日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

安住紳一郎 特集

安住 紳一郎(あずみ しんいちろう)1973年8月3日北海道生まれ。アナウンサー。1997年4月、TBSに入社。入社直後からアナウンサーとして頭角を現し、2001年12月31日のレコード大賞では司会補佐を務め、翌年以降も連続して担当。12年12月30日の同番組からは総合司会を担当している。テレビでの活躍に加え、TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」での軽妙なしゃべり口で高い評価を集める。
None

木村拓哉にタトゥー? TVに映し出された左足の“黒い紋様”

司会の安住紳一郎アナ(43)に加え、ドラマ共演者の及川光博(47)、菜々緒(28)と4人でロケを行ったが、一行が都内のヨガ教室を訪れた際に問題のシーンが……。 半そでシャツにジャージ姿で登場した木村ら4人は、マットの上でヨガのポーズを練習。前かがみに両手をつき、左足を大きく伸ばす姿勢をとった場面で、木村の左足首くるぶしの少し上に細長い“黒っぽい紋様”のようなものが数…

二人ともフリーになればウハウハ間違いなし

年明け早々発表か 桝&有働アナ“フリー転身説”再浮上の裏

男性アナとしてはTBSの安住紳一郎以来の快挙で史上2人目の「殿堂入り」。業界で流れる潜在視聴率は10.3%もあり、フリーになればウハウハ間違いなし。 これまでフリー転身説が騒がれたことがあるものの、その度に否定するコメントをして、自らネタにしてきたほど。今回もその類いかといわれているが、さにあらず。 「今回はひょっとするとという雰囲気なんです。年末だというのに、ある…

「NEWS23」新体制で初めての成果か

舛添知事“ナマ糾弾”に賛辞 NEWS23駒田アナの面目躍如

酒にのまれて暴言を吐くだけでなく、先輩の安住紳一郎アナが遅刻の常習犯だとマジ切れするVTRも流れ、ネット上には「駒田 性格が悪い」などとディスる書き込みがあふれる事態になり、“酒乱アナ”の印象を与えてしまった。 世間ではダメキャラが浸透しているわけだが、今回は舛添本人を目の前にし、報道キャスター魂を見せつけた格好。酔った勢いでフリー願望も口にしていたが、遅咲きながら…

一番目立っていた及川光博(左)と進行役の黒柳徹子

あれもこれも言わせて

過去映像頼み TBS「ハロウィーン便乗特番」の薄っぺらさ

黒柳徹子と安住紳一郎が進行役で、静岡駅のホームや羽田空港で歌う松田聖子や、修学旅行の女子高生を前に歌うマッチなどなど。「もう一度見たい! TBS伝説の歌唱シーン」コーナーではピンク・レディーをはじめ、ツイスト、桑名正博、中森明菜、ジュディ・オングらがズラリと続く。なかでも「山口百恵名曲集」と題したコーナーでは「プレイバックPart2」「いい日旅立ち」「さよならの向う…

橋田寿賀子(右)とみのもんた

あれもこれも言わせて

渡鬼、みのもんた解禁 シルバーウイークのTBSは老人天国

7年半ぶりの番組復活とともにみのもMCとして帰ってきたが、進行はほぼ安住紳一郎が担当、みのはお飾り程度。昔の映像が何度も出てくるので、余計にみののおじいちゃんぶりが目立ち、こちらは哀れさがにじみ出ていた。 というわけで、シルバーウイークにお年寄りの大好物「渡鬼」と、どさくさに紛れてみの解禁をやったTBS。これを機にあてにならない若者狙いをやめて老人にシフトチェンジ!…

左から笑福亭仁鶴と桂南光、桂三枝と山瀬まみ、徳光和夫と田中律子

あれもこれも言わせて

テレビ界でも高齢化 大物老人の陰に“介護タレント”あり

他にも「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)で暴走するビートたけし(69)を時にいさめ、時に優しく無視する安住紳一郎アナ(43)、「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)でアワアワする橋本大二郎(69)を素早くフォローする大下容子アナ(46)、元気すぎる老人・黒柳徹子(82)にも近藤真彦(52)がついている。 超高齢化時代、テレビに老人がいっぱい。そ…

