日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

みずほフィナンシャルグループの関連ニュース

写真はイメージ

国立大学は定員大幅減…加速する“文学部離れ”何が悪い?

就職の際に文学部出身は不利になるのかと調べたところでも、法学や経済など他学部と比べても大きな差は見られませんでした」(大学ジャーナリストの石渡嶺司氏) 例えば、中央大学の文学部と法学部の昨年3月卒業生の就職先を見ると、「りそなホールディングス」(文10人、法7人)、「みずほフィナンシャルグループ」(文10人、法19人)、「三井住友銀行」(文7人、法7人)となっている…

97年の再来か

12年半ぶり124円台…円安がトリガー引く「国債暴落」の危険度

みずほフィナンシャルグループも三菱UFJも大幅に売り越している。国債の1割を保有する銀行がどんどん売っている。さらに、外国人投資家が円安を嫌って売りはじめたらどうなるか。非常に危険です」(大手金融マン) 「円安誘導」というアベノミクスの副作用が噴き出しはじめている。…

None

行員は不要? メガバンクの「接客」ロボットが取って代わる日

これに対抗するのが、みずほフィナンシャルグループ。7月から導入するのはソフトバンクロボティクスと仏アルデバラン社が共同開発した人型ロボット「Pepper(ペッパー)」だ。 こちらは身長121センチと小学生並みの大きさで、二足歩行はできないもののホイールで移動する。胸元には10.1型のタッチディスプレーが埋め込まれている。頭部にはマイク4台、カメラ2台、3Dセンサー…

相場格言は「落ちる短剣はつかむな!」だが

鉄火場 バーゲン株ハンティング

いくら何でも下げすぎ…「みずほFG」を買っておけ!

みずほフィナンシャルグループ(8411)の株価は2月9日、168円30銭の安値まで売り込まれた。昨年6月1日には280円40銭の高値があった。下落率は40.0%になる。 ちょっと下げすぎではないか。16年3月期の1株利益は26円の予想だ。配当は7.5円を行う。さらに、1株純資産は319円ある。 ■配当利回りは4%以上 この安値水準のPERは6.5倍、PBRは0.5…

こんなOBも(麻生財務相・左と宮崎駿氏)

2017年 業種別「お買い得大学」

学生に人気の「銀行」ならキャリア支援充実の学習院大

「キャリタス就活2017」によると、総合ランキングの1位は三菱東京UFJ銀行で、3位に三井住友銀行、5位にみずほフィナンシャルグループが入っている。3メガバンクの強さが目立つのだ。 まあ、冷静に考えて、3メガの経営が危機に直面するような事態になれば、おそらく日本経済は破綻している。大手企業は軒並み討ち死にしているだろう。やはり銀行が安心だと考える気持ちもわかる。 そ…

もう失敗は許されない

企業深層研究

みずほFG 「One MIZUHO」が挑む3度目のシステム統合

みずほフィナンシャルグループのキャッチフレーズである。これは傘下の銀行、証券、信託が一丸となった結束力を意味するが、世間ではいまだに違った意味で受け止める向きは少なくない。みずほの母体3銀行の間で繰り広げられた主導権争いに対する否定形の「One MIZUHO」だ。 何しろ、母体銀行の軋轢を背景に苦い経験をした。銀行の心臓部である基幹系システムの統合問題で発生した大規…

プロはこう見る 経済ニュースの核心

資産管理銀行統合へ 三井住友信託がみずほに急接近のウラ

みずほフィナンシャルグループ(FG)と三井住友トラスト・ホールディングス(HD)が急接近していると金融界で話題だ。発端は日本経済新聞が1月18日付朝刊の1面トップで「みずほと三井住友トラスト 系列超えて事業統合 傘下の資産管理銀行合併」とスクープしたことにある。この報道に対し両社はまだ決まっていないとコメントしているものの、内容はほぼ既定路線。関係する他の出資者との…

共に仮想通貨に本格参入

損得で答える人生相談

MUFG×みずほフィナンシャル 金融大手グループの待遇は?

一方、みずほフィナンシャルグループは、東京・大手町に本拠を置く金融持ち株会社です。売上高は3兆2153億円。今月、IBMと組んで仮想通貨「みずほマネー」を開発したことを発表しました。 初任給は院卒23万円、大卒20万5000円でピタリ一緒。では、社員の平均年収はどうでしょうか。有価証券報告書によると、MUFGが1132万円、みずほが969万円です。 これらを基に年…

2007年、不二家の窮状を救った

企業深層研究

山崎製パン37年の長期政権 “ポスト延浩”体制に暗雲

騒動がこれ以上こじれ、正田家へ波及することを懸念した財界の重鎮で富士銀行(現・みずほフィナンシャルグループ)の岩佐凱実相談役が仲裁に乗り出した。 結果は喧嘩両成敗。藤十郎は社主に、一郎は代表権のない会長になり、すぐにヤマザキ・ナビスコの社長に出された。社長には藤十郎の長男・延浩が就いた。37歳の若さだった。 この騒動と相前後して、延浩は父とともに池の上キリスト教会で…

