日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中山泰秀 特集

中山 泰秀(なかやま やすひで)1970年10月14日大阪府生まれ。政治家。2016年、衆議院外務委員会理事に就任。
W選惨敗の“A級戦犯”なのに…(中山泰秀大阪府連会長=写真左)

大阪W選の“戦犯” 中山泰秀議員が府連会長に居座りのア然

一方、国会議員で最高責任者の中山泰秀府連会長(45)はというと、今月中に発足される「府連再生本部」のトップに居座るようだ。先月30日に大阪市内で行われた全体会議で、「大阪自民党の改革にしっかり取り組んでいきたい」とか言っていたが、チャンチャラおかしい。安倍首相がダブル選の候補者に推薦状を手渡した当日に「ホステスをお持ち帰り」して、その現場を週刊誌に押さえられたのが…

本人は「事実無根」とキッパリも

ホステスに続き女性市議も? 不倫疑惑の中山泰秀議員を直撃

クラブホステスとの「お持ち帰り」不倫現場の写真を週刊文春に報じられた自民の中山泰秀衆院議員(45)。大阪府知事、市長のダブル選を控え、地元の最高責任者、党府連会長にまさかの醜聞だが、どうやら普段からお盛んなようだ。 「取材に来る女性記者やキャスターを手当たり次第に食事に誘い、プレゼント攻勢。気を引くのに必死です」(自民党関係者) 中山議員の進撃は止まらず、“身内”の…

自民大阪府連会長も務める中山議員

今度はホステスお持ち帰り 周囲も嘆く中山泰秀議員の“KY癖”

大阪府知事、大阪市長のダブル選のさなか、現場の最高責任者である自民党大阪府連会長の中山泰秀衆院議員が、都内の高級クラブのホステスをお持ち帰りしたと、29日発売の「週刊文春」が報じている。 中山議員は外務副大臣だった1月、「イスラム国」による日本人人質殺人事件の現地対策本部長を務めたが、日本の事務所に「コメを送れ」と命令するなど無能ぶりをアピールしたことが記憶に新しい…

高級クラブの常連だった

中山議員 お持ち帰りホステス在籍店に政治資金から18万円

自民党大阪府連会長の中山泰秀衆院議員が政治資金で六本木の高級クラブの飲食代を支払っていたことが分かった。このクラブには大阪ダブル選挙大敗の原因となった“お持ち帰り事件”のホステスが勤めている。政治資金を使って不倫していたとしたら呆れるばかりだ。 中山氏が代表を務める政治団体「中山泰秀後援会」の政治資金収支報告書によると、平成26年5月29日にこのクラブに18万155…

府連会長の中山泰秀衆院議員

自民・参院大阪選挙区 公募候補めぐる“買収疑惑”が浮上

そこで、公募を口実に北川氏を引退に追い込もうとしているのでは、とささやかれているのです」(大阪府政担当記者) 新たな公認候補として白羽の矢が立っているのは、府連会長の中山泰秀衆院議員に“近しい人”といわれている。すでに「公募内定」なんて声も流れ始めたが、どういう人物なのか。 「大阪出身で村上ファンドの元社員。今は飲食チェーン店の経営者で、資金力は抜群です」(自民党大…

中山議員が府連会長就任後6連敗

宜野湾市長選勝利の陰で 自民大阪府連ひっそり6連敗の深刻

この日投開票された大阪府熊取町長選(24日投開票)でまたまた大阪維新の会に大敗したからだが、これで中山泰秀衆院議員が府連会長に就任してから6連敗。よくもまあ、これだけ負けられるものではないか。 しかも、今度の敗因も「中山議員のせいだ」と言われているから、ホント、懲りないところである。 「今度の選挙で、大阪の首長選としては45年ぶりに自民党公認を出して戦ったんです。大…

安倍首相と中山議員がヒソヒソ

料金値下げの裏で…安倍政権が密かに進める“携帯電話税”

しかし、同会は存続したままで会長の中山泰秀衆院議員は14日、自身のラジオ番組で「税はどこか1カ所からではなく、幅広く徴収するものではないか」と携帯電話税の導入を示唆した。また、中山議員は「総理に携帯電話税を説明したら賛同された」とかいって、同会の参加者を集めていた。これが本当ならば、安倍首相も携帯電話税導入を了承していることになる。 安倍首相が突然、「家計への負担が…

府連会長に就任してから選挙全敗の中山泰秀衆院議員

池田市長選も敗北…自民大阪を潰す中山議員の無責任体質

これで中山泰秀衆院議員が府連会長に就任してからの5選挙は全戦全敗。いまだに会長職に居座り続ける無責任男、中山議員に対し辞任を求める声は強まるばかりだ。 当選した倉田薫氏は自民系候補として前々回の府知事選では松井一郎知事と戦った過去がある。今回は、大阪維新の会の市議らが倉田氏を勝手連的に支援した。つまり、まったく選挙運動は組織化されていなかったことになる。与野党相乗…

None

二極化・格差社会の真相

テロリストへの口実の大安売りだった安倍政権

アンマンからの中継で見た中山泰秀・外務副大臣の憔悴した表情も本物だったと信じたい。 だが、たとえば現時点で、米軍が「イスラム国」支配地域の急襲を決めたらどうなるか。捕らわれの米国人女性救出にとどまらず、2人の日本人の弔い合戦じみた演出がなされた場合、それでも安倍首相は「後方支援はない」と言い続けるだろうか。 許せぬのはあの男の中東歴訪だ。湯川さんは昨年8月、後藤さん…

