日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

田中賢介特集

米国では全くダメだった田中賢介/(C)日刊ゲンダイ

田中賢介「2年3億円」出戻りで日ハムにくすぶりだす“火種”

日本ハムが16日、前レンジャーズ3Aの田中賢介(33)の獲得を発表したからだ。 驚くのは、2年総額3億円プラス出来高の好待遇より何より、「ドラフト」と「育成」を2本柱にするチームが一度は放出したベテランを戻したことだ。 田中は日ハムと交わしていた3年契約の2年目を終えた12年オフに海外FA権を行使。ジャイアンツとマイナー契約を結んだ。メジャー挑戦を表明した会見で田中…

日ハム時代の田中賢介/(C)日刊ゲンダイ

元メジャー田中賢介が日ハム復帰へ 懸念される“玉突き人事”

一昨年オフ、海外FA権を行使して米球界に挑戦した田中賢介野手(33、前レンジャーズマイナー)のことだ。 日本ハムは「3年に1度リーグ優勝する」というスタンス。昨年は最下位に沈み、今年は3位だったものの、CSではオリックスを下し、優勝したソフトバンクと五分に渡り合った。 大谷(20)、近藤(21)、中島(23)ら若手の成長も著しく、田中の加入で打線の厚みが増せば、来…

主力流出の“元凶”と言われる田中賢介/(C)日刊ゲンダイ

田中賢介復帰画策の余波? 日ハム大引、小谷野に移籍の可能性

周囲が騒がしくなってきた

ハム大谷だけじゃない レンジャーズ首脳“緊急来日”の狙い

レンジャーズは過去に日本ハムからダルビッシュ有、建山義紀、田中賢介を獲得。花巻東高の菊池雄星(現西武)との面談には当時新人左腕だったデレク・ホランド(現ホワイトソックス)を同席させるなど、日本人選手の獲得に熱心な球団のひとつだ。今回は米の他球団に先駆けて二刀流選手を視察して本人や関係者に誠意を示したが、レンジャーズの狙いは大谷だけにとどまらない。 「ダニエルズGM…

西川には神経を使う

古巣ソフトバンクで聞いたココだけ話

ソフトバンクに肉薄する日本ハムはいやらしいチームです

西川、中島、田中賢介ら、足の速い選手が多いだろ。ランナーに出すと、投手は打者との勝負に集中できない。余計な気を使うことになる。それに打線には粘りがある。粘りというのは、凡打になっても、2ストライクからカットして球数を投げさせたりする。やっかいな打線だね」 捕手の細川も「バカスカ打たれた感じはしないが……」と言って、こう続けます。 「日本ハム打線は、ここぞという時の集…

None

読むメジャーリーグ

故障者続出でも日本人投手の需要は高い

ダルビッシュ有、藤川球児、和田毅らが相次いでトミー・ジョン手術(腱の移植手術)を受け、黒田博樹、松坂大輔、田中賢介らは日本球界に復帰した。MLB公認エージェントたちは、プロ野球界をどのような視点で見ているのだろうか。 「たまたま今年は移籍したアスリートがいなかっただけで、いまなお、日本球界はトップアスリートの宝庫だよ。現に日本に10人近くいるMLB球団のスカウト陣は…

None

読むメジャーリーグ

ジャイアンツの青木に対する掛け値なしの評価

日本人初のメジャーリーガーとなった村上雅則氏を筆頭に、新庄剛志氏、藪恵壹氏、田中賢介、青木と日本人選手との契約に積極的な球団は、彼らの存在がチケットセールスにも好影響を及ぼすことを知っている。 青木は無理をする必要はない。目に見えない病の脳振とうは、コンタクトスポーツの代名詞ともいえるアメリカンフットボールの世界では後遺症に悩まされ、キャリアを断たれる選手も少なくな…

None

故障相次ぐも揺るがず 米スカウト「日本人投手」高評価の理由

ダルビッシュ有、藤川球児、和田毅らが相次いでトミー・ジョン手術(腱の移植手術)を受け、黒田博樹、松坂大輔、田中賢介らは日本球界に復帰した。MLB公認エージェントたちは、プロ野球界をどのような視点で見ているのだろうか。 「たまたま今年は移籍したアスリートがいなかっただけで、いまなお、日本球界はトップアスリートの宝庫だよ。現に日本に10人近くいるMLB球団のスカウト陣は…

中田翔(左)と陽岱鋼

日ハム頭痛の種? 陽岱鋼vs中田翔「年俸2億円」バトル

2人をチームの最高給取りにしたオフの契約更改も意識して同額にしたうえ、2人と何度か下交渉してモメないようにしたらしい」 かつてキャプテンを務めた田中賢介(33)が3年ぶりにチームに復帰したものの、ブランクがあるし、そもそも強力なリーダーシップを発揮するタイプでもない。 最高年俸の2人がギクシャクするようなら空中分解まであるという気もするが、「中田は陽ほど相手を意識し…

