日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

成田美寿々特集

初日は2位タイ発進の成田

パット不調の成田美寿々 「ラインは曲線的に」は正しいか

【リゾートトラストレディス】 成田美寿々(23)が初日68で回り、首位と1打差2位タイと久々に好スタートを切った。今季はこれまで10試合に出場してトップ10が一度もなく、予選落ち5試合と成績不振が続いている。とくに平均パット数(1.8562=ランク47位)がここ5年間で一番悪い。 ホールアウト後、「機械的に真っすぐ、真っすぐとパットしていた私が、感性を生かしてライン…

日本人プロ期待の成田美寿々

イ・ボミに“宣戦布告”も…成田美寿々の「賞金女王」を阻む壁

そんな中、2週間前のサントリーレディスで「そろそろイ・ボミさんにストップをかけないと、ツアーが面白くなくなる」と宣戦布告したのが、プロ4年目、今季2勝(通算7勝)の成田美寿々(22)だ。今大会も初日トップタイにつけ、好スタートを切っている。 女子ツアーは現在、賞金ランク1位イ・ボミ、2位はテレサ・ルー、3位は申ジエと外国勢が独占し、成田は6位につける。今大会は優勝賞…

イ・ボミ(後方右)を突き放しガッツポーズの成田

完全Vで全英女子の切符も…成田美寿々を待つメジャーの壁

【サントリーレディス】(兵庫・六甲国際ゴルフ倶楽部=6511ヤード・パー72) 首位発進の成田美寿々(22)がイ・ボミを振り切って、今季2勝目(ツアー通算7勝目)を自身初の完全Vで果たした。 すでに出場権を手にしている全米女子オープン(昨季賞金ランク5位以内資格)に続き、今大会終了時の賞金ランク5位以内に与えられる全英女子オープン切符も手に入れ、メジャーに連続出場す…

24歳・ツアー7勝

注目女子プロの凄みと弱み

成田美寿々き明るい性格とメンタルの強さがプレーに直結

ルーキーイヤーの2012年から毎年勝利を挙げていた成田美寿々は、昨季初めて未勝利に終わりました。 彼女の強みはメンタル面をうまくコントロールできることでしょう。 性格は非常に明るく、いつも前向きです。はたから見てパットが不調かな、と感じても、本人は深刻になっていない。 もちろん心の中では悩んだり、悔しさはあるはずなのに、それを一切表情に出さず、暗い雰囲気をつくらない…

成田美寿々

女子プロ「イイ嬢」「ダメ嬢」どっち?

成田美寿々(23歳・ツアー7勝)

かわいこちゃんプロが増えてきた女子ツアーの中で、今週はハスキーボイスにボーイッシュな髪形で、ひときわ異彩を放つ成田美寿々をチェックするわよ。 アンタは確かリオ五輪に出たいと言ってたけど、いつの間にかシュルシュル声が小っちゃくなったわね。まあ、4年後の東京五輪でもチャンスは十分にあるから、のんびりおやんなさい。 男っぽいイメージだけど、女らしい一面もちゃんとあるじゃな…

成田美寿々

女子プロ “辛口”ファッション診断

成田美寿々(23歳・ツアー7勝)

若手女子プロの中で勝ち星の多い成田美寿々プロね。アンタの笑顔はゴツイ肉体とギャップがあって、余計に可愛く見えるわ。 パーティーウエアは大人の女性らしく、ブルーのシンプルなワンピース。生地に光沢があって爽やかだわ。 たくましい二の腕とのバランスを考えて大きいネックレスを着けたのはGOOD。丈も足がすっきり細く見える長さでいい感じよ。なかなか、どうして美脚じゃない。アン…

成田美寿々

女子プロ辛口ファッションチェック

成田美寿々(22歳・ツアー7勝)

