日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

松岡茉優特集

脇でキラリと光る演技には定評がある

TV見るべきものは!!

松岡茉優「水族館ガール」 光る脇役から“主演”への試金石

主人公の由香(松岡茉優)は商社3年目のOL。上司(木下ほうか)から「使えないヤツ」の烙印を押され、水族館へと出向となる。 水族館といえば、「生きもの好きにはたまらない職場なんだろうなあ」くらいに思っていた由香。しかしどっこい、24時間全力で命を守る、大変な仕事だとわかってくる。担当することになったイルカとのコミュニケーションも難しい。厳しいチーフ(桐谷健太)や先輩(…

松岡は水族館ブームをつくれるか

「水族館ガール」主演 松岡茉優に期待かかる“魚との絡み”

松岡茉優(21)といえば、大ヒット朝ドラ「あまちゃん」や映画「桐島、部活やめるってよ」に出ていたが、脇役だったから気づかなかった中高年もいるだろう。 笑うと愛嬌のある垂れ目とショートのヘアスタイル、はっきりトークする性格が女子に好感を持たれ、少しずつ評価が上がり、金曜から始まったNHKドラマ10「水族館ガール」でついに連ドラ主役の座をゲットした。 「××ガール」的な…

左から竹内涼真、松岡茉優、柾木玲弥

あまちゃん“勝ち組” 松岡茉優が弱音「勝負癖やめたい…」

女優の松岡茉優(21)が22日、ロッテ「爽」新CM発表会に出席。並み居るライバルの中からメキメキ頭角を現した“勝ち組”の女優は、私生活では他人以上に自分に厳しいようで、「『この電車に乗れなかったら、きょうの仕事はうまくいかない』『このゴミ入らなかったら、きょうの発表会は楽しんでもらえない』とか賭けをしてしまう」とか。「疲れるので勝負癖はやめたい。大人の階段をのぼり…

「女版・八嶋智人」になりたい!

今週グサッときた名言珍言

「モーニング娘。は太陽です。太陽の光を浴びなきゃ生きていけませんから、人間は」by 松岡茉優

実力派若手女優でありながら、バラエティー番組などでも活躍する松岡茉優(21)。今年のフジテレビ「27時間テレビ」の司会のひとりにも抜擢された。注目を浴びたきっかけは、NHK・朝ドラ「あまちゃん」への出演だ。 アイドルグループのひとりを演じた彼女は実生活でもアイドル好き。特にモー娘。の元メンバー・鞘師里保を崇拝している。そんな彼女がモー娘。への思いを吐露した言葉を今週…

賞レース控えたバンビーノと松岡茉優

お笑いコンビ「バンビーノ」に松岡茉優“お祝いニーブラ”宣言

26日、「フロム・エーナビ」のCMに出演中の松岡茉優(20)とお笑いコンビ「バンビーノ」がPRイベントに登場した。 バラエティー番組でMCを務め、“笑いの目”が肥えている松岡も「(狩猟ネタの)“ダンソン”以外にも面白くてエッジのきいたネタがたくさんある」と絶賛。 しかし、ネタ見せ番組「オサレもん」(フジテレビ系)で共演した際には、石山大輔(30)が松岡に「ニーブラ(…

主人公の声優を務めた松岡茉優と玉木宏

浴衣姿の松岡茉優&玉木宏 「ジュラシック・ワールド」をPR

大ヒット中の映画「ジュラシック・ワールド」の公開記念イベントが11日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、日本語吹き替え版で主人公の声優を務めた玉木宏(35)と松岡茉優(20)が参加した。 映画は前作の悲劇から二十数年を経て、いまや毎日2万人の観光客が訪れる次世代恐竜パーク「ジュラシック・ワールド」を舞台に遺伝子操作で生み出された新恐竜インドミナス・レックス…

ついに連ドラ初主演

連ドラ初主演 松岡茉優が手にした”三枚目女優”ポジション

18日から全5回で放送される予定のドラマ「She」(フジテレビ系)で主演を務める松岡茉優(20)。注目を集めたNHK朝ドラ「あまちゃん」から約2年、ついに連続ドラマ初主演の座を勝ち取った。 今年もすでに「問題のあるレストラン」(フジ系)や「限界集落株式会社」(NHK)などのドラマに出演しているが、それ以上に目立っているのがバラエティー番組。昨年4月から若手芸人のネタ…

「あまちゃん」では地味な存在だった松岡茉優 (C)日刊ゲンダイ

トークも絶妙… 「あま女優」松岡茉優はタレントでも有望株

松岡茉優(20)がいい。女優としてはもちろん、タレントとしてもだ。 松岡は宮藤官九郎脚本の「あまちゃん」では、埼玉出身の女の子を演じた。能年玲奈(21)&橋本愛(19)の主役のふたりに比べれば、かなり地味な存在だったが、現在放送中の「問題のあるレストラン」(フジテレビ系)、「限界集落株式会社」(NHK)での達者な演技が好評だ。脇役で出ることが多いけど、演技力は能年や…

昨年の紅白歌合戦(中央が松岡茉優)/(C)日刊ゲンダイ

おぎやはぎもタジタジ…「あま女優」松岡茉優のお笑いセンス

女優界の「うつけもん」と話題になっている「あまちゃん女優」松岡茉優(19)。芸人たちがネタを超えた一発芸的な「うつけ芸」を披露するという深夜番組「うつけもん」(フジテレビ系)で「おぎやはぎ」と共にMCを務めている。「おぎやはぎ」の隣でニコニコしているだけの“箸休め”かと思いきや、2人のイジリに対応し、しっかりツッコんでは笑いを取っている。 11日深夜の放送回では、「…

