日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

村本大輔特集

片道25キロを自転車で往復していた

役者・芸人「貧乏物語」

芸人ガリガリガリクソン 自転車で乗り越えた“交通費問題”

コンビ結成前のウーマンラッシュアワーの村本大輔さん、「R―1ぐらんぷり2013」優勝者の三浦マイルドさんらが仲間で、ほぼ毎週、10組ほど集まってました。 ただ、問題がひとつあって。僕の実家は兵庫県伊丹市で、最寄りはJR福知山線の中山寺駅。難波までは大阪駅で地下鉄に乗り換えて40分前後、往復で電車賃が1000円ほどかかる。当時毎月の小遣いは5000円やったから、5往復…

会見する前田旭化成建材社長(左は浅野旭化成社長)

炎上芸人 ニュースを斬る

旭化成の謝罪会見 “失言”を恐れて言葉を選びすぎてる

毒舌と挑発的な口調でおなじみの「ウーマンラッシュアワー」村本大輔(35)。テレビやラジオで過激な発言をすればネット上で即炎上。取材では「『ワイドナショー』は前日に勉強してから挑むので、知識とかなくて薄っぺらいこと言ってます、すいません」と謙虚に語ったが、公の場で挑発の手を緩めることはない。 「炎上芸人」とも呼ばれる村本に、2015年のニュースを斬ってもらった。まずは…

久保純子アナにツッコまれたウーマンラッシュアワー村本(左)

クボジュンからツッコミも ウーマン村本“Mー1王者”に毒舌

この日はお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」も同席し、イベントは村本大輔(35)の独壇場。今年中に片付けたいものを聞かれると、「(M-1グランプリで優勝した)『トレンディエンジェル』。社長の裏の力を使って今年中に片付けていただければ。髪の毛同様、芸能界からも抜け落ちてほしい」と語った。 これにクボジュンは「逆にコレ(話題)を出したことでさらに盛り上がるのでは」と…

負のエネルギーを有効利用?

「負け組のおかげ」ウーマン村本の止まらぬ炎上煽りツイート

11月29日放送の「逃走中」(フジテレビ系)での振る舞いに非難の声が集まり、ツイッターが炎上したウーマンラッシュアワーの村本大輔(35)が“煽りツイート”をますますエスカレートさせている。 番組は、「ハンター」と呼ばれる追っ手から逃げ切って賞金を獲得するというもの。女性ファンに手を出すことを自ら公言するなど「ゲスキャラ」で知られる村本は、この日も“本領”を遺憾なく発…

ペッパーくん(左)に看取られる?

福山雅治も心配…“最後の大物”今田耕司は生涯独身へ一直線

昨年1月には26歳年下のカメラアシスタントとの熱愛を報じられたものの、それ以降は浮いた話はなく、同席した「ウーマンラッシュアワー」村本大輔(34)から「最期を看取るのはペッパーくんかな」とツッコまれる始末だった。現場でインタビューした芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。 「前回のイベントで話を聞いたときはジュニアさんの結婚前だったのですが、『結婚したい』と言いつつ…

愉快な“病人”たち

お笑い芸人 中川パラダイスさん (33) 網膜剥離

2008年9月に養成所で1年先輩の村本大輔とウーマンラッシュアワーを結成。「THE MANZAI 2013」で優勝し、賞品としてテレビ番組「TOKYOラッシュアワー」(フジテレビ系、木曜深夜)の司会を獲得。…

矢口真里(右)はキャラ変待ったなし?

ブログ“炎上”反省の新山千春が好感度上昇で矢口真里が窮地

8月放送の「有田チルドレン」(TBS系)では、「炎上すると、ボンって儲かるんです!」「炎上させてくれる方とのキャッチボールを楽しんでいる感じ」などと、新山と似た発言をするも、共演者でウーマンラッシュアワーの村本大輔(34)からはこの時、「死んでゾンビになっている」「心が死んでやばい状況」と、本気で心配されていた。 10月6日放送の「芸能人は見た目が命!?」(TBS)…

“ファン食い”を公言していた

ストーカー被害に同情の声なし 「ウーマン」村本の自業自得

21日、ツイッターでそうつぶやいたのは「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(34)。 今年3月ごろから仕事現場で待ち伏せるなどのストーカー行為を繰り返した24歳の女子大生がこの日までに逮捕された。村本は「又吉は芥川賞。おれはストーカー。お互いいままでの行いが実りましたな」と、先日、芥川賞を受賞した「ピース」又吉直樹(35)を引き合いに自虐ツイートをしながら「人混み、…

森田悟(左)と大和一孝

お笑いニューウエーブ「解体新書」

元ヒモと借金王が組んだスパローズは“クズネタ”一筋20年

今のお笑い界にはちょっとしたクズブームがあり、「クズ芸人」と称して、平成ノブシコブシの吉村崇やウーマンラッシュアワーの村本大輔が人気を得ている。そんな中、本当のクズ芸人として「今年こそ絶対売れる」と言われ続けて20年目を迎えたのが実力派漫才コンビ、スパローズだ。 11年から2年連続で「THE MANZAI」のワイルドカード決定戦に進出し、3年連続で認定漫才師に選ばれ…