帰ってきた古舘伊知郎

今週グサッときた名言珍言

「おしゃべりっていうのは、基本的に発酵物だと思っているんです」by 古舘伊知郎

バラエティー復帰の冒頭の番組は、約20年後輩の安住紳一郎アナとの“対戦”だった。安住は「古舘さんの影響を受けていない同世代の男性アナウンサーはひとりもいない」と言う。今、20~30年前の古舘の実況を見ても斬新な感じがしない。それは「古舘さんが出て以降、みんな古舘さんのモノマネをやってるから」だと。それだけ古舘スタイルが男性アナの定番になっているのだ。 そんな安住は…

番宣で巨乳まで揺らせたのに…

冬ドラ女優“辛口”通信簿

脱1ケタ望み薄…綾瀬はるか「わたしを離さないで」の敗因

MCの安住紳一郎アナとスポーツクラブなどを回り、短距離走や空中ブランコに挑戦し、その巨乳を揺らしてネットを騒がせた。おかげで、同番組は13.4%の高視聴率を叩き出したにもかかわらず、肝心のドラマが始まるとチャンネルを替えられてしまったのだ。 「せっかく番宣に綾瀬を使いまくったのに、肝心のドラマでは大人になった綾瀬が子供時代を回想するシーンが多く、出てくるのは子役ば…

総合司会の安住紳一郎と仲間由紀恵

賞レースの行方も報じられず「レコ大」どうなっている?

総合司会を安住紳一郎と仲間由紀恵が務めます。安住は『歌手のみなさんが一年を駆け抜けてきた情熱に負けない気持ちを持って、今年もマイクを握りたい』と語りましたが、例によって話題性がゼロだし、ノミネートされている歌手も歌も世のビジネスマン世代にはチンプンカンプン。世間ズレした感は否めませんね」 大賞はAKB48、三代目J Soul Brothersの一騎打ちともっぱらだが…

「史上最悪の名脇役」の呼び声も

「下町ロケット」イヤミ課長 春風亭昇太は吉田羊との結婚狙う

安住紳一郎アナと一緒に座布団御殿を訪ね、居酒屋風の造りになっているキッチンで酒を交わしながらトークを展開。以前から昇太と友人だという吉田が「私が50歳になっても独身だったら結婚しようという話になっている」と明かしたのだ。 先日、「第9回芸協らくごまつり」に登場した昇太に「進展があったか」と記者から質問が飛んだ。 「お互い忙しくて会っていない。もし彼女が49歳になって…

新婚ホヤホヤの堀北真希

掃除だけじゃない まだある堀北真希の“潔癖”エピソード

ところが番組司会の安住紳一郎アナ(42)にその話を暴露されるも堀北は否定せず、帰宅時にそのままベッドに座るのは考えられないとの自説を披露していた。 堀北と山本は、交際期間わずか2カ月で結婚。山本が堀北の掃除癖や潔癖ぶりを前もって知っていたかは定かではないが、衛生観念の違いで夫婦の価値観にズレが生じる可能性もゼロではないだけに、ちょっと心配だ。 山本は堀北をズボラな妻…

None

二極化・格差社会の真相

監視カメラをつかさどる権力に知性と見識があるか?

今後は民間の手が届かない場所にも、警察がカメラを取り付けていくべきでは」 安住紳一郎アナ「プライバシーの問題とか、いろいろあっても、ですね」 ビートたけし「うるせえ親父が必要なんです」 記憶に頼った紹介なので、必ずしも正確な引用ではない。「防犯カメラ」が「親父」の代わりになるとも思えないが、ともあれ人々が「防犯カメラ」を頼りたくなるのも、自然の成り行きではある。 だ…