None

荒波相場に挑む 稼げる「鉄板」銘柄

「メタップス」ドラえもんの道具もビックリの急成長ぶり

そして先日、同社はみずほフィナンシャルグループと業務提携に向けた基本合意を発表。フィンテック時代における「革新的な決済サービス」を提供する予定だという。将来的にはAI(人工知能)を使って、お金の流れを分析・予測。融資や投資、そして保険などで新商品を開発していくのだろう。 現在はマーケティング主体の事業だが、徐々にファイナンス分野を拡大、そしてその後はそれらの事業資…

佐藤康博社長・グループCEOの肝いり

プロはこう見る 経済ニュースの核心

みずほFG 社長肝いり“佐藤塾”で中堅行員に帝王学を伝授

いわば“佐藤塾”のようなものだ」 みずほフィナンシャルグループ関係者がこう語るのは、同グループが月内にも発表する「次世代リーダー育成プログラム」。5月13日の新中期計画の発表時、佐藤康博社長・グループCEOが「銀行業において、慣行として行われてきた年功序列制度を徹底的に崩す」とぶち上げた施策だ。 対象となる中堅行員は早くも、「自分がリーダー候補に選ばれるかどうか」気…

必要なのかこの人 社外取締役名鑑

本邦初の勝手格付けによる「番付表」

東の大関は元祖女性社外取締役の橘・フクシマ・咲江、西の大関は、みずほフィナンシャルグループ取締役会議長として、役員に厳しく規律を求める立場に就いた大田弘子だ。 社外取締役は売り手市場となり、報酬は大幅に増えた。果たして社外取締役はどのくらいの報酬を得ているのか。各社の株主総会招集通知書をもとにはじいた。17人については連載で詳報したが、これに新たに番付入りした9人を…

プロはこう見る 経済ニュースの核心

「SHARP」と「SMAP」は同じ運命か

再建に向けて今後ともサポートしていく」(佐藤康博みずほフィナンシャルグループ社長)と答えるしかない。 だが、悲しいかな、当のシャープ経営者は蚊帳の外に置かれているようだ。13日にはツイッター上の公式アカウントで、人気グループ「SMAP」の解散報道に寄せて、「Sから始まりPで終わる弊社としては、ドキドキ感がすごい」とつぶやく始末。もはや当事者能力はない。 シャープの仕…

みずほFG佐藤康博社長

必要なのかこの人 社外取締役名鑑

みずほFGなど【大田弘子】売りは安倍官邸との太いパイプ

みずほフィナンシャルグループの取締役会は15年12月18日、政治献金の再開を決議した。三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループも追随。メガバンク3行の政治献金の再開は18年ぶり。いずれも自民党に2000万円を献金した。 みずほFGは社外取締役の大橋光夫(79=昭和電工最高顧問)が自民党の政治資金団体である国民政治協会の会長を務めている。利益…

どうするメガバンク

プロはこう見る 経済ニュースの核心

メガバンク 政治献金再開で問題視される自民党への多額融資

この問題は11月19日の全銀協の佐藤康博会長(みずほフィナンシャルグループ社長)の会見でも繰り返し質問された。 「政治献金は社会貢献の一環というが、多額の融資もそうなのか。政党には資産といっても土地・建物と自動車くらいしかない。しかも自民党の土地・建物に抵当権は設定されていない、いわば無担保融資だ。政治献金が融資の返済に回るようなもので、これでいいのか」という記者か…

None

突然の辞任劇の真相 みずほ頭取を引きずり降ろした“勢力”

持ち株会社みずほフィナンシャルグループの社長は続投する。後任頭取には、旧富士銀行出身の林信秀副頭取(56)を指名した。 昨年、暴力団融資問題が浮上してから、一貫して「辞めるつもりはない」と主張してきたのに、一体何があったのか。 「昨年暮れあたりから様子が変わってきました。周囲に『もう辞めたい』と漏らしはじめたといいます。理由のひとつは、佐藤社長を評価している金融庁の…

None

旧興銀出身、安倍家との縁…みずほ頭取・佐藤康博「権力の源泉」

塚本隆史会長も持ち株会社みずほフィナンシャルグループ(FG)会長にとどまる。経営2トップが「留任」する処分に対し、報道陣から「甘いのではないか」「妥当と思っているのか」と質問が相次ぐと、佐藤頭取は語気を荒らげて「妥当と考えている」と気色ばんだ。 「佐藤頭取は会見で『経営陣は深く反省している』なんて殊勝なことを言っていたが、結局、詰め腹を切らされたのは、みずほ銀行の…

None

大物親分から半グレまで…みずほ「マル暴融資」顧客60人の素性

「親会社のみずほフィナンシャルグループ(FG)の社長で、みずほ銀の頭取を兼ねる佐藤康博氏は取締役会で問題融資の報告書が配られていたのに、『とくに強調されなかった』とトボケていた。こんな子どもじみた言い訳が通用するはずがなく、頭取辞任は免れない。FGの社長に専念ということになるのではないか。おそらく後任は旧富士銀出身の岡部副頭取が就くでしょう」(経済誌記者) ゴタゴ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事