日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「吉田松陰 松下村塾」に関する記事

1月9日で28歳になる井上真央/(C)日刊ゲンダイ

女優・井上真央が語るNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の見どころ

激動の幕末に活躍し、日本を動かした長州藩士、吉田松陰の妹・文を描いたNHK大河ドラマ「花燃ゆ」で主役の座を射止め、1年間、大役を務める。見どころを聞いた。 大河ドラマの主役は、一度は経験したいと思っていたので聞いたときはもちろんうれしかったです。 ただ、予想していた以上に早くお話をいただいたので、正直なところ私にできるか、私でいいのかという戸惑い、不安はありました。…

ザッツエンターテインメント

【年末に読みたい珠玉の時代・歴史小説】「風の如く 吉田松陰篇」富樫倫太郎著

平九郎が連れて行かれたのは、松本村の吉田松陰の私塾・松下村塾だった。 幕府の咎を受け、3年前の安政元(1854)年に江戸から護送され、今も自宅蟄居が続く松陰は、周囲から「狂人学者」と呼ばれていた。平九郎はそんな噂とは異なり、真剣に国の行く末を案じる松陰の学問への姿勢に圧倒される。入塾を許された平九郎は、居合わせた塾生の伊藤俊輔や久坂玄瑞らにも刺激をうけ村に帰る。 し…

俳優業だけでなく社会問題にも熱心

「SMAPどうでも」発言後も続く 伊勢谷友介の熱情ツイート

昨年のNHK大河「花燃ゆ」で吉田松陰を演じたことも影響しているのだろうか……。…

防府巡りはココから

おでかけ出張コンシェルジュ

「幕末・維新」ゆかりの地を訪ねて 防府・萩「花燃ゆ」スポット

主人公・文が終の棲家として居を構えた防府市や、吉田松陰の生誕の地である萩市を訪れてみれば、ドラマがいっそう楽しみになること間違いなし! 22日(日)放送予定の「花燃ゆ」第8回のタイトルは「熱血先生、誕生」。安政2(1855)年、野山獄から出獄し、実家の杉家に戻ってきた寅次郎(のちの吉田松陰)。この2年後、文の勧めで寅次郎は杉家の敷地内に松下村塾を開く。そこへ集うのが…

None

二極化・格差社会の真相

政治利用された大河を継続する是非を問う

内容の以前に、そもそも吉田松陰の妹・文を主人公に仕立てる発想自体に無理がある。 なぜなら文自身は歴史上に名を残していない。松陰自身が主人公ならまだしもだったろうが、享年29では大河らしい深みに欠ける。ましてや妹では。 ではなぜ、文だったのか。この間の報道や関係者の話などを総合すると、初めに安倍晋三首相の地元・山口があり、それを前提にリサーチが始まったというのが定説だ…

ベストセラー早読み

「池田屋乱刃」伊東潤著

吉田松陰と東北地方を旅し、松陰死後はその遺志を引き継ぎ若き志士たちを束ねていく宮部鼎蔵。 そして松下村塾四天王のひとりとして将来を嘱望されていながら無念の死を遂げる吉田稔麿。長州藩京都留守居役の重責を担いながら年下の俊才桂小五郎の脇に追いやられ冷や飯を食わされた乃美織江。立場は違えど国難に殉じていった志士たちへの真情あふれる鎮魂歌。 (講談社 1600円+税)…

ひたむきな演技が好評/(C)日刊ゲンダイ

綾瀬はるかに続き大沢たかお…NHK大河は「JIN」頼み?

井上演じる吉田松陰の末娘の文(のち美和子)が主人公の物語。伊之助は松陰の死後、その人望と手腕を買われて松下村塾を託された人物。そもそも文の実姉と夫婦だったが、先立たれ、文と2度目の結婚。要は再婚カップルだ。 伊之助はのちに楫取素彦と名を改め、群馬の初代県令として製糸業や教育の振興に尽力したことで知られる。 ■井上真央を助けられるのか? 大沢の起用理由について、番組…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事