日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

日枝久特集

フジ・秋元優里アナ(左)とテレ朝・田中萌アナ

田中アナ不倫疑惑も迅速 テレ朝“醜聞対応”はフジと大違い

その理由は、日枝久会長や亀山千広社長の覚えがめでたいからというから、あきれるしかない。 「セクハラ報道後も、夏野氏は何食わぬ顔で湾岸スタジオに来て、芸能関係者と談笑していたらしい。夏野氏をめぐっては他にもヒドイ話があるんです。すでに『アサ芸』が報じていますが、今年9月のイベントで、新人の女子アナに対し“ベロチュー”をしたという疑惑がある。しかも、社員やイベント関係者…

もうゴールデンには耐えられない?

TBS“全裸”特番審議へ BPOに強がる石橋貴明のお寒い現状

“フジのドン”日枝久会長ととんねるずが親しいため、番組が続いているともいわれている。石橋としては、今回の特番で自らの“笑いの実力”を証明したかったのでしょうが……」(フジテレビ関係者) BPOの結論を待たずとも視聴者は「退場」の赤札を上げている。…

視聴率も民放4位が定着…

1年で2人休職 フジ執行役員が障害持つ社員にパワハラ騒動

「A氏は、日枝久会長が編成局局長をやっていた時の、直属の部下です。今、出世しているのは、日枝会長の覚えのいい“ヒラメ社員”ばかり。ネガティブな情報がメディアに出れば、すぐに“犯人探し”が始まる。視聴率も民放4位が定着し、社内の雰囲気は最悪です。これで社員の士気が上がるはずがありません」 視聴率アップよりも、まずは社内改革が先か。…

二階幹事長

永田町の裏を読む

公明党と気脈を通じた二階自民党幹事長の「不規則発言」

IRとはカジノを中核とした都市型複合リゾート施設のことで、安倍がフジテレビの日枝久会長とゴルフや会食を繰り返して、お台場のフジの隣地に「国家戦略特区」まで設定して日本のカジノ第1号をつくるという談合が成立していた。 共通性の第2は、いずれも公明党が反対もしくは慎重姿勢の案件だということである。同党は女性天皇には賛成だし、共謀罪には慎重、カジノには反対である。 二階は…

週刊文春の取材で悪事が発覚した高木京介元選手(左)と清原和博被告

“劣化”激しい大メディア もはや週刊誌の後追いしかできず

日本も放送局の許認可は第三者機関に任せるべきです」 フジテレビの日枝久会長は安倍首相のゴルフ仲間だし、大新聞社の幹部も頻繁に会食している。メディアの代表がこれでは、自民党や首相の虚偽、不正など暴けるはずがない。 「テレビ番組に話を戻せば、最近は、ワイドショーでスポーツ紙の記事をよく取り上げる。わざわざラインを引きながら解説を加えている。本来は自分たちが取材しなければ…

カウントダウン状態と噂されていたフジ・亀山社長

「もう1年…」フジ亀山社長“首の皮一枚で残留”の舞台裏

6月28日の株主総会を前にグループの長である日枝久会長(78)は大ナタを振るうのか。業界で動向が注目されていたフジ・メディア・ホールディングス(フジHD)の役員人事が13日、発表となった。 一番の懸案は「昨年からカウントダウン状態」(放送記者)ともっぱらだったフジテレビ亀山千広社長(59)の退任の有無。相変わらずの不振が続くものの残留となったが、「日枝会長は1年近く…

平然とした顔で暴言を吐く

巻頭特集

とっくに籠絡されているTV局が高市暴言にカミつく笑止

中にはフジテレビの日枝久会長のように、安倍首相とのゴルフコンペが恒例となり、ロコツにスリ寄る経営者までいる。これじゃあ、メディアが自ら進んで政権に籠絡されているようなものです。政権側ももはや、『俺たちの言いなりになる』と完全にナメきっていますよ」(川崎泰資氏=前出) 安倍政権の“お友だち”メディアが「表現の自由」を声高に掲げても鼻白むだけ。薄っぺらな猿芝居を演じてい…

フジテレビ亀山社長

フジ社員は失笑…亀山社長「年頭挨拶」で役員に責任転嫁

今後の目標については、小学生から50歳までの男女を指す“アクティブ層”という言葉を使い、そこに『ターゲットを絞っていく』と言っていましたが、目新しさもなく、分かりづらかった」(前出のフジ社員) フジテレビの“ドン”日枝久会長はすでに、亀山氏を“見切った”とのウワサも社内では流れているという。ここまでくると、亀山体制は完全に限界。いち早く、交代したほうがよさそうだ。…

フジテレビ社屋と日枝久会長

フジ震撼 ゴールデン帯の週間視聴率でテレ東に抜かれる

一刻も早く辞めてほしいのですが、日枝久会長が君臨している限りそれもないでしょう。日枝会長の“子飼い”だからです」(フジテレビ関係者) ヒラメ社員ばかりが社内にのさばり、自由闊達だった雰囲気はなくなってしまったというフジテレビ。復活の糸口は全く見えない。…

エース・加藤綾子アナ(右)も流出か

カトパンも脱出か? フジテレビ「初の赤字転落」で社内に激震

数字が全く取れていないので『しょうがないよね』といった空気も出ています」(フジテレビ社員) 社員らが「諸悪の根源」と口をそろえるのが日枝久会長(77)だ。27年間も“ドン”として君臨し続けているため、組織はこう着状態。上司の顔色をうかがう社員がドンドン出世し管理職になるため、現場のモチベーションは下降の一途だという。 亀山千広社長(59)も「全く経営センスがない」(…

