日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「大谷翔平 バット」に関する記事

打率は1割台と振るわない大谷

いまだバット湿る日ハム大谷に「2球団限定二刀流」プラン

大谷翔平(21)のバットから久々に快音が聞こえた。 打者としては6月27日の西武戦以来、10日ぶりのスタメン出場(5番・指名打者)だった7日の対ロッテ戦。二回無死二塁の1打席目、ワンバウンドでフェンスに当たる先制の左翼越え適時二塁打を放った。 もっとも、安打はその1本だけ。その後は空振り三振、一直、二ゴロ併殺、二ゴロで、7日現在、1割8分7厘、3本塁打、12打点。投…

日本ハム大谷はメジャーのスカウトも唸らせた

体重増の狙い、憧れの選手は…日本ハム大谷に「15の質問」

「100点じゃないかと思います」 こう言って米アリゾナの1次キャンプを打ち上げた日本ハムの大谷翔平(21)。10日の初登板では157キロのストレートでメジャースカウトの度肝を抜き、ここまで実戦4試合で12打数6安打と大リーグ関係者をうならせた。17日から沖縄の名護で2次キャンプに臨んでいる大谷が、投打に関する本音や私生活まで明かしてくれた。 ◇ ◇ ◇ ――投手とし…

None

打者大谷の成長はカラダよりアタマ

試合には負けたが、バットで見せたのが日本ハムの大谷翔平(22)だ。 5日のロッテ戦は4打数2安打2打点。六回の2号ソロは、打った瞬間、それと分かる痛烈なライナー性の打球だった。 試合後は「(先頭打者で凡打に倒れた九回は)しっかり塁に出ていれば、また違う展開になったかもしれなかった」と唇を噛んだものの、開幕5試合で2本塁打、20打数10安打の打率5割。3割20本をクリ…

権藤博氏(右)と吉井理人氏

権藤博×吉井理人 大谷翔平の「WBC」と「メジャー」を語る

本紙新春特別号で行った師弟対談の2回目は大谷翔平(22)のWBCの起用法とメジャーでの可能性について語ってもらった。 ――栗山監督はWBCの二刀流は難しいと言っているようですが。 権藤博日本代表投手コーチ(以下、権)「私は監督じゃないからあれですけど、二刀流っていっても、ポコッと出て打席に立つくらいはそう難しいことじゃない。投げるのと違いますからね。ずっと何イニング…

None

筒香に伸びるドジャースの魔の手

ドジャースといえば、ディーブル極東担当スカウトが昨年のメキシコ、オランダとの強化試合の際に、東京ドームのグラウンドで、主砲のゴンザレスを介して大谷翔平(日本ハム)にドジャースのグッズを詰め込んだバッグをプレゼント。「タンパリング(事前接触)ではないか」と波紋を呼んだのは記憶に新しい。 同スカウトは豪州代表監督として、日本と1次ラウンドで対戦。八回に2ランを浴びた筒…

張本勲こそ喝!

スポーツ難癖口上

大谷の164キロに「スピードガンが甘い」? 喝!だ張本!

大谷翔平、日本最速更新164キロ! しかし……糸井に打たれた」 これを張本は何と言うかね? どっちへ転ぼうがウッフッフおもしれえ。 で、張本が言ったこと。 「スピードガンが甘いんじゃないの?」 横に座っていたゲストの田尾安志がそれへ、 「スピードガンのメーカーに聞いたことありますもん。高めに表示したほうが売れるんですって」 「あっはっは!」 3連休真ん中の午前中…

せっかくの最速も打たれたら…

投で日本最速も…日ハム大谷に“打者でSB戦”という選択肢

日本ハムの大谷翔平(22)が、13日のオリックス戦で日本球界最速の「164キロ」を叩き出した。これまでの最速記録は、自身の持つ163キロ。三回、1死二、三塁の場面で糸井に投じた初球が、その記録を打ち破ったのだ。 しかし、最速の余韻に浸る暇などなかった。大谷が腕を振り抜いた一瞬後、糸井のバットにはじき返されたボールは右翼前へ。走者2人がかえり、2点先制適時打とされた…

今季2度目の完封で9勝目の大谷

完封で9勝目の日ハム大谷 オフの筋トレが招いた“打撃不調”

昨24日、ロッテ戦に先発した大谷翔平(20)は3安打11奪三振で今季2度目の完封、両リーグ通じてトップの9勝目(1敗)をマークした。 七回は5番クルーズに中前打を浴びながら、2度も159キロをマーク。九回も4番デスパイネに対して155キロの速球を投げるなど、球威は最後まで落ちなかった。 「前回(6月14日の対DeNA戦)は途中降板しているので、最後までいけて良かった…

21日は4番中田と合わせて6三振

ここ6試合で11三振…日ハムが“打者”大谷に見切りをつける日

指名打者として中軸を任せられながら、打率1割7分5厘と低空飛行を続ける日本ハム・大谷翔平(20)のことだ。 ヒットが出ないだけならまだしも、バットがボールに当たらない。21日のソフトバンク戦は、4打数無安打、3三振。今回の首位攻防3連戦は計12打数1安打、7三振。中軸のバットがサッパリだったこともあって、チームは首位の座を明け渡した。最近6試合の大谷は23打数3安打…

None

実力はともかく 早実・清宮 ドラフト1位から外せない

今オフのメジャー挑戦の可能性を残す大谷の流出に対して、各球団は相当な危機感を持っていますから」 複数の調査団体が行う昨年の「好きなスポーツ選手ランキング」を見ても、日本プロ野球の現役選手で上位10傑に入っているのは、日本ハムの大谷翔平(22)だけというのが実情だ。その大谷は遅くとも数年のうちにはメジャーに挑戦する。唯一にして最大のスターに代わる人材の確保は、12球団…

