日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中村俊輔 海外」に関する記事

会見で語るザッケローニ監督/(C)日刊ゲンダイ

細貝、豊田が“サプライズ落選” W杯代表選出の魑魅魍魎

W杯代表選手選びというのは、それこそ魑魅魍魎が跳梁跋扈する世界というのか、いろいろな人物がさまざまな思惑から代表選びに“雑音”を入れてドタバタ劇を引き起こしてきた」 ■98年はカズ、02年は中村俊輔落選 98年フランス大会で最大のサプライズは、大会直前の「三浦カズの代表メンバー落選」である。 W杯の予選中にコーチから昇格した岡田監督は「W杯の選手起用のシミュレーショ…

None

マー君は必読! 元大リーガー吉井理人の「英語アレルギー克服法」

海外でプレーしているのに語学が苦手といわれるのは、香川真司(24)と中村俊輔(35)くらいだ。 ■野球とサッカー、語学力の差異はいったい何なのか。 サッカー選手の多くはJリーグでプロになることと、世界のビッグクラブでプレーすることを同列に考えている。そこへいくと野球選手は、日本球界でのプレーを念頭に置く。サッカー選手の方が世界をより身近に感じていて、それが語学習得に…

松友(前)はウィルソンのラケットを使用

バド松友も生涯契約 アスリート争奪戦激化の先の落とし穴

ウイルソン以外にも「生涯契約」という大型契約は珍しく、サッカーJリーグ・横浜F・マリノスの中村俊輔(アディダス)、プロ野球ソフトバンクホークスの王貞治会長(デサント)など限られた一流選手ばかり。松友もリオで日本勢初の金メダルを獲得したものの、錦織に比べれば知名度はまだまだ。それでも生涯契約を結べたのは、東京五輪での連覇が期待されているからだ。 ■黙って契約金を出す…

去就はドイツでも注目されている

異端のFW 原口元気のルーツ

「『日本一? 世界一と言え』と元気に言いました」

中田英寿、中村俊輔(磐田)、本田圭佑(ACミラン)。日本サッカー界でトップに上り詰めた先人たちを見ても、自己主張の強い人間ばかりだ。ある意味「素直で良い子」というのは「出過ぎた杭」にはなれない。 原口は日本を背負う資質を持った数少ない選手の一人と言っていい。 「自分は身体能力の面で一般的な日本人と少し違うレベルがある。そこの部分を伸ばしてきた。世界には(フィジカル…

36歳でチームを引っ張るMF中村俊輔

「世界的チームに」 外資の横浜FM買収説に意外な歓迎ムード

マリノスも2013年にリーグ2位と天皇杯優勝、2014年もゼロックス杯準優勝などどうにか結果は残してきたが、チームは中村俊輔(36)や中澤佑二(37)らベテラン頼み。 こうした“閉塞感”の打破を願うサッカーファンも多く、<閉鎖的なリーグなんて先が無いし、Jリーグクラブが強くなる一手段であり刺激になる。リーグ自体がこじんまりしてる現状を打破する良案!><昔のヴェルディ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事