実は及び腰?/(C)日刊ゲンダイ

ベッキーと熱愛報道のウーマン村本 報道陣にゲスキャラ発揮

6日、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」村本大輔(33)が「MAJOR CRIMES~重大犯罪課」のDVDリリース記念公開アフレコに登場。先日の「フライデー」で密会が報じられたベッキー(30)については、「誰のことです? 僕知らないです」とトボけた。それまでもツイッターで「全くなにもない」と交際を否定し、先月30日のラジオ番組でも「知り合い以上、友達未満」と説…

ベッキーを利用したのか/(C)日刊ゲンダイ

ウーマン村本「ベッキー熱愛報道」は“売名” ノブコブ吉村断言

タレントのベッキー(30)に、17万円の高級キャリーバッグをプレゼントされたことを「フライデー」されたウーマンラッシュアワーの村本大輔(33)が、11月2日放送の「サンデージャポン」(TBS系)で、平成ノブシコブシの吉村崇(34)から「売名」と“断罪”された。 番組で吉村は、村本の熱愛報道に言及。「最近落ち目という噂がある」「『THE MANZAI』で新たな優勝者が…

「お笑い芸人」好きを公言/(C)日刊ゲンダイ

菊地亜美 「業界の賄い女」呼ばわりにブチ切れも内心は…?

いや案外、堅いんです」と反論するも、「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(33)から「業界の“まかない”みたいな女」と言われ、援護射撃で勢いに乗った吉村は「『みんなの菊地』。全部言うぞ!」と“恫喝”。「村本さんは優しいですけど、この人(吉村)だけは最低」と敵意むき出しだったが、数多くのバラエティーに出演している菊地。 イジられて「オイシイ」自分に笑いが止まらない!?…

素顔は意外にも…/(C)日刊ゲンダイ

根は小心者…“ゲスキャラ”ハマったウーマン村本「次の一手」

すると村本大輔(33)は「ブログとかツイッターやってます? 始めたら教えてください、炎上させますから」とゲスコメントで応戦。それでも夫妻は「好きなのは『さまぁ~ず』です」。すると村本は、この日MCを務めていた「さまぁ~ず」大竹の妻でフジテレビの中村仁美アナウンサー(34)を睨み、「さてはあなた、身内を連れてきましたね? 家系図を見せなさい」と毒を吐いていた。 女好…

バスター・キートン似/(C)日刊ゲンダイ

ヘタな芸人より芸達者…栗原類は笑わないコメディアン!?

最近ならピースの又吉直樹とか、昨年のTHE MANZAIで優勝したウーマンラッシュアワーの村本大輔に“笑わないコメディアン”の才能は感じますが、それが本物になるかは、これから先の話でしょうね」(前出の放送作家) 大げさなリアクションで、パンパン手を叩いているだけで番組が面白くなるんだったら、それこそ猿でもできる。…

村本大輔と中川パラダイス/(C)日刊ゲンダイ

役者・芸人「貧乏物語」

失恋と“支払い請求”がセットに 「ウーマン」の下積み時代

村本大輔:大阪の昭和初期のアパート2LDKで月3万4000円。住んでいるのは出稼ぎ外国人ばかりで、日当たりも悪くて、ドア開けようとしてノブ自体がとれる。トイレの音も筒抜けで、泊まりにきた女子は近くのコンビニに行きました。家具は近くの女子寮の前で拾ってました。でも、持ち主チェックは必須で。女の子って自分のプリクラを家具に貼るんです。それを確認して、かわいい子のモノ限…

None

網膜剥離で失明寸前だった…「ウーマン」中川の気なる今後

「あと3日遅かったら失明していた」 網膜剥離の手術で一時休養しているお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の中川パラダイス(32)について、相方の村本大輔(33)が先日、そんな話をしていた。 中川は昨年12月初めごろから「目の上が黒い」「日に日に大きくなっていく」などと訴えていたそうだ。「THE MANZAI2013」の優勝で一気にブレークしたこともあり発覚が遅れた…

None

この人物のオモテとウラ

“クズ”キャラなのに…「ウーマンラッシュ」高評価のなぜ?

マシンガントークのボケ担当・村本大輔(33)と「もう無理!」が決めぜりふのツッコミ・中川パラダイス(32)のコンビだ。 結成は08年9月。村本は80年福井県大飯郡出身、県立小浜水産高校中退。吉本興業の養成所・NSC22期生。中川は、81年大阪府大阪市東淀川区出身、府立東豊中高校卒業。NSC23期生。10組以上のコンビ解消を繰り返した村本が、1年後輩の中川に声を掛け、…

None

MANZAI初優勝 ウーマンラッシュアワーの前途多難

結成5年目、ボケの村本大輔(33)、ツッコミの中川パラダイス(32)のコンビで、1回目から3年連続で決勝に進んだ末の優勝だけに、実力が評価されたと言っていい。 確かにお笑いの賞レースをきっかけに大ブレークした芸人はいる。 例えば「キングオブコント」の昨年の覇者「バイきんぐ」は、優勝後に番組やCMなどの出演オファーが殺到。月9000円だった給料が最大で月200万円に…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事