日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

内田篤人 特集

内田 篤人(うちだ あつと) 1988年静岡県生まれ。ドイツのブンデスリーガ・シャルケ04所属のサッカー選手。2006年にJリーグ・鹿島アントラーズに入団。08年オフには鹿島と4年半の長期契約を結ぶ。10年6月にはFIFAワールドカップ・南アフリカ大会に日本代表として選出されるが、体調不良などの影響で試合への出場はかなわず。10年7月1日に移籍金推定1億5000万円でドイツのブンデスリーガ・シャルケ04へ3年契約で完全移籍。14年6月にはFIFAワールドカップ・ブラジル大会に日本代表として選出され、予選リーグの全試合にスタメンフル出場を果たした。14年10月、シャルケと18年6月までの契約を新たに結んだ。
女性の「ウッチ―ファン」はガッカリ?

内田篤人の“正念場” 結婚発表で私生活充実も長引く右膝痛

サッカー日本代表DFの内田篤人(27、独シャルケ)が25日、マネジメント事務所のサイトで一般女性との結婚を報告した。相手の名前などは明かさなかったが、地元静岡で知り合い、長く交際を続けてきたという。 内田はサッカー界一のモテ男。ドイツにまで女性ファンが押しかけ、女性誌が内田を取り上げると、売り上げが伸びるほどだという。 良き伴侶を得てさらなる躍進を期待したいところだ…

None

シャルケ大健闘もCL敗退 内田篤人は途中出場で存在感示す

日本代表DF内田篤人の欧州CLが終わった。所属するシャルケが、アウェーでのレアル・マドリード戦(日本時間11日早朝キックオフ)を4―3で試合には勝利したが、2試合合計4―5のスコアでベスト8入りを逃した。 試合自体は、シャルケが番狂わせを起こしたと言っていい。しかし際立ったのは、レアルの大黒柱FWクリスティアーノ・ロナウドの勝負強さだった。 シャルケが前半20分に先…

代表復帰はしたものの…/(C)日刊ゲンダイ

シャルケはホームで惨敗 今や内田篤人は欧州では“タダの人”

日本代表DF内田篤人(26)が、欧州CLチェルシー戦(日本時間26日午前4時45分開始)惨敗の“戦犯”となってしまった。 開始早々、内田が攻め上がってポッカリと空いた左サイドを狙われ、ドリブルで突破したチェルシーFWジエゴ・コスタが強烈シュート。これが左CKとなり、チェルシー主将DFテリーがヘディング一発。いきなりの失点に毒気を抜かれたシャルケの選手は浮足立ち、ウィ…

孤軍奮闘した内田 (C)真野慎也/JMPA

内田篤人、アーセナル入り秒読みか…「代表引退」示唆の裏で

各選手が評価を軒並み下げる中、一人だけアップさせた選手が、右SBで孤軍奮闘した内田篤人(26)である。 1次リーグ3試合とも攻守にわたって精力的に動き回り、ドイツやイタリアの専門紙から「世界トップ級の存在感を見せた」と評価されて高ポイントを付けられた。 「W杯前にイングランドの名門クラブへの移籍話が取り沙汰された。これが一気にまとまりそうな状況です」と話すのは欧州サ…

飛び交う「ウッチー!」の歓声/(C)日刊ゲンダイ

内田篤人の代表入り 一番喜んでいるのはメディア関係者?

FW岡崎慎司、大迫勇也、香川真司、清武弘嗣、MF長谷部誠、DF内田篤人、吉田麻也、酒井高徳、酒井宏樹の9選手が1時間半、フィジカル中心の練習メニューをこなした。 練習後にはバックスタンドに詰め掛けたファンにサイン、写真撮影のサービス。選手の中で一番騒がれていたのが、ビジュアル的に人気ナンバーワンの内田である。私服に着替えて練習場を立ち去る時も「ウッチー!」と歓声が飛…

None

屈辱完敗も…シャルケ内田に「低迷ザック・ジャパンの救世主」の声

しかし、自分自身の成長が日本代表のレベルアップにつながると思えば、内田篤人にとっては大収穫だったといえるだろう。 欧州CLグループE組でシャルケ(ドイツ)の相手は、一昨季CL、昨季ELを制覇したチェルシー(イングランド)。オフに名将モウリーニョを引き入れ、持ち前の堅守速攻&絶妙セットプレーに磨きをかけた。その術中にシャルケはハマった。 前半5分に左CKの流れからFW…

