日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中谷美紀 映画」に関する記事

左上から時計回りで中谷美紀、北川景子、竹内結子、橋本愛

中谷美紀、北川景子…映画祭で垣間見せた女優たちの“火花”

国内外の女優ら400人が着飾って歩いた22日のレッドカーペットで、中谷美紀(39)にそんな声が芸能マスコミから上がった。 「中谷は永年所属したスターダストプロから7月に独立、個人事務所での新スタートを切っていますが、スターダストと円満退社というわけにはいかなかったようなんです。出演作『FOUJITA』がコンペティション部門にかけられ、得意のフランス語も披露し、上機嫌…

明暗分かれた日本アカデミー賞授賞式/(C)日刊ゲンダイ

真木よう子“W受賞”で火がついた 尾野真千子の「女の戦い」

最優秀助演女優賞候補は蒼井優、中谷美紀、余貴美子と、老若の実力派揃い。しかし、今回は実質、真木VS.尾野のマッチレースだっただけに、波紋が広がっている。 この日は衣装も対照的。上下黒のスーツでマニッシュなスタイルで登場した真木に対し、尾野は胸元と背中にスリットの入ったセクシーな白いロングドレスで登場。笑顔の真木とは白黒くっきり決着をつけられ無冠に終わった尾野の心境た…

名匠との出会いで役者としても一皮むけた

主演映画が大絶賛 オダギリジョーが払拭した屈辱のレッテル

フジタの5番目の妻を演じた中谷美紀(39)は「生き写しに見えた」などと芝居を褒めちぎっていた。 当の本人は小栗組に参加できた喜びを語る一方で、正直すぎる発言を連発。自分が演じた藤田嗣治に対し「いまだに興味がない」と言ったり、フランス語のセリフも「丸覚えしたから、意味さえ分かっていない単語もある」と明かしたり……。おまけに役づくりは「監督に丸投げだった」とぶっちゃける…

中谷美紀

女優 その輝き

「FOUJITA」での中谷美紀は極めて知的でした

その藤田が帰国後、5番目の妻となり、生活を共にする君代を演じたのが中谷美紀(39)である。 ――中谷の落ち着いた大人のたたずまいが先の東京国際映画祭でも話題になりました。 「史実を見ると、君代さんは中谷さんよりも1回り以上、年下です。しかし、酸いも甘いも知り尽くし、帰国した藤田が一目で魅了され、残りの人生を共にしようという女を演じられる女優がこの日本にいるのか。どこ…

中谷美紀は英語も堪能

“国際派”を世界に印象づけた女優・中谷美紀のフランス語

22日、「第28回東京国際映画祭」が開幕し、レッドカーペットイベントでは画家・藤田嗣治の一生を描いた映画「FOUJITA」に出演した中谷美紀(39)が白のドレス姿で登場した。 同映画でフランス語と英語を駆使した主演のオダギリジョー(39)が「4カ月くらいフランス語を練習したのかな。楽ではなかったという感じですかね」と振り返る中、中谷は隣にいたプロデューサーのクローデ…

しあわせのかおり

孤独の映画

しあわせのかおり(2008年 三原光尋監督)

小さな中華料理屋の店主・王(藤竜也)を百貨店社員の貴子(中谷美紀)が訪ねる。貴子は王に百貨店への出店を勧めるが、結果は門前払い。以来、王の店に通い、その味に魅了される。そんな折、王は病に倒れて半身不随に。貴子は王に弟子入りを認められ、一緒に中国を訪れるのだった……。 妻子と死別した孤独な男と夫に先立たれて幼い娘を育てる女。女は亡き父を慕っている。よくある設定ながら話…

入籍は…?/(C)日刊ゲンダイ

この人物のオモテとウラ

13年ぶり連ドラ主演 脂乗った中谷美紀と渡部篤郎の近況

来年1月スタートのドラマ「ゴーストライター」(フジテレビ系)で、13年ぶりに連ドラに主演する女優の中谷美紀(38)。今作の役柄は、才能に限界を感じ、アシスタントのライター(水川あさみ)に“ゴースト”をさせている小説家。佐村河内守氏のゴーストライター騒動を彷彿させる内容で、中谷は役づくりに際し佐村河内氏の2時間35分もの謝罪会見を動画で全て見直したそう。「一度過ちを犯…

2016年1月で40歳になる中谷美紀

大手退社し独立の女優・中谷美紀 アラフォーで決断の裏事情

アラフォー女優、中谷美紀(39)の決断が芸能界で話題だ。7月いっぱいで25年所属した大手芸能プロ「スターダストプロモーション」を退社、個人事務所を設立したことが明らかになった。 スポーツ紙によると、中谷は日本舞踊に茶道と、勉強中の伝統文化を海外に伝える活動に関心があり、そうした仕事をやってみたいというのが、独立の理由のひとつだとか。前向きで応援したくなるが、独立に至…

ビッグカップル誕生?/(C)日刊ゲンダイ

熱愛報道の優香はコレで落ちた? 三浦貴大の自家製カレー

映画「繕い裁つ人」の完成披露試写会が11日に開かれ、主演の中谷美紀(38)をはじめ、共演の三浦貴大(29)、片桐はいり(51)、黒木華(24)らが登壇した。 中谷演じる町の仕立屋を取り巻く作品のため、話題はこの日の衣装に。十数年来の親友デザイナーが作った衣装に身を包んだ中谷は感動で涙。「作品を見てくださった方の中からこの衣装を1名様にプレゼントします」と発表した後、…

左から川栄李奈、前田敦子、高橋みなみ

あれもこれも言わせて

ドラマで続々新境地 AKB48現役メンバー&卒業組を採点する

出番は少ないが、回想シーンで中谷美紀の高校生時代を演じている。 ドラマ以外では4月に卒業したばかりの高橋みなみが5月3日「第53回歌謡チャリティーコンサート」(NHK)でベテラン、三宅民夫アナとともに司会を担当し、そつなくつとめていた。 ■指原はまさかの政治家向き? さらに安倍首相が出演した「ワイドナショー」(フジテレビ系)に同席した指原莉乃。「ネットで悪口を書かれ…

None

“ブロガー”市川海老蔵が美女と2ショット三昧でゴキゲン

千利休を演じた主演の市川海老蔵(35)は利休の後妻・宗恩を演じた中谷美紀(37)から「昼の撮影は真面目な方で、真摯に向かい合われていました」とベタボメされると、「やめようよ、これ!」と笑顔でツッコみ。共演陣のホメ殺し攻撃でハイテンションに……と思いきや、理由はそうではなかった。その謎を解くカギは海老蔵のブログにある。 会見前の15時すぎ、海老蔵は各局の個別取材に対応…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事