日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「逢坂剛 百舌」に関する記事

ベストセラー早読み

「墓標なき街」 逢坂剛著

テレビドラマ化され、劇場版も封切られた逢坂剛の小説「百舌」シリーズの最新作。千枚通しで延髄をひと突き、相手を即死させる危険な殺し屋「百舌」はまた蘇ったのか。かつて「百舌」と死闘を繰り広げた登場人物たちが新たな事件に挑む。 東都ヘラルド新聞の編集委員・残間龍之輔は、昔の上司でオピニオン雑誌「ザ・マン」の編集長・田丸清明に、殺し屋「百舌」が関わった事件について原稿を書い…

「わたしのミステリー」逢坂剛著

(七つ森書館 1800円)…

None

喜怒哀楽のサラリーマン時代

逢坂剛さん 原作にない悪役でヒットした「MOZU」

まだ若い脚本家でしたが、原作を読んで「逢坂剛なら、こういうキャラクターを書くに違いない」ってつくったんじゃないかな。私は悪役を書くのが好きだし、そういう呼吸を察知したんじゃないかと思うね。あそこまで突き抜けた悪役はなかなか思いつかない。この2人がいなかったら、あんなにヒットしなかっただろうと思います。 こんなことがあるから映像化は面白いですよね。 作家の中には、サラ…

大学入試も第3希望(左は博報堂時代)

喜怒哀楽のサラリーマン時代

逢坂剛さん「天声人語を書きたい」と言って朝日は不採用

1987年に「カディスの赤い星」で直木賞を受賞した逢坂剛さんは、広告代理店・博報堂の元社員。受賞後も10年間はサラリーマン生活を続けた。「MOZU」のタイトルでドラマ化、映画化された「百舌の叫ぶ夜」をはじめ、数々のベストセラーを世に送り出している小説家は、はたして、どんな会社員だったのか。 もともと文章を書くのが好きで、就職のときも文筆ができる新聞、出版を希望したん…

None

喜怒哀楽のサラリーマン時代

逢坂剛さん 作家になるのは簡単、あり続けるのが難しい

None

社長の本棚

「アシスト」代表取締役社長 大塚辰男さん

若い人にも読んでもらいたいですね」 現代小説では、宮部みゆきの「希望荘」や逢坂剛の「百舌シリーズ」などが面白かった。 「ドラマや映画を見てから小説を読むということはしません。DVDに録画してあっても、原作を読んでから見ます。映像が先だと、主人公のイメージができてしまいますから。原作の後に映画などを見る場合は、原作との違いを探して楽しんでいます。結末が違うこともあるか…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事