日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「牛タン メニュー」に関する記事

(C)日刊ゲンダイ

タレントが通う店 やってる店

ダチョウ倶楽部のリーダー肥後克広のお気に入り!「牛タン圭助」の絶品モツ鍋

お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」のリーダー、肥後克広(51)が通うのは、四谷にある居酒屋「牛タン圭助 四谷三丁目店」。場所は地下鉄四谷三丁目駅を出てすぐの大通り沿い。都内を中心に店舗展開している牛タン料理の店で、シンプルな炭火焼きのほか、ゆでタン、空揚げ、タンシチュー等々、さまざまな牛タンメニューを堪能できる。 なかでも一番の名物は厚切りの牛タンを炭火で焼き上げる「本…

タレントが通う店 やってる店

市川染五郎が長年ひいきにしているシチュー専門店「銀之塔」

突き出しの煮物や漬物もすべて自家製で、若い方からお年寄りの方まで幅広くお召し上がりいただいています」(スタッフ) 人気メニューは牛肉と牛タン、野菜が入った「ミックスシチュー」(2600円)。最後まで冷めないように、土鍋で供するのもこの店のスタイルだ。 シチューはぐつぐつと煮立った状態で登場。デミグラスソースはなんともまろやかで、ギュ~ッと凝縮された素材のうま味が一気…

駅ナカは大充実/(C)日刊ゲンダイ

終電の心配なし 駅ナカで安く飲む「スパークリングワイン」

スパークリングのボトルと、厚切り牛タンステーキ880円とトマトのカプレーゼ500円を注文した。 ほかは、ガランティーヌ(鶏肉のパテ)やエビのマリネなどの前菜約10種が500円、合いガモのワイン煮980円、カルビとハラミのミックス880円などのメーンが1000円以内。ビールは中ジョッキが550円。黒生もハーフ&ハーフが550円。 支払いは現金かパスモで。後で聞いたら、…

男性スタッフの顔よりデカい!

大人が満足 厳選「変わり鍋」

【牛タン工房 鎌倉ハム 荻窪店】野郎肉鍋 標高25センチの肉タワーに拍手喝采

牛タンと鎌倉ハムがメーンの居酒屋「牛タン工房 鎌倉ハム 荻窪店」での人気メニューが、「野郎肉鍋」(1人前999円、2人前~)。四角い鉄鍋にそびえ立つのは、高さ25センチほどの肉のタワー。肉好きなら喉が鳴るだろう。 ビクともしない肉柱にするため、まずシャキシャキの水菜で芯を作る。そこにたっぷりのモヤシで固めたところを肉のカーテンでぐるぐる巻きにガードする。その肉は、2…

None

競馬ファンが集う“GI級”の店

凛花(渋谷) オグリファンの大将相手に数々の“カツ”料理で飲む

ジューシーな厚切りハムカツ580円や牛タンカツ680円。厚切り鯨カツ680円なんてビッグな“カツ”も。 熊本直送の新鮮馬肉は刺し身はもちろんユッケ、炙りたたき、カルパッチョ、カツなどバラエティーに富んだ調理法で楽しめる(各1100円)。 四万十川青さのり天ぷら780円や土佐・御畳瀬産ウツボの炙りたたき1000円、空揚げ780円なんて珍味も酒に合う。ちびちびツマミたい…

None

オレのおふくろメシ

城彰二 ゴールを決めた時のご褒美だった マヨネーズたっぷりのポテトサラダ

よく思い出すのは母手作りの牛タンとテールスープですね。スープはずんどうを使って本格的に作っていました。外食よりも母の食事の方がずっとおいしかった。家で食べるご飯はホントうれしかったですね」 美食家として知られる城さんの「舌」は、鹿児島産のおいしい牛肉がつくったのかもしれない。 しかし、おふくろの味と言えば――。今でもレストランのメニューにポテトサラダを見つけるとつい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事