最初に始めたのはTBS

日テレは「MUSIC DAY」放送 TV局“音楽の日”次々制定の理由

大震災が起きた11年に“音楽で日本を勇気づける”として総合司会に中居正広と安住紳一郎を起用して始め、そこそこの視聴率を取ったためずっと続けています。これに続いたのが日テレ。13年から羽鳥慎一を司会に『MUSIC DAY』を放送しています。最も遅れたのがテレ東で昨年から『テレ東音楽祭』を始めました」(テレビ関係者) もちろんフジテレビも負けてない。こちらは12年から「…

年齢は非公表

たけし、さんま、鶴瓶がメロメロ 吉田羊が持つ“多角的”魅力

先日、「ぴったんこカン★カン」(TBS系)に出演した際、一升瓶を持参し、「きょうは吉田羊の酒場放浪記をやる」と言い出し、安住紳一郎(41)を翻弄、安住もまんざらではないようで、楽しげな雰囲気がよかった。ちょっと前まで、米倉涼子がこんな役割だったのに、すっかり吉田に取って代わられた感が。 「役に色がつくので、年齢は非公表」なはずが、安住に「私よりも上か下かだけ言って…

レコ大の司会は圧巻だった/(C)日刊ゲンダイ

森光子は離婚…“後継者”仲間由紀恵が迫られる「究極の選択」

TBSの安住紳一郎アナとの軽妙な掛け合いは評判で、「妖怪ウォッチ」のコーナーでは「続いての賞はこちらだニャン」とかわいいアドリブも。 日本エレキテル連合を紹介する際には「いいじゃないの~」とものまねまで披露した。4種類の衣装も華麗に着こなし、特に最後の真っ赤なドレスは胸元がオープンに。紅白司会の吉高由里子がうまく言えなかった「きゃりーぱみゅぱみゅ」も噛まずに紹介する…

「あさチャン!」がよもやの低空飛行/(C)日刊ゲンダイ

「しょせん夜の女王」…“勝ち組アナ”夏目三久に容赦ない陰口

「『あさチャン!』が始まることが決まった時には、安住紳一郎アナが“そうやって外部の人に任せるから、みんな辞めてしまうんだ”と抗議したのは有名な話。そうした批判を封じ込めるには数字の実績が必要ですが、今のままではツライ。これまで夏目が評価された番組は夕方から深夜帯なので、しょせんは朝の顔じゃなくて『夜の女王』なんて陰口を叩かれ始めている」(テレビ関係者) 雑音を封じ…

意外な顔ぶれが…/(C)日刊ゲンダイ

嵐と壇蜜、神田うのと紗栄子も…独占入手「共演NGリスト」

小島慶子と安住紳一郎はTBSの先輩、後輩の関係だが、小島はフリーになってからグラビアで水着になった際、安住にケチをつけられた。 松たか子と寺島しのぶは松の父が幸四郎、寺島は尾上菊五郎で、名門のお嬢さま同士。松の兄・市川染五郎は寺島と交際していたという関係で複雑な感情があるようだ。 最後に同じホリプロに所属する優香と深田恭子だが、深田がオファーがあった生理用品のCMに…

エースにつられて…/(C)日刊ゲンダイ

日テレ桝アナも便乗? TBS安住アナ「フリー説」の波紋

その筆頭は安住紳一郎(40)。以前からフリー転身説が飛び交っているが、経営陣の容赦ないリストラに、いよいよ危機感を強め、決断するのは時間の問題という情報が駆け巡っている。 もっとも、これだけなら驚くには値しないのだが、「男子アナのエースの安住が動くなら」と日本テレビの人気アナ、桝太一(32)まで浮足立っているという。 「桝は現在、日テレの看板番組『ZIP!』を軌道に…

None

春改編で「朝ズバッ!」衣替え みのの後任は斎藤孝・明大教授

斎藤さんの場合、それこそどこまでニュースに“ズバッ!”と切り込めるか『?』でしょう」 「情報7days」のように、司会の安住紳一郎アナとビートたけしの横で教育論を語るのとは訳が違う。メーンキャスターとなれば、ソツがないコメントだけでは視聴者にも飽きられる。 「まあ、日本テレビ『NEWS ZERO』の村尾信尚キャスターも、番組が始まった当初はメタメタ。周囲がうまくもり…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事