日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「涌井秀章 巨人」に関する記事

いいクスリ/(C)日刊ゲンダイ

ロッテ涌井 巨人戦で“火だるま”に首脳陣ニヤリの理由

今日の状態じゃ厳しいよね」 12日の試合後、ロッテの伊東監督が呆れるようにこう話したのが、この日の巨人戦で先発した涌井秀章(27)のことだった。 オープン戦2度目の先発ながら、5回を投げて2本塁打を含む9安打8失点。火だるまになったFA右腕に、指揮官が「この回を絶対に抑えようという気持ちがない」とおかんむりなら、川崎投手コーチは「最初は力を(わざと)抑えているのかと…

復活の気配を感じる涌井

鬼の視点

松坂が涌井を復活させた

ロッテの涌井秀章(28)がいい。24日の楽天戦は六回途中でマウンドを降り、3敗目(2勝)となったが、この試合の前まで防御率1.86。上々の出だしである。 きれいな投球フォームで与死球が少ないこともあり、打者からすれば怖さを感じない投手。近年の不振は、投球時の左肩の開きが0.2~0.3秒ほど早くなっていたこと。胸のマークが相手打者に早く見えてしまえば、ボールの出どころ…

None

FA権行使の西武・片岡争奪戦 楽天は本人希望と一致せず脱落か

西武の片岡治大(30)と涌井秀章(27)が7日、球団に国内FA権を行使する意向を伝えた。記者会見で「シンプルに自分の評価を聞きたかった。挑戦するなら今かなと思った」と話した片岡には巨人のほか、中日や楽天も興味を示しているといわれている。 「球団はともかく、片岡に関しては現場の評価が高い。09年の第2回WBCで監督、選手として戦った原監督はもちろん、主将の阿部慎之助も…

また同じ道を辿るのか…

またプロ野球選手と交際 押切もえに「学習能力なし」の声

「こんなことじゃ、仲良しのエビちゃんとはどんどん遠くなるんじゃ……」 ロッテの涌井秀章投手(29)との交際が明らかになったモデルの押切もえ(36)のことだ。懲りずにまた相手がプロ野球選手。周囲はこれを心配している。 押切は05年から09年までの4年間、元巨人の野間口貴彦投手(32)と交際して破局。その後は仕事を着実にこなす日々で、結婚して子供もできた親友の蛯原友里(…

None

手を挙げたのはロッテだけ…FA涌井を待つ“厳しい銭闘”

西武からFA宣言して19日、都内のホテルでロッテと初交渉を行う涌井秀章(27)のことである。 今季、5勝(7敗7セーブ)に終わった涌井は、シーズン中には不慣れな中継ぎや抑えを強要された。そんなチームの起用法に嫌気がさしていただけに、親しい間柄の伊東監督率いるロッテが獲得に名乗りを上げたのは「渡りに船」だった。 しかし、獲得に名乗りを上げているのがロッテだけでは、涌井…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事