日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「滝川クリステル さん」に関する記事

None

デート発覚 「ごちそうさん」杏&東出昌大の“本当の関係”

東出とは友達以上、恋人未満の関係のようなので、今回の報道を機にどう関係が進むかでしょう」 杏といえば、滝川クリステルと小沢征悦を巡って恋愛バトルを演じたこともあった。その滝クリとは紅白の審査員席で並ぶことになったが、かつての恋敵を気にするそぶりはまったくなかったという。 ドラマはこれから後半がスタート。スクープに背中を押され、放送終了後に電撃婚もある。…

澤も自民党に利用されるのか

打倒蓮舫氏? 澤穂希「自民東京選挙区」から参院選出馬か

これまで滝川クリステルや、菊川怜など「タレント候補」の名前が浮上したが、ことごとく断られたらしい。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が言う。 「澤さんが立候補したら、圧勝すると思います。当選ラインは60万票ですが、軽く100万票を超えておかしくない。自民党は出馬して欲しいでしょう。自民党は東京の選挙区に、毎回、男女1人ずつ擁立している。なのに、現在、出馬が決まっているの…

花嫁になる日は?/(C)日刊ゲンダイ

観月ありさ ギネス更新も気がかりな“アノ社長”との結婚話

『出入禁止の女』の撮影で京都に行ったのは、距離を置くことで頭を冷やす意味もあったのではないか」(芸能ライター) 観月はこれまで、サッカーの永井秀樹選手、歌手の光永亮太、滝川クリステルの弟でモデルの滝川ロラン、そしてつるの剛士、上地雄輔とおバカユニット“羞恥心″を結成していた野久保直樹など多くのオトコと噂になった。しかし、結婚には至らず。交際と破局を繰り返し、学んだこ…

すみれ風メークもバッチリ/(C)日刊ゲンダイ

「ヤマンバ」と指差され…ざわちんの“不遇時代”ママちん告白

元AKB48の板野友美や滝川クリステル風のメークは大受けで、最近は母親も“ママちん”としてテレビに登場している。そのママちんが発売中の週刊誌「女性自身」で娘ざわちんの不遇時代を告白している。 ママちんの本名はアロナさん(44)。フィリピン出身のアロナさんは群馬県で夫と出会い、92年8月にざわちん(本名=かおり)が誕生。しかし、アロナさんは仕事で多忙だったため、娘を3…

菊川怜は? 菊池桃子は? 石田純一は?(左は今井絵理子)

今井絵理子の次は? 噂の芸能人に出馬の意思を聞いてみた

「お・も・て・な・し」の滝川クリステル(38)や、赤十字広報特使などを務めた藤原紀香(44)、フリアナウンサーの安藤優子(57)、女子サッカー元日本代表の沢穂希(37)などの名前も挙がっている。 これに対して野党では沖縄出身でミス・ユニバース世界2位の知花くらら(33)。「オール沖縄」陣営が打診しているといわれる。 もっとも、いずれの所属事務所も立候補を否定。 「出…

菊川怜(左)と松下奈緒

菊川怜「辞退」で囁かれる 松下奈緒の“参院選出馬”情報

出馬すれば選挙区でも比例でも当選確実です」 自民党は元女子サッカー日本代表の沢穂希(37)や滝川クリステル(38)にもダメモトで打診しているらしいが、うまく松下を擁立できればインパクトは比べものにならない。“ゲゲゲー”と驚きの声が上がりそうだ。…

None

渦中の猪瀬知事 この期に及んでコソコソ政治資金パーティー

「すぐに東京五輪の話に移りましたが、滝川クリステルさんのことは『クリステル』と呼び捨て、義足ジャンパーの佐藤真海さんは『チャン』付けだったのが、妙に気持ち悪かった。やたら『トゥモロー』という言葉も連呼していましたね。締めの言葉も、『これからも粉骨砕身、東京のトゥモローを目指して頑張っていく』でした」 よほど振り返りたくない過去があるらしい。 これで会費は2万円。弁…

“円満破局”した滝クリと小沢征悦

滝クリに未練なし? 菜々緒の“嘘”に便乗した小沢征悦の余裕

小沢は長年交際していた滝川クリステル(37)との破局が先月25日に報じられ、31日発売の「女性自身」で直撃された滝川が「そのとおりです。ちゃんと彼とは話し合って、そういうことになりました」と破局を認めていた。その翌日のイベントであることも重々、承知したうえで菜々緒は「小沢さんには最近OKをいただきまして。昨日なんですけど。(返事を)『ちょっと待ってくれ』と言われて…

髪形を変えただけでニュースになるオンナ

華麗人脈と豪華ランチ 石田ゆり子が送る独身私生活のナゾ

石田のほか、滝川クリステル(39)、NHK有働由美子アナ(47)、陣内貴美子(52)、清原和博の元妻の亜希(47)が並び、満面の笑みを浮かべている。 女性セブンによれば、陣内の夫で元プロ野球選手の金石昭人さん経営の高級寿司店だそうで、石田らはランチタイムを貸し切って集まり、特上寿司がバンバン出てくる豪華パーティーになったとか。 昨年はTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役…

畜産農家の牛の世話体験も

観光客訪問は人口の20倍 長崎離島「小値賀島」 の満足度

国内外を問わず観光客にとっては、そういう人と人との生の触れ合いが喜ばれるのかもしれません」(小値賀町観光課) 滝川クリステルが東京五輪の招致スピーチで思い入れたっぷりに語ったことで、「OMOTENASHI」は今や世界の共通語に。しかし、かつては日本のあちこちで、おもてなし文化は根づいていた。この島がすごいのは、すべての島民がそうやって観光客に接することだ。 「マニュ…

「高島・夏目超え」もあり得るか?

元後輩がフリー転身“予言” NHK有働由美子アナの「商品価値」

「現在の女子アナ界では高島彩、夏目三久の2人が推定年収2億円でツートップと言われています(3位は滝川クリステルの1.4億円)が、有働アナがフリーとなったら、いきなり2人を超える可能性があります。なにしろ帯番組を1本持てば、1回100万円として、それだけで年間2億4000万円は堅い。“年齢的にCMは取りづらい”という見方もあるでしょうが、帯番組のキャスターをやる以上…

焦る自民に担ぎ出されるのか

自民不人気の東京で白羽の矢 来夏参院選「滝クリ擁立」情報

「『お・も・て・な・し』の滝川クリステル氏(37)を選挙区から出馬させるよう働きかけています。『一票の格差』を是正する区割り変更で、東京選挙区は次の改選で定数が1つ増えるとはいえ、乱戦が予想されます。ビッグネームを担ぎ出して2議席を奪いたい、というのが都連の本音です」(自民党都連関係者) 東京選挙区の来年改選組は、民主党が蓮舫元行政刷新担当大臣と小川敏夫元法務大臣…

苦労もしてきた

観月ありさの結婚に祝福の声 「酸いも甘いも経験してこの人」

観月は過去、ミュージシャンの光永亮太(34)や、俳優・永井大(36)、滝川クリステルの実弟でモデルの滝川ロラン(35)、タレントの野久保直樹(33)らと噂になったものの、スクープになると交際を辞めてしまうのか、はたまた “飲み仲間どまり”で終わってしまうのか、その後の進展が見られなかった。 しかし、青山氏に関しては、熱愛発覚当時から交際を隠すことなく堂々と付き合い…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事