日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「石川歩 投手」に関する記事

None

ドラフト採点簿 オリックスが満点なら巨人と阪神は何点?

「巨人は1位で投手の東京ガス・石川歩(25)にいきながら、外れ1位で投手ではなく捕手を取りにいった。捕手が欲しいのなら、小林よりもスケールが大きい森を初めから狙ってもよかったのではないか」 巨人同様、トホホなドラフトだったのが、阪神だ。昨年は4球団の競合の末、藤浪晋太郎の指名に成功したが、今年は3球団の競合で大瀬良大地を外すと、続く日本生命の柿田裕太も3球団の争い…

None

石川 群れず流されず一匹狼の極意

開幕戦先発の大役を任された石川歩(28=ロッテ)が責任を果たした。 キューバ打線を相手に4回2安打1失点。安打と失策で無死一、二塁のピンチを招いた初回こそ硬さが見られたものの、その後は気負いを感じさせなかった。 「あまり緊張しなかったので、いつも通り(試合に)入れました。もうちょっと緊張したかったくらい。ストライクが先行できず、苦しいピッチングになってしまいましたが…

None

決勝トーナメント 勝敗を決めるのは女房の引き出し

例えば、これまで2試合に先発登板したロッテの石川歩(28)。1次ラウンドのキューバ戦は4回1失点と好投するも、2次ラウンドのオランダ戦では3回5失点と炎上した。ロッテの正捕手で、昨季は石川とのコンビでバッテリー賞を受賞した田村龍弘(22)は、日の丸の正妻としてマスクをかぶる巨人の小林誠司(27)の配球を見て、こう感じたという。 「2試合目(オランダ戦)は特にインコ…

None

権藤博の「奔放主義」

WBC日本代表投手が派手に打たれているのには理由がある

ロッテの石川歩(29)が、今季初登板から2試合連続でKOされた。 先のWBCで日本代表の先発を任せ、投手コーチだった私が最も頼りにしたひとりだ。本人に聞くと「調子はいいんですが……」と言っていた。確かに、投げているボール自体は決して悪くない。 そこに原因がある。 巨人の菅野智之(27)も11日の広島戦で5失点KO。翌日、楽天の則本昂大(26)は西武打線に打ち込まれ、…

None

●WBCネット裏のメジャースカウトが付けた 日本人3投手の値段

石川歩 適応力に疑問「先発5番手」 1年3億円

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事