日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「岩田剛典 高畑充希」に関する記事

映画にCMに引っ張りだこ

恋より仕事の高畑充希 三代目・岩田剛典をソデにした過去

「映画『植物図鑑』で恋人役を演じた、三代目J Soul Brothersのモテモテ男、岩田剛典に対して、打ち上げでは酔いの勢いも手伝って『あんた、私のタイプじゃない』と言い放ったとか。今は男より仕事なのでしょう」(前出の女性誌編集者) 事務所の先輩・石原さとみは山下智久との交際が浮上するなど男性スキャンダルが少なくないが、高畑はしばらくアンパイか。…

出ずっぱりの高畑充希

視聴率は五輪に負けず 「とと姉ちゃん」高畑充希の原動力

朝ドラが始まってからは、6月公開の岩田剛典とのダブル主演映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の宣伝のため、バラエティー番組や情報番組に出演して精力的にPR。今月7日は12月公演開始のミュージカル舞台「わたしは真悟」の制作発表記者会見にも登場し、電車でナンパされたことを告白して話題になった。 CMもワンサカ。チョーヤ梅酒、バファリンルナ、NTTドコモ、かんぽ生命と…

主演映画「植物図鑑」のオフィシャル本も発売

「とと姉ちゃん」好調 高畑充希は映画でも能年玲奈超え?

EXILEとその兄弟グループ・三代目J Soul Brothers(JSB)のメンバーで慶大卒のイケメン岩田剛典(27)を相手に、いわゆる胸キュンのラブストーリーに挑んでいるのだ。 「撮影は朝ドラのヒロインが決定する前から行われていました。くしくも朝ドラの放送と公開時期が重なり、配給会社としては願ったり叶ったり。一昨年には、あまちゃんの能年玲奈と三代目JSBメンバー…

「とと姉ちゃん」で朝ドラヒロイン

大高宏雄の「日本映画界」最前線

2016年の振り返り ベストアクター&アクトレス5人を発表

ダイナミックな目の動きによって、相手役の岩田剛典が次第に翻弄されていくようにも見えた。相手を見つめることは男女の恋愛で欠かせない。映画の中と外に向けた強烈なまなざしは、今年の白眉だ。 2位 柳楽優弥/殴る側が主体の暴力映画の概念を変えた「ディストラクション・ベイビーズ」で殴られ続けるだけの役を、何のてらいもなく演じた。何度殴られても起き上がる。これは柳楽の内面に湧き…

映画「高台家の人々」で生き生き

主演映画が好評 綾瀬はるか“コメディエンヌ”の本領発揮

同日に封切られた朝ドラ現役ヒロインの高畑充希(24)とEXILEメンバー岩田剛典(27)がダブル主演を務める「植物図鑑」(三木康一郎監督、松竹)の興収3億4000万円の首位発進に比べると、上映館数は同じにもかかわらず、3分の1にも満たない成績でパッとしない。 「『植物図鑑』や、ランキング4位の『オオカミ少女と黒王子』が好調なように、若い男女のラブストーリーはここ数年…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事