日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

東海道本線の関連ニュース

新書あらかると

「一九四四年の大震災-東海道本線、生死の境」西村京太郎著

(小学館 810円+税)…

ザッツエンターテインメント

アナログ地図をたっぷり楽しもう特集

例えば東海道編では途中、横須賀線などにも寄り道しながら、新橋駅から神戸駅まで当時の東海道本線の主要な駅名や沿線各地の名物、名所旧跡を紹介しながら、土地の空気感などを66番まで続く歌詞で伝える。本書は、各ページに当時の地図を添えて、その全5集の内容を解説した鉄道本。鉄道史を振り返るとともに、古地図が存分に味わえる一粒で二度おいしいファン必携本。 (朝日新聞出版 15…

GRAPHIC

「最後のブルートレイン」持田昭俊著

東海道本線が全線電化した1956(昭和31)年、東京と博多を結ぶ特急「あさかぜ」が運行を開始。その2年後、国鉄(日本国有鉄道=現JR)は、従来の客車とは一線を画した豪華な新型車両「20系」を同路線に投入する。 夜を連想させる深い青色の車体から、この20系客車はいつしか「ブルートレイン」の愛称で呼ばれるようになった。「あさかぜ」で高い評価を得た20系は、国鉄の寝台列…

中野区から国立市までの中央線沿線の数値がいい

大都市圏なんでも健康ランキング

【脳卒中標準化死亡比】全国でもベストワンの小金井市

これらの市は阪急京都線・京阪本線・JR東海道本線(京都線)沿いにあります。京都市と大阪市の中間に位置する、典型的なベッドタウンです。京都市や大阪市ほどの人混みはなく、かといって決して田舎ではなく、適度な刺激と静けさが両立するエリア。ちょうど東京の中野から国立までと似た環境と言えるでしょう。…

運転シミュレーターで運転士気分

おでかけ出張コンシェルジュ

鉄道博物館とトロッコ列車を堪能 京都は“鉄ちゃん天国”だ

東海道本線などの高速貨物列車として活躍した電気機関車のEF66形と、全国で使われたお馴染みのディーゼル機関車のDD51形がかさ上げ展示されている。下から台車や動力装置の仕組みをのぞけるから、メカ好きにはたまらないだろう。 2階に上がると、運転シミュレーターのコーナーだ。実際に社員が訓練で使用しているもので、新幹線と在来線の2種類あり、運転士の仕事を体験できる。吹き抜…

いすみ鉄道の鳥塚亮社長

語り部の経営者たち

いすみ鉄道・鳥塚亮社長 国鉄マンになりたい!

たとえば静岡からなら……」 そう言って、鳥塚社長は、まるで早口言葉のように、浜松、豊橋を含む20ほどの東海道本線の駅名を一気にそらんじた。 「ずっと言えますから。でも、JRになってからできた新駅が頭に入っていかない(笑い)」 日曜日の朝7時ごろに上野駅に行くと、冬には屋根に雪をたっぷり積んだ夜行列車が到着する。 「『どこから来たんだろう、ああ秋田から来たのか』なんて…

None

街中の疑問

北海道と東北地方に「郵便番号0」なぜ割り当てられた?

そこから、当時の郵便物輸送の主体であった東海道本線や山陽本線などの鉄道線路に沿って西に向かい、一気に沖縄まで南下。その次に、大阪から青森までの鉄道線路に沿って、福井から東北、北海道へと北上していったのです」。 それではなぜ、東京を01からとせず、「10」からとしたのか。これについても理由がある。 「当時の機械の仕組みとして、00、01、02とするより、10、11、1…

平塚駅前

人気住宅地のウソ

【平塚】長所が多く価格は強気

「平塚」駅から「東京」駅までJR東海道本線で1時間10分ほどだから、人によっては「通勤は無理」となるかもしれない。しかし、海が好きな人にとっては、シーサイドの生活と東京勤めの生活が両立できる場所となる。 首都圏には実は海が身近なエリアが多い。しかし、その多くは「ベイサイド」で、「シーサイド」ではない。サーフィンを楽しむことのできる浜辺に近い=シーサイドの住宅地となる…

出版HOT NEWS

「雨降り」「昼飯」「浮気」など全国の“珍地名”を紹介

東海道本線の守山駅前に位置しており、通りを進んでいくと浮気交差点に差し掛かり、浮気郵便局、浮気保育園、そして浮気自治会館などが見えてくる。“浮気を自治”とは意外性があるが、実はこの地名は“うわき”ではなく“ふけ”と読む。 かつてこの地には益須川の伏流水が泉を湧かせており、水蒸気が光に映えて漂う美しいさまが「紫気天に浮かびて雲間に動かず」とうたわれていたという。 “ふ…

「山手線に新駅ができる本当の理由」市川宏雄著

用地はもともとJRの車両基地で、山手線・京浜東北線の線路を東海道本線そばに200メートル移設するなどという離れ業も自分の土地だからできる話なのだ。 公共政策の専門家である著者によれば東京はもともと多極都市。江戸時代は吉原遊郭に対して非公認の「四宿」(品川・板橋・千住・内藤新宿)の岡場所が栄えていた。これが現代では数キロずつずれて渋谷、池袋、上野、新宿になっているとい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事