日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

インディアナ州の関連ニュース

勢いづくトランプ候補(左)とピンチのヒラリー候補

支持率逆転 米国で高まる“トランプ逆転勝利”のウルトラC

ポイントは副大統領候補のマイク・ペンス氏(インディアナ州知事)と、終身制の連邦最高裁判事(定員9)のイスだという。 「ペンス氏は狂信的なキリスト教信者。同性婚、中絶、銃規制に大反対するゴリゴリの右で、共和党の権化のような人物です。トランプ大統領に不測の事態が起きれば、ペンス氏が自動的に昇格する。トランプが嫌いでもペンス副大統領には賛成する層がいるのです。一方、法律と…

このふたりで戦う(左がペンス氏)

誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート

トランプの副大統領候補ペンスは無名で無難

米共和党ドナルド・トランプ(70)が副大統領候補に選んだマイク・ペンス・インディアナ州知事(57)は、一言で言えば「無難な人」。トランプは自身が過激で、時に暴言を吐く性格であることを熟知しているからこそ、温厚な保守派の政治家を選んだ。 直前まで副大統領候補として名前が挙がっていたニュート・ギングリッチ元下院議長は15日、フェイスブックで「ペンスは中西部諸州の有権者…

テッド・クルーズ上院議員

仕草で分かる本音と建前

トランプに敗北 撤退表明でクルーズ議員が見せたみじめなほほ笑み

米大統領選の候補者選びに向けた、先週の共和党インディアナ州予備選で、トランプ氏にまさかの大敗を期したテッド・クルーズ上院議員。支持者の前で敗北を認めただけでなく、硬い表情で選挙戦から突然、撤退を表明しました。 「残念ながら」という言葉に支持者が落胆の声を上げると、クルーズ氏はわずかに眉根を寄せ、口をへの字につぐみました。無念な思いから、気分はどん底だったのでしょう。…

陰でヒラリー氏を支える(左がケイン上院議長)

誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート

ヒラリーが選んだ副大統領は堅実に実務をこなす“女房型”

共和党ドナルド・トランプ(70)が選択した副大統領候補マイク・ペンス・インディアナ州知事(57)も、日本ではほぼ無名な政治家だった。2人に共通するのは、派手さはないが堅実に実務をこなす女房型の人物という点である。 実は、筆者はケーンを15年前から知っている。というのも、ケーンが選出されているバージニア州に20年ほど住んだ経験があり、副知事、州知事時代をよく覚えてい…

ケーシック氏

誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート

トランプの副大統領候補に浮上した4人

インディアナ州の予備選で圧勝した共和党ドナルド・トランプ(69)。ライバル候補のテッド・クルーズ(45)とジョン・ケーシック(63)が「戦意喪失」で選挙戦から離脱したため、11月8日の本選挙の顔ぶれはトランプ対ヒラリー・クリントン(68)にほぼ決まった。 次のステップはランニングメート(副大統領候補)の選択だ。これまで、トランプの相方としてはニュージャージー州知事の…

「インディ500」のサーキットで

私の秘蔵写真

キッコーマン茂木名誉会長が語る 想像絶するスピード体験

ちなみに米国側はウィスコンシン州のほか、イリノイ州、インディアナ州、アイオワ州、ミシガン州、ミネソタ州、ミズーリ州、ネブラスカ州、オハイオ州の9州の知事が参加。会長はイリノイ州元知事のジェームス・トンプソンさんが務めています。 毎年、日本と米国で交互に会議を開催。日曜日から火曜日までの3日間、さまざまな話し合いをしています。ただ、会議を始める前、日曜日の日中に催し…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事