近藤春菜に内田篤人も感謝

恋人や妻だけじゃない 身近な「あげまん」はこんなタイプ

ケガから復帰した独ブンデスリーガ・シャルケのDF内田篤人の陰にも、そんな女性がいた。その女性こそ、ハリセンボンの近藤春菜だ。 「春菜は内田の奥さんとも仲がよく、内田が昨年リハビリで日本にいる間は週5ペースで一緒に食事して、タレントならではの明るいトークで内田を笑わせていたそうです。内田はリハビリ中に『たくさん泣いた』とスポーツ誌に語っていますが、そんなつらい状況を笑…

ザルツブルグFW南野(右)と握手する内田

ハリルJにも朗報 シャルケ内田が1年9カ月ぶり戦列復帰

右膝の大ケガで長期離脱中だったシャルケ(ドイツ)所属の日本代表DF内田篤人(28)が、日本時間9日午前5時キックオフの欧州リーグ(EL)のザルツブルク(オーストリア)戦に交代出場。1年9カ月ぶりの戦列復帰を果たした。 0―1で迎えた83分だった。投入された内田は攻守にキレのある動きを見せ、右タッチライン際をスピーディーに駆け上がるシーンもあった。 88分には、ザルツ…

試合前に熊本地震の募金活動を行った巨人坂本(左)ら

ひねくれスポーツ論

わりいことをした罪滅ぼしに募金箱を持ったやつぁ、一人もおるまいな?

東日本大震災が発生してすぐ、はるかヨーロッパのプロサッカーチーム「シャルケ」に所属してピッチを駆け回っていたDF内田篤人が、被災地を励ます言葉を手書きした自分のユニホームを中継カメラに示して見せた。「いつもあなた方と一緒だよ」というメッセージ。なにをイキがりやがって、と思ったやつはいない。スポーツ選手の被災者への純粋な心根が、よく分かった例。 被災地出身の選手だった…

None

J1鳥栖新監督は“鬼軍曹”マガト氏 選手は早くも戦々恐々

シャルケ監督時代には、左腕骨折の疑いで戦列を離れた内田篤人に対し、『ランニングくらいはできるだろう』と言って内田を呆れさせた。また、ボルフスブルクでは、あのおとなしい長谷部が理不尽さにキレて、ピッチから何度も怒鳴り返そうとしたそうです。選手たちもそんな噂を耳にしているから、ぶっ壊されるんじゃないかと、相当ビビっているようです」 ハードワークがチームカラーの鳥栖だが、…

None

成功のヒミツ失敗しないコツ

インフル“最弱”はB型 「かかる病気」は血液型と誕生月でわかる

サッカー界に目を移してみても、海外経験者は中田英寿(38)に始まり、川島永嗣(32)、長谷部誠(31)、長友佑都(29)、内田篤人(27)、吉田麻也(27)、岡崎慎司(29)、清武弘嗣(25)、大迫勇也(25)とO型ばかりだ。 米コロンビア大医療センターが約170万人の患者データをもとにまとめた論文によると、誕生月も病気のリスク要因となる。 妊婦や新生児の健康状態…

大久保嘉人

さすらいのファンタジスタ

W杯メンバーにこれだけは伝えたい

南アで試合に出られなかったウッチー(内田篤人=シャルケ)、1試合の出場にとどまった今ちゃん(今野泰幸=G大阪)、サポートメンバーだった香川(真司=マンU)も悔しさをバネに這い上がってきたんじゃないかな。 彼らには「試合に出たい!」思いを存分にぶつけて欲しいね。 もちろん、大事なのは「ここから」です。選ばれてホッとするんじゃなくて、今からが「本当の勝負」だと気持ちを引…

意外な頭痛のタネが…

ハリル監督自信満々の裏で…日本代表が抱える“頭痛の種”

「右サイドバックのレギュラーDF内田篤人(27)はケガが長引き、今回はメンバーから外れた。酒井宏樹(25)、酒井高徳(24)のドイツ組が右SBのポジションを争う形だが、2人ともパッとせず、日本のアキレス腱となっている。国内組に目ぼしい選手もおらず、指揮官は『高徳以上の選手が(国内に)いれば、明日にでも招集したい』という言い回しをしながら、右SBの人材不足を嘆いてい…

