日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「新垣隆 テレビ」に関する記事

断れない性格だから…/(C)日刊ゲンダイ

いい人過ぎて出演過多…ゴースト作曲家・新垣隆氏の“今後”

この年末年始、テレビで見ない日がなかったほど出まくっていたのが、「ゴーストライター騒動」で話題となった作曲家の新垣隆氏(44)。 「レコード大賞」(TBS系)では両手を耳に当ててキョロキョロする“佐村河内守ポーズ”を披露し、大晦日の「絶対に笑ってはいけない大脱獄」(日本テレビ系)にも出演。その裏番組では大久保佳代子(43)に「壁ドン」するなどもう何でもアリだった。こ…

好きなタイプはAKB48の山本彩

ゴースト騒動で仕事殺到 新垣隆氏「婚活の暇ないほど忙しい」

音楽家の新垣隆氏(44)が11日、ニコニコ生放送の番組「新垣隆 ドワンゴジェイピー配信記念!サルでも分かる!?俺のクラシック」に出演。この日に発売されたアルバム「ロンド~珠玉のヴァイオリン名曲集」の中で自身が作曲の表題曲「ロンド」が先行配信され、デーリーチャートで1位を獲得。5位以内だった場合の公約である炭酸飲料の一気飲みを披露した。 佐村河内守氏のゴーストライター…

バリトンサックス奏者の吉田隆一氏(左)と/(C)日刊ゲンダイ

新垣隆氏「例の彼に感謝」…ゴーストライター特需でCD発売

すっかり“ゴーストライター”が専売特許の新垣隆さん(44)。中谷美紀演じる売れっ子小説家がスランプに陥り、“ゴースト”を立てるドラマの公式HPでは、<あの新垣隆氏が語る「ゴーストライター」>(毎週更新)なんてコーナーまで任されちゃっている。 騒動からちょうど1年。渦中にいた彼が今やテレビや雑誌でタレント活動にいそしむ姿は多くの人が知るところだが、実は本業の音楽でも大…

来年2月にCDリリース/(C)日刊ゲンダイ

今年の漢字は「嘘」と 収入も増えた“ゴースト”新垣隆氏を直撃

今年、全ろう作曲家・佐村河内守氏のゴーストライター騒動で、一躍、時の人となった作曲家の新垣隆さん(44)。来年2月にはバイオリニストの礒絵里子さんとのデュオで、CDアルバムを発売するという。これまでの“裏方”から一気に表舞台へ進出し、自身の名をドーンと掲げた初のアルバムである。昨3日、関東近郊の某所でレコーディング中の本人を直撃した。 朝から晩までぶっ通しで続くレコ…

謝罪会見時(写真)よりもっと普通の人に/(C)日刊ゲンダイ

佐村河内守氏は別人に 髪型ガラリ変え“引きこもり”の日々

元相方の作曲家、新垣隆氏はすっかり人気者になったが、元“現代のベートーベン”は見かけない。巨額の損害賠償訴訟を抱え、“隠居生活”を余儀なくされていたようだ。 「一連の騒動で、予定していた全国ツアーが中止に。企画会社から約6100万円の損害賠償を請求されています。佐村河内氏は争う姿勢を見せていますが、キャッシュで購入したという横浜市の2500万円のマンションは差し押さ…

ベッキー(左)と矢口真里

矢口真里CM騒動で消えた ベッキー「9月復帰説」の裏側

矢口以外にもビートたけし、新垣隆、小林幸子、ムツゴロウら、いろいろな意味で世間を騒がせた顔ぶれが勢ぞろいし、放送された直後は話題になっていたんです」(大手広告代理店関係者) ■世間がいまだに過激反応 ところが、一部の視聴者の過剰とも思える反発やSNSなどを中心に「不倫を擁護している」といった批判が相次ぎ、同CMが4月7日をもってお蔵入りとなってしまった。 そしてこの…

38万回以上再生されている

パロディー許せず? 日清CM放送中止に日本人の生真面目さ

矢口のほか、小林幸子(62)、畑正憲氏(80)、新垣隆氏(45)が登場する。 矢口は心理学部の准教授に扮して教壇から「二兎を追う者は一兎をも得ず」と呼びかける。新垣氏は芸術協力学部の教授で、学生と二人羽織のようにピアノを弾き、「才能はシェアする時代」とのクレジットがついている。 このCMに視聴者から「不倫や虚偽を擁護しているように見える」とのクレームがついた。矢口が…

2時間半の長丁場/(C)日刊ゲンダイ

佐村河内氏噴飯会見 「新垣氏訴える」に法律家「勝ち目なし」

そのうえで、真相を告白し、謝罪したゴースト作曲家の新垣隆氏を訴えるというのである。噴飯会見を法の専門家はどう見たか。 7日、東京グランドホテルに集まった報道陣は約300人、テレビカメラは約50台。その中で佐村河内氏が力説したのは「新垣氏は嘘をついている」というものだ。 ■新垣氏を激しく“口撃” 「雑誌では新垣氏が<もうこんなことはやめましょう>と何度も私に言ったと書…

まるで別人!?/(C)日刊ゲンダイ

おすぎ似の声も…佐村河内氏「新垣さんを訴える」恨み節会見

■釈明どころか、恨みつらみ しかし、会見の内容たるや、自己弁護とゴーストライターの新垣隆氏(43)への恨みつらみだった。今回の疑惑を暴露したのは新垣氏だが、佐村河内氏は「新垣氏が『こんなことはやめましょう』と何度も言ったのは全くのウソです。彼は一度もやめましょうと言ったことはありません」と否定した。昨年、「新潮45」のリポートを読んで、初めて「やめましょう」と言っ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事