日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ディスクガレージの関連ニュース

ディスクガレージの中西健夫社長

語り部の経営者たち

ディスクガレージ中西健夫社長 卒業後は音楽の道へ

ディスクガレージはライブエンターテインメントを企画運営する企業だ。 J―POPのミュージシャン公演を主としているが、FCバルセロナなどプロフットボールの試合、ブロードウェーミュージカルなどの招聘も手がけている。グループ関連会社を合わせた売り上げは約300億円、従業員は100人を超える。 社長の中西健夫は同社にアルバイトとして入り、40歳でトップになった。現在は業界団…

4者協議を終えた森会長と小池知事はどんな会話を?

東京五輪バレーボール会場 有明アリーナ“先送り”の裏事情

小池知事が『クリスマスまで延ばす』と言った意味は、中西さんが相当お金を集めていてそれを予算として出して、東京都が(予算として)認めるかどうか待って、ということ」 中西会長はイベント企画運営会社「ディスクガレージ」の社長でもある。川淵氏によると、この中西会長が「200億~300億円は集めている」そうで、小池知事もそれを認識していると断言した。 つまり、404億円と試算…

ディスクガレージの中西健夫社長

語り部の経営者たち

ディスクガレージ中西健夫社長 レコード店バイトが転機

それほど大きくなっているライブエンターテインメントビジネスのトップ企業がディスクガレージだ。現在、年間約3000本ものライブを企画、運営している。 同社社長の中西健夫は京都産業大学を出て上京。ミュージシャンとして日本コロムビアからデビューした。1979年のことだ。 「私は小室哲哉さんのように、作詞・作曲しながらバンドで演奏するというスタイルでした。デビューシングルは…

ディスクガレージの中西健夫社長

語り部の経営者たち

ディスクガレージ中西健夫社長 ライブ運営の極意とは

ディスクガレージはライブエンターテインメントの企画運営会社だ。J-POPのさまざまなコンサートや、プロフットボール、ミュージカルなどの招聘を手掛け、売り上げはグループ会社を含め約300億円になる。 社長の中西健夫は40歳でトップになってから、すでに19年が過ぎた。 「プロフットボールをやるようになったのは、私自身がサッカー少年だったから。去年は香川(真司)選手が所属…

ディスクガレージの中西健夫社長

語り部の経営者たち

ディスクガレージ中西健夫社長 「商品開発にも力を」

ディスクガレージは音楽、スポーツ、ミュージカルといったライブエンターテインメントを企画運営する企業である。グループ会社を合わせた売り上げは約300億円で、従業員数は100人を超す。1979年の創業以来、着実に成長している会社だ。 社長の中西健夫はアルバイトで入社し、現場で指揮を執ってきた。 「1980年代後半からライブエンターテインメントは市場規模が大きくなりました…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事