None

日ハム・大谷 4番助っ人の貧打でますます遠のく投手復帰

開幕からマルチヒットを続けているのが、日本ハムの大谷翔平(22)だ。2日は今季1号を含む3安打1打点。2日連続の猛打賞で、もっか12打数8安打、打率.667だ。 しかし、これだけ大谷が打っても、日ハムは西武との開幕カードで1勝2敗。なにせ、4番の中田と昨季本塁打王のレアードがからっきしなのだから、勝てるものも勝てない。両者ともに11打数1安打と、打率は1割を切ってい…

None

WBCで来日のスカウト仰天 大谷の打撃はボンズ級の完成度

ファームの楽天戦に実戦初出場した日本ハム・大谷翔平をカバーするためだった。そのスカウトが大谷を見たのがネット裏だったのか、一塁側だったのか、外野だったのかは定かじゃない。しかし、14日のDeNA戦で右翼への2ランを含む2本の安打をしっかりチェックして仰天したという。そのうえで「バッティングに関しては、ほぼ完成した選手」と、スカウティングリポートに記したそうだ。 この…

筆者(手前)と話す大谷

権藤博の「奔放主義」

大谷WBC不参加 私の本音と頭を下げる彼に直接伝えたこと

14日に日本ハムの沖縄名護キャンプに出向き、大谷翔平(22)と対面した。痛めた右足首の回復が遅れているため、WBCへの不参加が決定。顔を合わせるや否や、「本当にすいませんでした」と頭を下げられた。 私は言った。 「謝ることなんかない。今回のことは残念だが、みんながあなたに期待しているんだ。体を大事にすることが一番。ケガは少し休みなさいということだと思って、とにかく自…

ペースを落とすどころか上げる勢い

嘆く栗山監督…大谷が沖縄で打撃練習“ペースアップ宣言”

栗山監督がしきりにブレーキをかけているのは、大谷翔平(22)に対してだ。報道陣から調整について聞かれると、「(沖縄は)もう少し寒い方がいいかも」と、こう続けた。 「寒い方が丁寧に体をつくれるでしょ? 暖かいと体が出来上がったかどうかわからない。打つ方のプランはある。次のクールから(ペースを)落としながら見極めたい。スパイクで走るのと打撃練習のどっちが先か? 本人は…

立ち上がりが悪い

評論家が指摘 “投手・大谷”抜きでも侍Jは戦力低下ならず

とても無理をさせられる状況ではない」 WBC日本代表の小久保監督が3日、日本ハムの大谷翔平(22)を代表メンバーから外すと明言した。 大谷は1月31日(日本時間2月1日)、キャンプ地アリゾナで会見を行い、「投手として辞退」を発表。しかし、右足首は手術の可能性もあり、小久保監督は打者としての出場も不可能と判断したようだ。 ケガだから仕方ないとはいえ、大谷は巨人・菅野と…

キャンプで精力的に調整

権藤博の「奔放主義」

私が藤浪の代表選出にこだわった理由を話そう

1日に日本ハムから発表された、エース大谷翔平(22)の「WBC投手断念」の一報を、視察に訪れていた広島キャンプの宮崎・日南で聞いた。 正直に言えば、寝耳に水。調整が遅れているとは聞いていたが、「まさか」という思いだ。ただし、侍ジャパンの投手陣を預かる立場の私としては、現時点では「残念」とも「了解」とも言いたくない。日本代表投手13人は、小久保監督らと考えに考えた末の…

打つ方はサッパリ…

CSも対広島戦もさっぱり…ハム大谷は打撃不調どう克服?

165キロでメジャーも仰天させた日本ハムの大谷翔平(22)。 しかし、打撃はCSでサッパリだった。ソフトバンク戦5試合は16打数3安打、2打点の.188。対広島戦の成績もいまひとつ。6月の交流戦は3番・DHで3試合にフル出場して、計10打数2安打、1打点の.200。2戦目にジョンソンから今季初の死球を食らって、計5三振を喫している。 日本ハムは19日、守護神のマーテ…

球の速さはピカイチだが…

マシンを1m手前に 広島の“大谷速球対策”は効果あるのか

メジャーにいても一、二を争う大谷翔平(22)の剛速球をもってしても、空振りが取れないのはなぜか。 16日のソフトバンク戦で大谷が投じた165キロは計3球。吉村への1球は空振りを奪ったものの、本多への2球はいずれもファウルにされたのだ。評論家の山崎裕之氏がこう言った。 「速球派の投手を攻略するには、早めにバックスイングを取り、コンパクトに振り抜くこと。シーズン中から何…

名実ともにチームの顔

マーティンに残る不安 ハム大谷“守護神”で三刀流に現実味

(試合は)すごく楽しみです」 日本ハムの大谷翔平(22)が、11日の前日練習で自信たっぷりにこう話した。 12日から始まるCSファイナルステージ。初戦の先発を任された大谷は、今季のソフトバンク戦は2勝無敗、防御率1.26と相性が良い。短期決戦だけに、シーズン中は“休養”が多かった先発した翌日も打席に立つことが予想される。バットでも9本塁打、16打点、打率・411とソ…

打者としても貢献度大

日ハム大谷 17本塁打より価値ある“驚異の出塁率”4割5分超

指のまめの影響で目下、野手に専念している日本ハムの大谷翔平(22)のことだ。 昨夜の楽天戦。1点を追う六回1死三塁で、左腕・辛島の高めスライダーを右中間スタンドに放り込む逆転の17号。「外野フライを打つつもりだった」という割には、力強いスイングだった。 この日は4打数1安打。本塁打以外の打席は一ゴロと2三振。前日までの2試合は計5三振を食らっている。打者としてここま…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事