日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「小島瑠璃子 事務所」に関する記事

参院選特番が大好評

池上彰氏お気に入り 小島瑠璃子が狙う“キャスターの椅子”

12日、小島瑠璃子(22)が「新江ノ島水族館ナイトワンダーアクアリウム2016」オープニングセレモニーに出席した。 浴衣姿で登場すると、過去の水族館デートの思い出などを告白。報道陣からタイプの男性を水族館の生き物で例えるようリクエストされると、「えっ! ちょっと時間ください……ウツボですかね。外面と内面のギャップがある人が好きなので。これ、だいぶうまく切り抜けました…

花の命は案外短し

上半期テレビ出演本数1位 小島瑠璃子の給料は増えたのか?

今年5月にバラエティー番組で愚痴をこぼしていたタレントの小島瑠璃子(21)。レギュラー番組である「S☆1」(TBS系)や「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)など数多くの番組に出演する売れっ子だが、酒を飲んだ勢いで「給料制だから、ここだけの話、めっちゃ極貧生活なんです」「タクシー代も出ないし、ボーナスもなし」と所属事務所であるホリプロへの不満を漏らしていたことが話題にな…

低視聴率はお咎めなし?

初出演ドラマは低迷…小島瑠璃子が問われる“女優の資質”

昨年の番組出演本数ランキングで女性部門1位となる429本のテレビ番組に出演した小島瑠璃子(22)がついに水曜ドラマ「コック警部の晩餐会」(TBS系)で、ドラマ初出演を果たした。 マスコミも「こじるり、ドラマ初挑戦」と大きく取り上げ、本人もツイッターで告知をかねて「ドラマ初挑戦します! 刑事役。ビビりたおしております」と喜びと緊張を伝えると、ファンたちから「ついにドラ…

左から時計回りに、ベッキー、ダレノガレ明美、マギー

ローラにマギーも…過熱する“ポスト・ベッキー”争いの行方

他にもローラ(25)やマギー(23)をはじめ、小島瑠璃子(22)や中村アン(28)などハーフタレントやバラドルが臨戦態勢に入っている。芸能界の残酷「イス取りゲーム」はもう始まっている。…

金欠&毒舌キャラに変身

小島瑠璃子が“金欠”暴露で波紋 ホリプロの給料なぜ安いのか

10日深夜に放送された「旅ずきんちゃん」(TBS系)でゲスト出演した小島瑠璃子(21)だ。 酒豪キャラのSHELLY(31)とバラドルの菊地亜美(24)の3人で東京・北千住でハシゴ酒ロケを行うと、アルコールパワーで「こういうバラエティーに出していただく時も、いくらもらっているのか分からない。給料制だから。ここだけの話、めっちゃ極貧生活なんです」とギャラの安さを暴露。…

直筆レターは復活ののろし?

ベッキー復帰説で後釜争い収束 ダレノガレも手のひら返し

小島瑠璃子(22)、マギー(23)、ホラン千秋(27)といったタレントたちの名前が挙がる中、ダレノガレ明美(25)は「空いた席には座らせていただきます」と挑発。イス取りゲームに参戦する意思を表明していた。 しかし、最近になって「やっぱりハーフ枠はベッキーちゃんがつくってくれたもの。早くベッキーちゃんに会いたいって、みんな思ってる」と露骨に方向転換。挑発しすぎて事務所…

事務所のプッシュのおかげ?

有吉抜き 年末年始“出ずっぱり芸人”におぎやはぎのナゼ?

「つい先日、ニホンモニターが発表した『2015年テレビ番組出演ランキング』では1位が国分太一で以下、設楽統(バナナマン)、澤部佑(ハライチ)、加藤浩次、坂上忍、有吉弘行、小島瑠璃子、春日俊彰(オードリー)という順番で、おぎやはぎはベスト20にも顔を出していませんでした」(テレビ関係者) それなのになぜ? 「先輩芸人に可愛がられているのは業界でも有名ですが、それは人…

イメチェンに成功/(C)日刊ゲンダイ

元AKB48板野友美 「女性ファン急増中」の裏事情

同番組は、事務所の後輩・小島瑠璃子(20)とともに、今ドキ女子の恋の相談を受けて、悩み事を解決するというもの。この番組のおかげで、これまで板野に興味のなかった女子が板野に憧れを持つようになり、さらに、女子ウケのいいコジルリのファンも注目するようになったとか。 そんな板野は7月に発売したソロアルバムを引っさげてコンサートツアーの真っ最中。そこではAKB時代の可愛いイメ…

業界大手のホリプロ所属/(C)日刊ゲンダイ

「第2の優香」の呼び声高い19歳グラドル佐野ひなこって?

同じホリプロ所属の小島瑠璃子(20)にとっては強力ライバルだ。 「さまぁ~ず」を両脇に従えてMCを務める日も近い!?…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事