日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

野上忠興に関する記事

安倍首相は悲願達成か…

最終予想 改憲4党「74議席」…安倍独裁を防ぐアナタの1票

■官邸内は「勝負あった」と余裕シャクシャク 別表は、選挙予想に定評のある政治評論家・野上忠興氏の議席獲得予想の最終版だ。 1人区で自民は23勝9敗。東北は野党と互角の戦いだが、中国・九州はほぼ全勝の勢い。公示前は2ケタ敗戦を覚悟し、最大14敗もあり得るという話がウソのようで、中盤以降は確実に接戦区をモノにしている。 改選2以上の複数区も確実に1議席を確保。東京、千…

3年前のようにはいかない

安倍自民に激震 参院選予想で現有割れ「48議席」の現実味

政治評論家の野上忠興氏の現時点での予想では、自民は現有割れの48議席。公明の13と合わせてギリギリ61議席という結果になった。 ■東北1人区は全敗の可能性も 衆参ダブル選を視野にずっと強気だった安倍首相は、これまで改憲勢力の3分の2獲得や、27年ぶりの自民単独過半数を目指してきたはずだった。ところがここにきてトーンダウンである。 参院選は今月22日公示、来月10日投…

晋太郎氏の番記者だった野上忠興氏と著書

安倍首相の危ない“心と体” すべてを知る政治記者が一刀両断

日刊ゲンダイ本紙で昨年、「安倍家岸家“戦争DNA”研究」を連載した政治評論家・野上忠興氏の最新刊、「安倍晋三 沈黙の仮面」(小学館)が話題だ。 安倍首相の父親、晋太郎氏の番記者だった野上氏は、安倍首相の養育係だった久保ウメさんや同級生、恩師などに徹底取材し、膨大なインタビューメモを残している。それらを基に2冊の著作をまとめているが、最新刊は従来のものとはちょっとテイ…

None

今村復興相失言で更迭 次は稲田防衛相か金田法相か 辞任ドミノが始まった

政治評論家の野上忠興氏はこう言う。 「昨年1月の甘利経済再生相の辞任以降、大臣は誰も辞めていない。1人でも崩れれば内閣がガタガタになるのを恐れてのことでしょうが、さすがに今回は、辞めさせないことが支持率下落につながる恐れがあった。安倍首相が追い詰められたと言えます。こうなると、稲田防衛相や金田法相らがまた失言したり、国会で立ち往生したらどうするのか。もうかばえません…

アリゾナ記念館で慰霊のため海に花びらをまく安倍首相とオバマ大統領

巻頭特集

口を開けば「改革道半ば」 安倍政権4年間の成果ゼロ

■歴史に名を残すためこだわる「初めて」 政治評論家の野上忠興氏がこう言う。 「結局、安倍首相は温めればいいだけのファストフードは作れても、生モノの料理はできないんですよ。4年間で実現させたのは、特定秘密保護法や安保法の成立という自己満足が目的の最悪の法律だけですが、いずれも国会で多数を持っていれば、誰でもできることです。しかし、生きた外交や経済にはてんで弱い。臨機…

4年でこの変貌

2017“激動”先読み

内臓を蝕む“薬漬け” 安倍首相は再び政権を放り投げるのか

ひとつは政権自体の体力、もうひとつは首相自身の体力です」 こう言うのは、安倍を秘書時代から、健康問題も含めウオッチしている政治評論家の野上忠興氏だ。 トランプが次期大統領に決まり、北方領土の進展が見込めなくなったころから、安倍は極度にストレスを募らせている様子。実際、官邸や自民党周辺では安倍の健康不安を疑う“目撃情報”が続出している。 「自民党役員会で、安倍さんはあ…

やりたい放題

巻頭特集

安倍首相の威を借る“ラスボス”二階俊博幹事長の正体

安倍首相の意向を忖度して解散風を吹かせ、同時に自分の求心力や存在感を高めようという狙いなのでしょう」(政治評論家・野上忠興氏) すっかり二階は「大物幹事長」よろしく党を牛耳っているのだが、上にはヒラメ、下にはドーカツの品性下劣な男が、そもそもそんな大層な政治家なのか。 関西政界に詳しいジャーナリストの櫻本幸吉氏がこう言う。 「二階さんは根本的に、自分の選挙と地元・和…

