日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「山崎豊子 小説」に関する記事

人間が面白い

「山崎豊子先生の素顔」野上孝子著

52年の長きにわたって、国民的作家・山崎豊子に伴走し、支え続けた秘書が、「先生」との波瀾万丈の日々を回想している。 先生は大阪・船場の老舗昆布問屋のいとはんで、毎日新聞の記者をしながら小説を書き始め、「花のれん」で直木賞を受賞、作家として順調なスタートを切っていた。男兄弟に囲まれて育ったせいか、気にいらないことがあると、乱暴な男言葉で新米秘書を容赦なく怒鳴りつける。…

None

反町隆史・松嶋菜々子 夫婦上下関係大逆転

15日、16日の2夜連続で放送された女優の松嶋菜々子(43)主演のフジテレビ系ドラマ「山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章」の平均視聴率だが、15日の第1夜が8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、16日の第2夜が6.2%という数字に終わり、フジや松嶋の関係者が頭を抱えている。 同ドラマは「白い巨塔」「不毛地帯」などで知られる山崎豊子さんの同名小説が原作。松嶋演じる…

「約束の海」山崎豊子著

(新潮社 1700円)…

None

証拠ファクスに官邸激怒 元夫人付の谷査恵子氏“国外追放”の仰天情報

主人公がアフリカに飛ばされる山崎豊子の小説「沈まぬ太陽」が思い出される。昭恵夫人に尽くした谷氏も、安倍官邸にとってはしょせん“トカゲの尻尾”なのか。…

完成披露試写会に登場した出演者たち

初ドラマ化「沈まぬ太陽」 上川隆也は渡辺謙を超えるか

作家山崎豊子の社会派長編小説「沈まぬ太陽」がWOWOW制作で初のテレビドラマ化だ。 主人公の恩地元役に挑むのは、日本を代表する実力派俳優のひとりである上川隆也(50)。活動の場が舞台中心でまだ世間的には無名だった上川が、同じく山崎原作のドラマ「大地の子」(95年、NHK)で主演に大抜擢され、人気役者としての礎を築いたのは広く知られるところ。 いわば、山崎作品の申し子…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事