狙いが外れてしまった

安倍首相テレビ出演の舞台裏 フジ系地方局からも“怨嗟の声”

ただでさえ視聴率が苦戦しているのに、いい加減にしてくれ、という感じです」(東北の系列局関係者) 今回の安倍首相のフジテレビ出演は、日枝久会長のトップダウンで決まったとされる。安倍首相の“ご説明”に系列局挙げて“協力”したものの、集団的自衛権を「火事」に例える稚拙さで逆効果だったのだから世話はない。 起死回生策が裏目に出たことで、安倍官邸の“お友だち”の足の引っ張り合…

非の打ちどころがない小澤アナだが…

日テレ笹崎里菜に及ばず フジ「新人女子アナ3人」業界で不評

日枝久会長の引退問題など、今年も紛糾する可能性が高く、会長に引退を求める議案が昨年に続いて出されるという噂もあります。明るく華やかな話題を期待できる新人女子アナまで、業界の評判がメタメタでは、上層部は頭を抱えているのではないでしょうか」と、マスコミ関係者からも声があがる。 景気低迷の続く日本の縮図を見るようだ。…

ファミコン発売の年から取締役

フジ株主総会迫る 今年も出てきた日枝会長“クビ切り”議案

注目は昨年も株主提案された日枝久会長(77)の“クビ切り”議案である。 日枝会長の“クビ切り”議案は昨年の株主総会でも提案されたが、あっけなく否決された。前回は「75歳定年の導入」だったが、今回は「取締役の在任期間が25年を超えない」と求めている。83年に取締役就任以来、32年間(6月時点)在籍している日枝会長をピンポイントで“狙っている”のは明らかだ。 「前回(議…

亀山社長とフジテレビ

新番組が惨敗 フジ亀山社長を待つ株主総会での“つるし上げ”

「昨年は14年3月期の連結決算が在京民放キー局で唯一、大幅減益となり、株主から視聴率低迷が原因と追及された上、フジの“天皇”と呼ばれる日枝久会長の退任を求めて『役員の75歳定年制』の導入を求める議案まで提案されるなど大荒れでした。今年は日枝会長の悲願であるお台場のカジノ構想が実質的についえてしまったし、視聴率がこのザマでは反論のしようがない。放送事業収入の落ち込み…

安倍と仲良しの早河会長(左)/

「報ステ」も“圧力文書”触れず テレ朝が安倍政権に弱腰な理由

フジの日枝久会長がお台場にカジノを誘致したくて安倍首相とせっせと“グリーン会談”を重ねるのと同じ構図です」(放送ジャーナリスト) テレ朝の早河洋会長と安倍首相が近しい関係にあることも、スリ寄る原因のひとつだろう。 「元テレ朝政治記者の末延吉正氏は山口出身で、安倍首相とは幼少のころからの付き合いです。その末延氏を通じ、早河会長は安倍首相と仲良くなったらしい。現場はそん…

「カジノ法案」先送りショックに追い打ち/(C)日刊ゲンダイ

フジ日枝会長を悩ます訴訟の中身…原告は「証人尋問したい」

旗振り役だったフジの日枝久会長(76)はさぞガッカリだろうが、頭を悩ませている理由は他にもある。フジの親会社「フジ・メディア・ホールディングス(HD)」の株主総会の決議は無効として、株主が取り消しを求める訴えを起こしているのだ。 6日に東京地裁で開かれた第1回口頭弁論では、原告側が、フジHDが6月の総会で決議した「日枝会長ら16人の取締役の選任」「取締役16人と監…

ヤリたい放題の森会長/(C)日刊ゲンダイ

五輪組織委が“水膨れ”…元凶は森会長のワンマンと八方美人

これに加えて、今月16日、全国紙、通信社、NHK、民放キー局などの36人で構成する「メディア委員会(委員長は日枝久フジ・メディアHD会長)」が発足。さらに五輪経験者ら21人の「アスリート委員会(委員長は鈴木大地・日本水泳連盟会長)」なるものもできるという。 総勢282人! ここまで膨れ上がったのは、森喜朗・組織委員会会長に原因がある。 「メディア委員会にはマスコミ各…

日枝会長が推す台場より築地市場は広々/(C)日刊ゲンダイ

フジ会長まっ青…築地市場「カジノ建設」構想に米企業参戦

お台場誘致に積極的なフジテレビの日枝久会長は真っ青ではないか。 これまでカジノ誘致には大阪、沖縄、横浜などが手を挙げているが、「黒船来襲」で展開がまったく読めなくなった。MGMはラスべガスを拠点に世界22カ所のリゾートホテルを運営する巨大グループ。年間売上高が90億ドルと、1兆円規模に達する。ジェームズ・ミューレンCEOは今年3月に自ら築地市場を視察。「日本に50億…

None

フジ社長の肝いりも…木村拓哉の新「HERO」に広がる不安

5月に開かれたフジの株主総会では、“お台場の天皇”こと日枝久会長に対し、「辞めろ」の怒号が飛び交ったという。 キムタクはフジのHEROになれるか、それとも…。…

強引に議事進行/(C)日刊ゲンダイ

“首切り”で大荒れ フジ株主総会で噴出「日枝辞めろ」コール

つまり、「フジの天皇」こと日枝久会長(76)のクビ切り議案だった。可決されれば「日枝王国」の崩壊につながるだけに、フジ関係者からも期待する声が漏れていたが、あえなく否決されてしまった。 「総会議長の日枝会長の強引な議事進行が原因ですよ。株主に一応、提案理由を説明させたが、形だけ。あっという間に採決に出ると、200~300人の社員株主が拍手してシャンシャン。ロクに数も…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事