メジャーの全英女子オープン出場権を自力でつかんだ成田美寿々プロです。初日からトップの座を譲らないサントリーレディス完全優勝は圧巻でした。気迫が伝わってくるガッツポーズやプレースタイルは、もう女性じゃないよね。男子プロも真っ青の勝負師だよ。 それではファッションセンスはどうかな? オオっ~! これまでの中で一番マトモ。成長を感じる。私がチクチク酷評したのが本人の耳に入…

成田美寿々

女子プロ辛口ファッションチェック

成田美寿々(22歳・ツアー6勝)

4年連続勝利で通算6勝目を先頃挙げて、22歳と若手プロの中でアタマひとつ抜け出た感のある成田美寿々プロです。プレー中のおちゃめなしぐさや強気のガッツポーズが魅力です。 ところがフォーマルウエアは、どうしちゃったんでしょう。 う、う、うっ……、なんて地味なの。色のトーンが全体的に暗い。正直おばさん臭がプンプンです。 なにがダメなのか、はっきりさせておきましょう。まずは…

成田美寿々

女子プロ辛口ファッションチェック

成田美寿々(22歳・ツアー5勝)

韓国、台湾といった強すぎる外国人選手にはかないませんでしたが、日本人選手最高の賞金ランク5位に入った成田美寿々プロです。気合の入ったガッツポーズに、表情は仁王像のような勇ましさ。強心臓で肝が据わっているのがよくわかる! 相変わらず存在感がありますね。肩幅に厚みがあってガッチリしているのは、中学時代にしていたソフトボールのおかげでしょう。同性から見ても、たくましい体に…

池田勇太

プロツアー激辛情報

日本人は男女とも「耳と耳の間のゲーム」の本質に無知だ

最終ラウンドの15番パー5(477ヤード)で、首位に3打差の成田美寿々が2オンを狙って手前の池に入れてボギーをたたき4位タイに終わっている。 解説の樋口久子は「無理に左から池に向かって打ってやらずに、池の右側から花道を狙えばバーディーを取れるのだから、もっとコースマネジメントを考えてプレーしてほしい」と言っていた。 設計家の意図を見抜いて攻略すれば、ご褒美(バーディ…

成田美寿々は今季初の首位発進

好スコア続出…バーディー量産コースが選手をダメにする

初日は成田美寿々(23)と全美貞(33)がバーディーを量産し、8アンダーでトップタイに並んだ。 成田は先週4日間で8バーディー(14ボギー)しか奪えなかったのに、今週はたった1日で9バーディー(1ボギー)だった。それだけコース設定が違うということだ。「せっかくタフな日本女子プロでいい経験を積んだのに、これではムダになってしまう」と、ゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏が…

笑顔もカワイイ

プロ5年目でツアー初V 葭葉ルミに囁かれる“意外な評判”

昨年からバス釣りにはまり、試合の合間には、森美穂や香妻琴乃、成田美寿々といった釣り仲間と獲物を狙う。 そんな葭葉には別の顔もある。あるツアー関係者がいう。 「そもそもがサバサバした性格なんだが、報道陣のウケはあまりよくない。1週間前に取材した記者やカメラマンに会っても挨拶しない。例えば葭葉と仲がいい吉田弓美子が報道関係者と話をしていれば、普通の選手なら前を通る時は『…

前年優勝の成田(左)に祝福される姜

サントリーLは姜秀衍V…“4日間大会”で日本人10連敗の謎

日本人は昨年の今大会で成田美寿々(23)が勝って以来、10連敗である。 4日間大会は真の実力が試される。米女子ツアーは、35試合中そのほとんどの32試合が4日間大会だ。 そこで国内ツアーも小林浩美LPGA会長の「世界基準で戦える力をつけるための環境を整える」という“号令”のもと、今季は2試合増やして38試合中11試合、2020年までに半分の試合を4日間大会にする方針…

合宿に参加した鈴木愛、渡邉彩香、成田美寿々

リオ代表決定は先なのに なぜ女子プロ協会だけがソワソワ?

