得は争奪戦必至

開幕からマスクをかぶってきた3年目の小林誠司(27)が左肩を骨折して二軍落ち。その前に一軍復帰していた阿部慎之助(37)は、この期に及んでまだ捕手に復帰できず、一塁のままである。結局7月に40歳になろうという相川亮二(39)と実松一成(35)の2人で急場をしのごうというのだから、捕手難は深刻だ。 ドラフトや外国人補強でいきなりどうにかできないのが捕手というポジション…

3年目を迎える小林

伸び悩む小林に強い味方 ドラ1桜井が巨人の正捕手決める

中でも、チーム内でクローズアップされているのが、大阪生まれで同志社大OBの小林誠司(26)の存在だ。 「桜井は立命館大と同じ関西学生リーグの同大を出た小林を頼りにしているみたい。この2校は京都にあって『同立戦』といわれる試合は火花が散る。東京でいう『早慶』のような特別な関係です。右も左も分からない桜井にとって、関西系で同大出身の小林なら話しやすいだろうし、捕手として…

美男美女カップルにファンは複雑/(C)日刊ゲンダイ

巨人・小林 フジ宮沢智アナとの交際認める「温かく見守って」

1月30日発売の写真誌「FRIDAY」に、フジテレビの宮沢智アナウンサー(24)との“お泊まりデート”を報じられた巨人のイケメン捕手・小林誠司(25)が、報道陣に交際を認めた。 小林はこの日の宮崎での自主トレ後、報道陣の囲み取材に応じた。「相手もいることなので、迷惑かけてもあれなので」とした上で、「温かく見守っていただけたら」と話した。 フライデーによると、宮沢アナ…

11年連続11回目の講義を行った原監督/(C)日刊ゲンダイ

巨人正捕手争いに原監督言及 「小林と相川で」に込めた意味

2年目を迎える捕手の小林誠司(25)にかかる期待は大きいのだが、原監督はこうも言った。 「小林も(阿部)慎之助の後を守るという点では大変だろう。しかし、相川というパフォーマンスの高い捕手がいる(ヤクルトからFA入団)。(ホーム)ベースを2人で守ってくれたらと思っている」 ■来季は楽天・嶋か西武・炭谷狙い 13年ドラフト1位の小林が正捕手になってくれたらという願望はあ…

巨人・小林誠司は2年目が勝負の年に/(C)日刊ゲンダイ

唯一の新人「侍J」巨人・小林 来季正捕手奪取に攻守の“師匠”

新人でただひとり、侍ジャパンに選出された巨人の小林誠司(25)が10日、壮行試合に臨んだ。 巨人の正捕手には阿部が君臨していたこともあり、今季63試合の出場。2番手捕手の選出を小久保監督は「経験を積ませて将来は巨人でレギュラーを取って、侍でもレギュラーをという期待を込めた」と明かしていた。 17年WBCの正捕手候補としての期待もかかるわけだが、その前に巨人でレギュラ…

8月は四番に定着した/(C)日刊ゲンダイ

巨人・阿部慎之助が語る「45歳まで現役」「捕手引退の覚悟」

阿部選手の後釜を任せるに足る小林誠司(25)がドラフト1位で入団した今年、世代交代を推し進めるのは当然の流れかもしれません。 阿部選手にとっても、マイナスではない。キャンプで臨時コーチを務めた松井秀喜氏に「とにかくできるだけ長く(現役を)やれよ」とアドバイスされると、ボクにも「少なくともあと10年はやりますから、絶対に。そのときには、一塁を守っているかもしれませんけ…

先発の大竹と話す小林/(C)日刊ゲンダイ

堂々の初マスク 原監督が期待する捕手・小林の「陰」の部分

6日の中日戦は阿部に代わってドラフト1位ルーキー・小林誠司(24)が「8番・捕手」でプロ初スタメン。「積極的に初球からいこうと思った」と思い切りのいいスイングで初打席初安打を放った。試合は3-4で敗れ、チームの連勝は5で止まったものの、二塁への牽制で自慢の鉄砲肩を見せるなど、阿部にはない持ち味を随所に見せた。原辰徳監督(55)は「(阿部)慎之助がデビューした時より…

期待は大きいが…/(C)日刊ゲンダイ

開幕一軍も…巨人ドラ1捕手・小林の出番は阿部の“ケガ待ち”

ドラフト1位ルーキーで開幕一軍メンバーに入った小林誠司捕手(24=日本生命)にこう注文した。 オープン戦で盗塁を9回中5度刺した鉄砲肩が武器。原監督も「阻止率凄いよね」とご機嫌だった。非力ともっぱらだった打撃面も、オープン戦打率.318と好調だった。 ■育成のための起用は考えず とはいえ、正捕手に座るのはあの阿部慎之助(35)だ。ドラ1ルーキーは果たしてチャンスをも…

日本一奪還のキーマン/(C)日刊ゲンダイ

「いなくなってポカンと穴が…」 巨人・阿部が“松井ロス”吐露

巨人には今年、ドラフト1位で社会人ナンバーワン捕手といわれた小林誠司(24=日本生命)が入団した。スポーツ各紙は、「ポスト阿部」と取り上げた。阿部慎之助も今年3月で35歳。最近は故障も増え、年齢的にも先を考え始める年。まだまだ押しも押されもせぬ巨人の大黒柱のはずだが……。 ■肩は小林に負けるが「あと10年は現役」 ――小林選手はどうですか、気になる? 「勝てないです…

失点した宮国(右)のもとへ向かう小林/(C)日刊ゲンダイ

巨人ドラ1小林 開幕一軍のカギは“運命共同体”宮国の浮沈

ドラフト1位・小林誠司(24=日本生命)が初の対外試合でアピールできなかった。 16日の韓国SKとの練習試合に「9番・捕手」で先発出場。11日の紅白戦に続き、先発の宮国椋丞(21)とバッテリーを組んだものの、宮国は3回を1本塁打を含む5安打2失点。若手有望株を好投に導けなかった。 今年35歳になる大黒柱の阿部を休ませるため、週1で小林が先発マスクをかぶるプランがある…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事