日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「落合博満 ホームラン」に関する記事

巨人軍 あの日、あの時、あの事件

当時のリリースエース橋本清氏が語る「10.8」決戦の舞台裏

そこへ必ず、「オレ、醤油な」と乗ってくるのが主砲の落合博満さんで、中日在籍時からここの大ファンだったそうです。 ■大一番で自分は登板予定なく… あの日はしかし、出前を取る選手はひとりもいませんでした。注文どころか、練習中に言葉を発する選手すらほとんどいない。何から何までいつもとは違いました。 試合当日の午後2時半すぎだったと思います。名古屋遠征の宿舎だった「都ホテル…

30本打っても…/(C)日刊ゲンダイ

熾烈な争い続くも…三振数も激増している「本塁打王」の価値

三冠王に輝いたバース(元阪神)、落合博満氏(現中日GM)は当然ながら、一本足打法で計15度の本塁打王に輝いた王貞治氏(現ソフトバンク会長)も1シーズン101三振(60年)が最多。「ミスター赤ヘル」と呼ばれた元広島の山本浩二氏(現野球評論家)は4度の本塁打王に輝きながら、三振数は最多でも70年の77三振に過ぎない。 例外は93年に42本塁打ながら、シーズン最多三振の…

史上64人目の快記録

過去に大モメ 中日大島サイクル安打で“落合査定”どうなる

今日はシングルだったんで、いけるかなと思っていました」 そう言って喜んだ大島はここ数年、落合博満GM(62)に振り回されてきた。 14年、リーグ4位の打率.318、球団タイ記録の186安打を放ったにもかかわらず、契約更改で査定を巡って落合GMとモメにモメた。提示は1775万円増の7400万円。希望額の9000万円と大きな開きがあったうえ、交渉の席で落合GMに「今年の…

65年ぶり15戦連続四球の柳田と藤井打撃コーチ

四球増で不振のSB柳田にチーフ打撃Cが授けた“対策”とは

86年の落合博満(ロッテ)を抜き、51年の田部輝男(西鉄)に並ぶパ最多記録となった。 「開幕からの連続四球」に限れば、すでに7日のロッテ戦の「11試合」で日本記録を更新。記録を伸ばし続けている。ここまで15試合で22四球。まともに勝負すらさせてもらえず、13日現在、打率.280、2本塁打、5打点。対策はあるのか。藤井康雄チーフ打撃コーチ(53)を直撃した。 ――柳田…

大手声優事務所青二プロ所属

あの落合GMジュニアも成長 フクシくんの“ヤンチャ伝説”

中日ドラゴンズ・落合博満GMの息子・福嗣(28)が21日、東京・秋葉原で行われたニンテンドー3DS専用ソフト「プロ野球 ファミスタ リターンズ」の発売記念イベントに登場。ゲーム内のオリジナルチーム“ナムコスターズ”への入団トライアウトという設定で、185センチの巨体を“ナムコスターズ”の赤いユニホームに包み、ファミスタのピッチャーが投げる120キロの球に挑戦した。 …

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事