日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「金子真人 ホールディングス」に関する記事

None

相場に弾み 2014年の干支「午」関連銘柄に乗れ!

この先は、経営者が馬主の会社が大化けするかもしれません」(市場関係者) 馬主ではメイテック創業者の関口房朗氏が有名だが、プリント基板関連を手掛ける「図研」の金子真人社長は3冠馬ディープインパクトの馬主(馬主名は金子真人ホールディングス)で、今年の有馬記念にもラブリーデイが出走した。パーク24の西川光一社長や、東京鉄鋼の吉原毎文社長(馬主名はラッキーフィールド)も馬主…

None

【大阪杯】阪神二千㍍ 大分析

あ…

None

【新潟大賞典】パッションダンスが新潟重賞3勝目

②着に1番人気フルーキーが入り、金子真人ホールディングスのワン・ツー。③着は8番人気シャイニープリンスが入線した。また、連覇を狙った5番人気ダコールは④着だった。 なお、配当は以下の通り。 単 勝⑨1940円 複 勝⑨550円③180円⑫480円 枠 連②⑤2880円 馬 連③⑨5190円 馬 単⑨→③1万3530円 ワイド③⑨1850円⑨⑫4290円③⑫1420…

絶好調オーナーGⅠ完全制覇へ

あの金子真人オーナーがまだ勝っていないGⅠと言うべきだろう。 金子オーナー(現在の名義は金子真人ホールディングス)は99年にブラックホークでスプリンターズSを制したのがGⅠ初勝利。以降、クロフネ、キングカメハメハ、ディープインパクトでGⅠを次々と勝ちまくり、天皇賞・秋=ラブリーデイでGⅠ勝利数は何と25に。8大競走(桜花賞、皐月賞、オークス、ダービー、菊花賞、春秋の…

None

【天皇賞】春のキーワード 強烈なGⅠ力

そして、馬主が金子真人ホールディングス。99年スプリンターズS=ブラックホークがGⅠ初勝利。01年にはNHKマイルC、JCダート=クロフネ、安田記念=ブラックホーク、エ女王杯=トゥザヴィクトリーとGⅠ4勝。04、05年にはキングカメハメハ、ディープインパクトでダービー連覇も果たした。 昨年はマカヒキでダービー3勝目。GⅠ通算は26勝で、38勝のサンデーレーシング、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事