先月末には、倉本昌弘委員長(日本プロゴルフ協会会長)と小林浩美副委員長(LPGA会長)が沖縄で渡邉彩香(22)、成田美寿々(23)、鈴木愛(21)を集めて強化合宿を行ったものの、男子プロは不在だし、現在圏内の宮里美香(26)、野村敏京(23)もいなかった。 強化合宿の最中に米女子ツアー「ホンダLPGAタイランド」があり、世界ランク36位で日本勢1番手の宮里美香と同…

優勝したトンプソンは米国の2番手

リオ五輪代表選考で騒ぐ日本女子ゴルフの“低レベル”

リオ五輪に向け、強化委員会委員長の倉本昌弘が音頭を取って沖縄県喜瀬CCで2日間の合宿を行ったが、参加者は渡邉彩香、成田美寿々、鈴木愛の3人だけ。五輪代表に誰がなるのか話題になるが、ではメダルは期待できるのか。 評論家の早瀬利之氏がこう言う。 「日本人8番手だった野村が米ツアーで1勝しただけで、一躍、五輪候補になること自体、日本のレベルの低さを物語っています。世界ラン…

着実に世界ランクを上げる宮里美香

「WRポイント」獲得合戦 来季はリオ五輪切符かけ熾烈に

2位は宮里美香(37位)で、以下、上田桃子(55位)、渡邉彩香(59位)、成田美寿々(64位)、横峯さくら(65位)と続く。 五輪キップにもっとも近い大山は、「来年のリオ五輪に出たい。その時まで結婚もない。ゴルフで燃え尽きたい。若い女子プロがどんどん増えているが、その子たちに負けない気持ちを持っている。その気持ちはダレにも負けない」と鼻息が荒い。 米ツアー参戦中の宮…

None

私の時代 今の女子ツアー

勝負師とただのプロはどこが違うのか

先週は雨が降りしきる最終日に成田美寿々が猛追してプレーオフに持ち込みましたが、5ホール目にティーショットを曲げて勝負がつきました。 イ・ボミはツアー記録となる2週連続で完全優勝したのに、試合後は喜びよりも、「負けたくない気持ちはありました。今回も負けてしまったら、美寿々さんのことを嫌いになってしまう」とコメントしていたのが印象的でした。 実は今年のサントリーレディ…

安定したショットを誇るイ・ボミ

さらなるゴルフ離れを招くテレビ解説者の技術不足

女子はイ・ボミがプレーオフで成田美寿々を下して今季4勝目。プレーオフ2ホール目、イ・ボミは第2打をグリーンオーバーしてラフ。これをショートしてボールはグリーンのカラーに止まる。パーで上がっている成田の勝ちを確信したファンが多かったと思う。しかし、イ・ボミは5メートルのパーパットを沈め、5ホール目、ドライバーを右の林に曲げた成田を振り切り、賞金女王に大きく前進する。 …

2週連続で完全優勝したイ・ボミ

2週連続完全Vのイ・ボミ 何がPOの勝負を分けたのか?

【ゴルフ5レディス】 イ・ボミ(27)が成田美寿々(22)との5ホールに及ぶプレーオフを制して2週連続で完全優勝した。 これは1988年のツアー制度施行以降の新記録になり、今季4勝目で獲得賞金は1億4749万円。2位テレサ・ルー(27)との差は約5845万円に広がり、初の賞金女王タイトルをぐっと引き寄せ、「2億円が目標」にも近づいた。 試合前、「13アンダーまでいけ…

None

朴仁妃メジャー7勝目 日本女子プロは韓国人になぜ勝てず?

3日目まですごくいいゴルフをしていたので、最終日に爆発的なスコアを出さないと、メジャータイトルは手にできないことをあらためて実感した」(宮里) 宮里は15位以内に与えられる来年の出場権は手にしたが、決勝に進出した横峯さくら(29)は通算5オーバー36位、成田美寿々(22)は通算9オーバー50位に終わった。 ■韓国人女子プロはメジャー通算23勝 日本人女子プロのメジャ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事