劇的な逆転勝利(万歳する米山氏=央)

巻頭特集

新潟県知事選 安倍内閣の原発政策と謀略に有権者が鉄槌

こうした権力をカサにきて新潟県民をバカにするような動きが、寝た子を起こすことになったのではないでしょうか」(政治評論家・野上忠興氏) ■無党派層が動けば政治は変わる 新潟県知事選の投票率は53.05%と、前回の43.95%から10ポイント近く上昇した。無党派層が選挙に行って怒りの一票を投じれば、巨大権力がどんな汚い手を使っても太刀打ちできないということが証明された。…

森喜朗組織委会長と安倍首相

特集 「小池知事vs自民党」行方と結末

東京五輪に黄信号 森vs小池vs官邸「三つ巴」バトルの裏側

政治評論家の野上忠興氏はこう言う。 「年金や医療費が、どんどん減らされていく中で、なぜ五輪のためだけに巨額の税金を使うのかという世の中の“空気”がある。小池さんの五輪施設見直しに抵抗する森さんは、ますます世論の感覚とズレているように映る。小池さんの強みは、五輪招致や施設計画を決めた当事者ではないことです。『3兆円もかかるのでは都民の理解を得られないのでやめる』と言わ…

キューバでも札束外交

巻頭特集

20年に経済クラッシュ? 安倍総裁任期延長を待ち受ける暗雲

茶坊主たちが結論ありきでアリバイ的に議論してみせるだけなのがミエミエで、これでは独裁体制を確立する以外の何物でもありません」(政治評論家・野上忠興氏) 初日の会合では、額賀派の石井準一参院議員が「人気のある首相だから任期を延ばすと見られないよう、丁寧にやってほしい」と注文した程度で、反対意見は出なかった。 安倍の後見人を気取る高村だけでなく、本部長代理を務める茂木敏…

第3次安倍再改造内閣で予想される顔ぶれ=左表

巻頭特集

“茶坊主”と“お友達”だけ優遇 安倍改造内閣の恐怖人事

ま、安倍さんは、安全保障上の危機感をあおって、国民のナショナリズムが高揚するのを、むしろ好都合とでも思っているのでしょう」(政治評論家・野上忠興氏) 留任閣僚で驚愕なのは石原伸晃だ。都連会長として都知事選に敗れたこともあり、閣僚も交代と噂されていた。「安倍さんが個人的な関係もあり残した」(前出のベテラン議員)とされるが、無能無政策で従順なのも、安倍が伸晃を重宝する理…

巻頭特集

姑息な失政隠し 参院選の争点は消費増税の是非ではない

永田町の非常識には改めて呆れます」(政治評論家・野上忠興氏) これがマトモな感覚というものだ。 それでなくても、この政権は自分の失政を棚に上げるのが得意中の得意だ。非難されると、付け焼き刃の対応をして、今度はそれを売り物にする。民進党の山尾志桜里政調会長が「保育園落ちた。日本死ね」の問題を取り上げたときもそうだ。抱きつき詐欺のように、野党の政策をパクって、自分たちの…

追い詰めはしたが…(当選した和田義明氏=左、敗れた池田真紀氏)

巻頭特集

善戦じゃダメなのだ 衆院補選・野党共闘「惜敗」の絶望

政治評論家の野上忠興氏もこう言う。 「野党は悔しいでしょうが、落胆することはない。町村さんの弔い選挙という自民党が圧倒的に強いはずの選挙で、野党はここまで接戦に持ち込んだ。やり方次第で安倍1強を苦しめることができる。1歩後退した後に2歩進めるべく、むしろ野党は粛々と共闘を深めるべきです」 ■日本人気質を見越した世論懐柔 確かに地震発生まで、安倍自民は追い込まれていた…