映画「雨にゆれる女」で難役を好演

大野いと 謎のヒロインと共通点「私も結構ウソつきます」

土屋太鳳や松岡茉優と共に切磋琢磨しているのが大野いと(21)だ。13年にNHK朝ドラ「あまちゃん」で注目を浴びると、映画やドラマに多数出演。19日公開の映画「雨にゆれる女」ではヒロインを務める。本名を隠して生きる男(青木崇高)の前に現れる謎の女を演じた大野。難役にどう挑んだのか――。 ◇ ◇ ◇ 難しいところがたくさんありすぎて、あらゆるシーンで(半野)監督にアドバ…

究極の関西弁ハーフ

今田耕司の新相棒に 中条あやみ“究極美少女”のアキレス腱

ただ、松岡茉優さんや清水富美加さんのようにバラエティー寄りになってしまうのも心配。『意外な一面』として見せていくのはバランスが難しいですが、美少女イメージをうまく崩せたら、女優として仕事の幅も広がると思います」(アイドル評論家の北川昌弘氏) 所属事務所は田中麗奈などが在籍する「テンカラット」。同事務所は稼ぎ頭だった香里奈がスキャンダル写真流出で仕事が激減。中条には、…

ニューフェースが躍進(右上から松岡茉優、平祐奈、渡辺直美)

マツコ“上半期CM女王”の裏で…ランキングから消えた面々

5年前もどちらの部門か話し合ったのですが、正直、ここまで人気が出るとは想定していませんでした(苦笑い)」 ■大島優子、佐々木希も…… 性別の垣根を越え、圧倒的な強さを見せるマツコの支持率は凄まじいのひと言だが、今回のランキングでは女優の松岡茉優(5→9社)や平祐奈(5→7社)、渡辺直美(同)の大躍進も目立った。 そんなニューフェースに代わり、常連組の“落選”も……。…

「A-Studio」アシに起用された森川葵

鶴瓶の“相棒”に抜擢…森川葵は同世代女優たちと何が違う?

20歳前後の世代は二階堂ふみ、小松菜奈、松岡茉優など“渋滞中”だが、森川は他の女優たちと少し毛色が違う。 「深夜ドラマで王道のヒロインをやった後、徐々に映画やドラマで存在感を出していくのが普通ですが、彼女の場合は連続ドラマで経験を積んだ後に、深夜ドラマ『監獄学園―プリズンスクール―』でかなり際どい役に挑戦しました。このドラマは原作マンガにあるセクシーな描写をかなりリ…

報道陣をスマホで逆撮り

中山美穂と破局報道…渋谷慶一郎氏の左薬指には指輪キラリ

笑顔でポージングする女優・松岡茉優(21)の横でもお構いなし。iPhoneのカメラで報道陣をパシャパシャと逆撮りするのは、音楽家の渋谷慶一郎氏(42)。昨年末に中山美穂(46)との“破局”が一部週刊誌に報じられ、またもや時の人となったご仁である。 公の場に顔を出すのは珍しいが、7日はテーマ曲を手がけたJ-WAVEの新番組「AVALON」(4月4日スタート、月~木曜2…

松岡茉優が好演

30分枠で全5回の緊迫感 ドラマ「She」に見た挑戦と企画

しかし、ジャーナリスト志望の涼子(松岡茉優)が真相を探るうち、あづさだけでなく、クラスメートたちの秘密も明らかになっていく。 高校生のリアルな距離感と関係性を見せた、松岡たちの好演。ドキュメンタリーのような手持ちカメラの映像。また、問題の当事者が不在のままの推理劇という点も挑戦的だった。30分枠で全5回のドラマ。こういう企画がもっと増えてもいい。(上智大学教授・碓井…

金欠&毒舌キャラに変身

小島瑠璃子が“金欠”暴露で波紋 ホリプロの給料なぜ安いのか

最近の芸能界は吉田羊や松岡茉優などベテラン、若手を問わず女優陣がバラエティーで司会をこなしたり、芸人顔負けのぶっちゃけトークをする時代。こじるりも独自キャラと居場所を見つけるのに必死なのでしょう」(芸能リポーター) グラスを傾けながら、「先月、残り2100円になってニッチもサッチもいかなくなって、実家の母に『預金を崩してくれ』と電話しました。(会社から)タクシー代も…

かつては月9ドラマのプロデューサーだった亀山社長

低迷理由をドラマに押しつけ…フジ亀山社長が“ネット炎上”

「She」は謎の失踪を遂げた学校一の美女を親友が探し求めるという、松岡茉優(20)主演の学園サスペンス。フジはホームページで<エッジの立った作品をお届けしていく新生ドラマ枠>とプッシュしている。 4月18日放送の初回視聴率は4.2%と確かに伸び悩んだものの、松岡演じる主人公がセリフとしてつぶやくツイートやLINEのやり取りを映像に組み込む手法は、放送開始直後から「…

小芝風花(左)と三吉彩花(右)/(C)日刊ゲンダイ

若手登竜門 ドラマ「GTO」新キャストで抜きん出るのは?

朝ドラ「あまちゃん」でGMT48リーダーの入間しおり役だった松岡茉優(19)や実写版の映画「魔女の宅急便」で主人公キキを演じた小芝風花(17)、タウンワークやシーブリーズのCMで知られる三吉彩花(17)と今後が期待される面々が並んだ。 「GTOは若手の登竜門。このドラマで注目され、ステップアップした女優は多い。2012年放送の第1弾でも、川口春奈(19)や本田翼(2…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事