None

離脱中のシャルケ内田がアシカに“餌づけ” ファンは心境複雑

ドイツ・ブンデスリーガ、シャルケ04のDF内田篤人(27)が現地時間12日、雄のアシカ「パリス」の“代父”となった。 といっても、これはシャルケのホームタウンであるゲルゼンキルヒェンにある動物園「ZOOM」との交流イベント。内田は同動物園が誇る欧州最大のアシカプールで、ファンと一緒に“我が子パリス”にエサを与えたのだ。動物園の係員に説明を受けながら、恐る恐るエサの小…

チュニジア戦を前に調整に励む日本代表選手

いよいよ船出のハリル日本 “構想外”に浮上する常連の名前

今のままでは試合勘も失われていき、安泰だった日本代表左サイドバックのレギュラーの座も危うい」 ■イキのいい選手が揃う両サイドバック もうひとり、右サイドバックの内田篤人の立場も微妙だ。 「とにかく右膝の調子が悪く、内田本人も『いつも無理をしている。もう完治はしない』と諦めている。ドイツで筋トレに励み、ここ1年で下半身はかなり鍛え上げられたものの、右太もも裏の肉離れも…

ついに年貢の納め時?

中傷コメントも 長谷部誠の結婚報道に女性ファン“阿鼻叫喚”

<この女ちょっとタイプだとホイホイついていく顔><サッカー専門のプロ彼女だな> 「non-no」の同じコーナーには日本代表DFの内田篤人(26=独シャルケ)も登場していたことから、<ウッチーには相手にされなかったパターンか><うっちーを落とせなかったから長谷部に行ったか>といった心ない書き込みも目立つ。 ハリルホジッチ新監督を迎え、日本代表は3月27日と30日に親…

守備での貢献が光った内田/(C)AP

シャルケが逆転2位でCL16強 内田は圧巻の守備で貢献

ドイツ・シャルケ所属の日本代表DF内田篤人は果敢な攻撃参加が持ち味だが、サイドバックとして欧州チャンピオンズリーグ(CL)を戦うのには、やはり守備力も要求される。 内田はその守備力を、スロベニア・マリボル戦(日本時間11日午前4時45分キックオフ)で存分に発揮。グループリーグG組での“逆転”2位通過を手繰り寄せた。 前節までにG組首位通過はチェルシー(イングランド)…

ゲリング日本代表コーチ/(C)日刊ゲンダイ

アギーレ不在で存在感 “謎の代表ヘッドC”ゲリングの正体

セリエAではここ4試合、疲労困憊で無得点のミランMF本田圭佑(28)、左手首故障のシャルケDF内田篤人(26)などの欧州組にアギーレ体制後、初招集となったG大阪のMF遠藤保仁(34)、MF今野泰幸(31)のブラジルW杯組たち総勢23人が練習メニューを消化したが、この日の合宿ですサプライズがあった。 イングランド人のヘッドコーチ、スチュアート・ゲリング(40)が、日本…

イカルディとハイタッチする長友/(C)AP

復帰のインテル長友フル出場も…現地メディア評は“便利屋”

シャルケの内田篤人(26)が8日のブンデスリーガで左手甲を負傷、骨折の疑いがあるため、14日のホンジュラス戦、18日のオーストラリア戦に代表追加招集される可能性が残っている。 しかし日本代表のアギーレ監督が熱視線を送るのは、右SBなら内田、左SBはFC東京の太田宏介(27)だ。長友は来年1月のアジア杯までにインテルでライバルたちを超える信頼を勝ち取り、“便利屋”のポ…

苦悩続く長友佑都 (C)JMPA/真野慎也

「ベンチ定着」と「セリエA出場停止」 長友を襲う2つの危機

右SBには代表復帰を果たした内田篤人(26)、アギーレ体制で3戦を経験済みの酒井高徳(23)がいる。いまや長友は代表でも、「左で出られないから右で」というわけにはいかないのだ。 「ガゼッタ・デロ・スポルト」などイタリア現地のメディアは現在、復帰間近の長友には一応歓迎ムード。しかしすぐに周囲をうならせるパフォーマンスをすぐ披露しないと、インテルでも日本代表でも「長友な…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事