敵意むき出しの安倍首相

新党名は「民進党」 野党“現実路線”に安倍首相ストレス増大

安倍政権へのダメージになりますよ」(政治評論家・野上忠興氏) 14日は安倍政権へのダメージとなるニュースがもうひとつあった。来月の京都3区補選で、共産党が独自候補を擁立せず、自主投票を決めたのだ。 もともと京都は共産党が強い地域。比例復活の現職が補選に出馬する民主は、京都府連が「共産党とは共闘しない」方針を早々と打ち出していたため、民主VS共産の戦いになる可能性があ…

これでは内閣支持率が下がらないのも当たり前だ

巻頭特集

閣僚らの暴言、失言を書かない大新聞の腐敗劣化

政治評論家の野上忠興氏も呆れてこう言う。 「丸山議員の『奴隷』発言なんて、海外特派員が聞いたら『この国の民度はどうなっているのか』と腰を抜かすような大失言で、囲み記事で済ますなんておかしい。甘利前大臣は会見時に、秘書について調査結果を出すと明言していた。あれはどうなったのか。新聞はなぜもっと追及しないのでしょうか。『野党共闘つぶし』にしても目に余ります。本来、まと…

まさかの続投

巻頭特集

甘利続投は安倍“お友だち”内閣の命取りになるだろう

安倍さんはその一角でも崩したくないという気持ちが強い」(政治評論家・野上忠興氏) ■「陰謀論」に乗っかる大新聞 安倍首相が自分勝手な非常識で甘利大臣をかばい続けられるのは、大メディアを牛耳っているという自信があるからだろう。ワイロの受け取りを棚に上げ、「ワナだ」「ゲスの極みだ」と自民党幹部が告発者を中傷すると、毎日新聞のコラムが〈告発の意図と手法に疑問〉とこれに乗っ…

品性のなさがますますエスカレート

巻頭特集

首相ブチ切れ答弁の裏の幼児性と反知性、独善主義

各国とも大人の対応で丁重に扱ってくれますから、『首相は頑張っている』という評価につながりやすく、『支持率維持にもってこい』という計算も働いているでしょう」(政治評論家・野上忠興氏) だが、サミット議長国だからと各国の首脳が毎年、参加国全てを訪問していただろうか? 安倍が欧米に出向いたからって、外交的に何かが動くのか? “列強”に肩を並べ、世界の指導者の仲間入りをした…

14年総選挙のようには甘くない

2016年 壊れるのは政権か国民生活か

安倍政権が夢見る「衆参ダブル選で憲法改正」のおめでたさ

政治評論家の野上忠興氏がこう話す。 「そもそもダブル選の話が浮上するのは、参院選が不安なことの裏返しでしょう。それに、ダブルなら圧勝というのはもはや“神話”ですよ。投票率は70%超、中選挙区制で自民党の派閥に活気があり、高度経済成長だったあの時代とは違う。頼みの業界団体も、農業関係や小売業者などは、TPPや軽減税率で自民党に対し冷ややかです。ダブルで関心が高まって…

選挙後は恐ろしいことになる

巻頭特集

怪しい線引きと混乱は空前の「軽減税率不況」を招くだろう

民主党などは『政策の一致が大事』とか言っていますが、選挙に勝たなければ政権が取れず、政策は実現しない」(政治評論家・野上忠興氏) 参院選に向け、無所属の野党統一候補を支援するため、15日に熊本で、共産党が独自候補の取り下げを決めた。こうやって地方では、共産党を含めた野党連携が進んでいるが、中央では相変わらず及び腰だ。民主党を支える連合は、神津会長が共産党との選挙協力…

当確は深夜まで決まらない可能性/(C)日刊ゲンダイ

「落選危機」が伝えられた大物候補16人の最終当落予想

各政党やメディアの情勢調査、政治評論家の野上忠興氏の分析などから本紙が当落を予想したのが別表だ。 自民党の問題大臣たちの多くは、表にない小渕優子前経産相を含め、優位な戦いを進めている。ただし、西川公也農相と松島みどり前法相は最後までもつれそう。 「松島さんは若干ですが優勢です。彼女の選挙区は東京でも下町。もともと自公が強い。松島さん本人の評判はイマイチですが、来春…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事