余裕シャクシャク

都構想反対で共産党とタッグ 自民大阪の本音とふがいなさ

中山泰秀外務副大臣は『都構想のアイデアは私が橋下さんに教えた』とハチャメチャなことを言い、落選中に代表補佐を務めた人材派遣のパソナが進出した淡路島を『都構想に含めるべき』とも言っている。ワケが分かりません」(大阪市政担当記者) 対する維新は4億円を投じて連日、CMをガンガン流し、ホームページにも特設サイトを開設するなど攻勢を強めている。その上、政権与党の自民がこれじ…

None

「誰が漏らしたのか」 中山副大臣が外務省内で“犯人捜し”の愚

現地対策本部長を務めながら、右往左往するだけだった中山泰秀・外務副大臣(44)に、またもや外務省が振り回されている。 事件当時、中山氏は現地の「お荷物」以外の何ものでもなかった。すぐにパニックに陥って職員を怒鳴りつけたり、食事に不満がたまると、日本の事務所に「米を送れ」と命令したり。その一方で、自己宣伝には熱心で中山氏のフェイスブックには自身の映ったニュース番組をア…

2人は浮かばれない

結論ありきか 人質事件検証「有識者懇」にまた首相の“お友達”

しかし、結果的に2人の日本人は斬首され、ヨルダンの現地対策本部で本部長を務めた中山泰秀外務副大臣は、ウロウロしていただけ。なぜ「培ってきたネットワークを駆使して情報を入手」と評価できるのかサッパリ分からない。 宮家氏はまた〈安倍政権の積極的平和主義に基づく中東外交で、『日本はイスラムを敵に回した』という人がいますが、私には理解できません〉(朝日新聞)と言っている。…

同志社大学大学院で教授を務める内藤正典氏

注目の人 直撃インタビュー

イスラム専門家・内藤正典教授が明かす「トルコ政府が用意した人質交換シナリオ」

しかし、問題は中山泰秀外務副大臣を派遣して、現地対策本部がヨルダンにあると宣言したことです。副大臣がいるということで日本のメディアがぶら下がり会見に群がる。マスコミに情報をあげるという極めて永田町的な“アリバイ”を、あんなところでやる必要はなかった。しかも、副大臣が交渉に当たっても何かできたはずがないし、ぶら下がりをやっても交渉のプロセスをしゃべれるはずもない。結局…

ヨルダン滞在中もSNSをせっせと更新/(C)AP

人質事件より食事? 中山副大臣が現地本部から「米送れ」

人質事件の対策本部が置かれたヨルダンから帰国したばかりの中山泰秀外務副大臣のことだ。 中山副大臣は事件の最中、対策本部長の要職に就きながら、ツイッターやフェイスブックにせっせと自分の写真を投稿。「俺、頑張ってるよ」というPR活動に余念がなかった。日本人が2人も殺害され、しばらくは喪に服すのかと思ったら違った。帰国後のツイッターを見ると、今度は<『北方領土フェスティバ…

飯島勲参与と誇らしげにツーショット(フェイスブックから)

5つ星ホテル宿泊…中山外務副大臣が人質事件でやったこと

首都アンマンの“5つ星ホテル”に宿を取り、大使館と行ったり来たりしていた本部長の中山泰秀外務副大臣は、「後藤さん救出の努力を続けていく」と繰り返すばかり。 もともとイスラム国が敵視しているイスラエルと親密な中山副大臣が指揮を執ることに、「相手を刺激する」と疑問の声も上がっていた。中山副大臣の1月19日付のフェイスブックには、エルサレムで内閣官房参与の飯島勲氏と撮った…

ヨルダン国王と会談する中山外務副大臣/(C)AP

湯川さん殺害か 初動から“不倫大使”まで…最悪だった政府対応

加えて、ヨルダンの現地対策本部で指揮を執る中山泰秀・外務副大臣は、イスラム国と敵対するイスラエルと親密で、「日本・イスラエル友好議員連盟」事務局長だった。この人選にも、中東の識者たちは驚いていた。 中東各国に駐在する大使たちも頼りない。駐トルコ大使の横井裕氏は79年に外務省入省後、「チャイナスクール」に所属し、アジア大洋州局中国課長、在上海総領事、駐中国公使などを…

何も分かっていない/(C)AP

日本人殺害予告 安倍政権が事件発生後に犯した“3大失態”

■親イスラエル議員を現地本部に派遣 事件発覚後、政府は安倍首相の中東訪問に同行していた中山泰秀・外務副大臣をヨルダンに派遣した。中山副大臣は首都アンマンの日本大使館内の現地対策本部の本部長に就き、情報収集や現地対応の指揮にあたっている。 安倍政権は「迅速な対応を取った」と考えているのだろうが、チョット待てだ。中山副大臣といえば、イスラム国にとって敵国扱いのイスラエ…

またも庶民イジメ/(C)日刊ゲンダイ

テレビ局は優遇なのに…自民党が画策する「携帯電話課税」

自民党の有志議員らでつくる議員連盟「携帯電話問題懇話会」(会長・中山泰秀衆院議員)が今週、党本部で設立総会を開催。秋の臨時国会をメドに、携帯電話保有者に課税する仕組みの検討を始めたというのだ。 会合では「公共の道路を使っている自動車も税金を払っているわけだから、公共の電波を使っている携帯電話も税金を払うべき」との意見も出たというが、冗談ではない。携帯電話はすでに1…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事