ロイヤルズ時代の不可解な起用ともおさらば?/(C)AP

環境は申し分なし…青木は「ジ軍入り」で大正解 これだけの理由

かつては新庄剛志や田中賢介(現日本ハム)らが在籍。現地には日系人も多く、ファンの声援も比較的温かい。泥にまみれるのをいとわないタイプの青木は地元メディアやファンとも良好な関係を築けるはず」とは、前出の関係者だ。…

チームに不満を漏らした大引/(C)日刊ゲンダイ

FA大引が引く手数多 日ハムは「人的補償選手」に舌なめずり

怒りのFA宣言をした大引啓次/(C)日刊ゲンダイ

日ハム大引 「ブチ切れFA宣言」の裏にある首脳陣との“確執”

ダメを押したのは、田中賢介(33=元レンジャーズマイナー)の補強による玉突き人事だ。 田中が二塁に入ることによって、二塁手の中島が遊撃へ。大引は三塁に押し出され、小谷野(34)や近藤(21)との競争を強いられる。大引はクビをかしげながら、知人に「若手を含め内野手が多過ぎる。僕は必要とされているのか?」と話していたという。「栗山監督は(田中)賢介とツーカーの間柄。そ…

米国ではマイナー契約もありうる鳥谷/(C)日刊ゲンダイ

渡米の鳥谷も不安 共和党圧勝でメジャーはより“格差社会”に

同様に12年オフ、海外FAで海を渡った田中賢介(33=前レンジャーズマイナー)はメジャー契約を結べず、ジャイアンツと結果を出した場合にメジャー昇格もあるスプリット契約を結んだ。が、外野手に転向させられた揚げ句、メジャーではわずか15試合に出場しただけだ。 彼らが評価されているのは、あくまで日本のプロ野球界内での話。鳥谷にしても、米球界ではスプリットやマイナー契約の可…

ソフトバンクナインに労われる稲葉/(C)日刊ゲンダイ

「将来の監督候補」の声も 日ハム金子の評価が稲葉に勝る理由

田中賢介(元レンジャーズマイナー)も、金子を慕うひとりです。稲葉との違いは選手への気遣いが出来るかどうか。08年のシーズン終盤、不調にあえいでいた中継ぎの宮西が金子に『ちょっと飲みに行くぞ』と誘われた。宮西は説教されるものと思って縮こまっていたが、『最近、自信なさそうに投げてるよな。せっかくいいボールを持ってるんだから、堂々と投げろよ。おまえのボールなら、自信持って…

来季にむけて必死の中島/(C)日刊ゲンダイ

ヒーロー

日ハム逆王手 延長V打中島は来季の「居場所確保」をアピール

日本ハムは今オフ、2年前までチームに在籍した田中賢介(33=元レンジャーズマイナー)の復帰が決定的。人気、実力、実績に勝る田中がチームに戻れば、二塁手でポジションがかぶる中島は必然的にはじき出され、大引との遊撃手争いが予想される。来季は再びポジション争いを強いられることが濃厚で、今から首脳陣に勝負強さや存在感を見せつけておく必要があったのだ。 身長176センチ、体…

None

“駆け込み”助っ人左腕ランズラーはオリックスを救うのか?

ジャイアンツ3Aで同僚だった田中賢介から日本球界の情報収集を行ったことも明かした。主にリリーフとして起用される見込みだ。 年俸は25万ドル(約2500万円)。残り49試合と考えれば高いか安いかは微妙なところだが、球団としてはやってもらわなければ困る。 というのも、マトモな中継ぎ左腕は31試合で防御率2.48の中山くらいのもの。他の左腕といえば、防御率8.71の海田く…

None

ライバルに初被弾…ダルビッシュは3回3安打2失点

レンジャーズとマイナー契約の田中賢介は六回から二塁守備に入り、中前に抜けそうな当たりを好捕した。…

孤軍奮闘/(C)日刊ゲンダイ

通訳なしで孤軍奮闘…川崎宗「日本よりメジャー」の心意気

レンジャーズとマイナー契約の田中賢介は1打数無安打1四球だった。…

None

競争熾烈! 日本人マイナー選手「生き残る選手」の名前

ナックルの使い手であるエースのディッキーも、2ケタ勝ったのはメジャー8年目でしたから」 ■和田毅はメジャーのローテ入りの期待も レンジャーズの田中賢介(32)、ブルージェイズの川崎宗則(32)、アスレチックスの中島裕之(31)は、昇格のチャンスこそあってもあくまでも「控え」としてだ。 「レンジャーズは小技を使える野手が少ないだけに、田中が自分の役割を理解すれば5人目…

ワシントン監督も満足/(C)AP

レ軍紅白戦に先発 ダルビッシュが貫録の153キロ

1番・二塁で出場した招待選手の田中賢介(32)は左飛に打ち取った。 登板後の本人は「初めての真剣勝負。1回もつかどうかだったけど、もってよかった」と冗談交じりにコメント。ワシントン監督は「力強いピッチングだったな」と満足げだった。 昨季はア・リーグのサイ・ヤング賞投票で2位に。弟分の田中が超大型契約でヤンキースに加入した今季は、格の違いを見せつけようと燃えているはず…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事