日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「錦織圭 全豪オープン」に関する記事

日本人としては96年ぶりの快挙/(C)AP

全米OPテニス 錦織圭4時間超の死闘を制し「4強」進出

錦織圭(24)が96年ぶりの快挙だ。全米オープンテニス(3日、ニューヨーク)男子単準々決勝で錦織圭はS・ワウリンカ(スイス)をフルセットの末に破り、日本選手として1918年の熊谷一弥以来の4強進出を決めた。 2日前、4時間19分の試合終了が夜中の2時26分の激闘の後だけに、第1セットの錦織の動きはさすがに重かった。「少し疲れていた」と認めるように、ワウリンカに押し込…

トータルコーディネートなら約10万円なり/(C)AP

全豪4強逃すもブーム過熱 “なりきり”錦織はいくらかかる?

テニスの全豪オープンでスタン・ワウリンカ(29)と対戦し、惜しくも全豪4強入りを逃したプロテニス選手の錦織圭(25)だが、昨年からの好成績と世界ランキングの躍進も相まって、グッズの売り上げは絶好調。「ひさびさにテニスでも」「子供にテニスをやらせてみたい」と思いテニスショップに足を運ぶ人も増えている。 錦織は今シーズン、ラケットを新調した。同じモデルの日本入荷は2月下…

世界4位ワウリンカは射程圏内/(C)AP

錦織圭が「世界4位」に現実味 5位から浮上で何が変わる?

20日、全豪オープン1回戦を快勝した錦織圭(25)。22日に予定されている2回戦の相手は世界ランク86位のイバン・ドディグ(30=クロアチア)に決まった。4大大会で4回戦進出がベストという成績なので、3年前は世界ランク9位だった初戦のアルマグロ(29=スペイン)に比べれば比較的楽な相手といえよう。 錦織がドディグに勝って順当に4回戦ぐらいまで勝ち進めば、現実味を増す…

全豪初Vに意欲を燃やす錦織

スポーツ時々放談

錦織圭 今季前半にメジャータイトル欲しいもう一つの理由

錦織圭は前哨戦の決勝で3勝0敗だったグリゴール・ディミトロフに敗退、左臀部の故障再発など不安はあるが、それでも、初のメジャータイトルを狙える第5シード。シーズン前半に念願を果たしたい理由がある。 今年のテニス界は、10年余り続いたロジャー・フェデラーの時代が幕を下ろし、新時代の初年と位置付けられる。メジャー優勝17回のカリスマは、テニス人気を世界に広げてツアー価値を…

None

スポーツ時々放談

どん底錦織 流れを変えられるのはこの人だけ

錦織圭がどん底だ。今年最初のマスターズ、BNPパリバオープンはベスト8止まりだった。大会サーフェスに苦手意識があったから結果はさておき、格下ジャック・ソックにトップ5相手の初勝利を献上した。今季に入って、ここまでの5敗の中身が良くない。 昨年の21敗(58勝)で取りこぼしは大物食いサム・クエリーの43位くらいだったのに対し、今年敗れた5人はすべて世界ランク17位以下…

今季初のグランドスラムなるか

母国開催のデ杯欠場…錦織圭今季に懸ける“27歳の焦り”

テニスの全豪オープン男子シングルスで初戦突破の錦織圭(27・第5シード)は16日の会見で、2月3日開幕(東京)の国別対抗戦デビスカップ(デ杯)1回戦(対フランス)の欠場について改めて説明。「(デ杯の後は)すぐに南米(13日~アルゼンチンOP、20日~リオOP)に行く。体のことも考えながら、デ杯は出ないことにしました。(デ杯で)ケガをしても意味がないので、今回は辞退…

チャン・コーチの功績は大きいが…

スポーツ時々放談

円熟26歳の錦織圭にチャンの「努力の哲学」は必要なのか

錦織圭の今季ツアー第7戦、バルセロナオープンが18日に開幕する。ヨーロッパのクレーシーズンに移っての初戦は全仏オープンにつながる大事な位置づけ。2連覇中の大会に期待は膨らむ。 ■30分も続く“反省会” テニスファンは、先のマイアミオープンのプレーを堪能しただろう。右に左に打ち分ける〈天才錦織〉の自由奔放なワザで決勝に進出した。14年に全米オープンで準優勝しながら、ま…

None

グリーン黙示録

錦織圭の練習ぶりに驚かされた

テニス界にも四大メジャーがあって、その第1戦全豪オープンで錦織圭が活躍した。日ごろテニスは熱心に観戦することはないが、昨年全米オープンで2位になったことを知っていたから、今回はTVの前に座る時間が多かった。その関連で、日ごろの練習ぶりを扱った番組を見て実はびっくりした。 スポーツの練習に楽なものがあるはずはないが、世界ランクの上位に入るには、凄まじい練習を重ねてきた…

坪井保菜美さん(左)と錦織圭はすでに交際5年を超えた/(C)AP

4大大会優勝で電撃発表も…錦織圭 結婚へのカウントダウン

28日、全豪オープン準々決勝で世界ランク4位のワウリンカ(29=スイス)と対戦し、1セットも奪えず敗れた錦織圭(25)。昨年の全豪王者・ワウリンカを倒せば、悲願のグランドスラム制覇がグッと現実味を帯びると同時に、以前から交際している元新体操日本代表の坪井保菜美さん(25)と電撃結婚する可能性があったというのだ。 「昨年までは、錦織が出場する大会で家族と一緒に観戦す…

コート外では昨季以上にストレスがたまりそう/(C)AP

急成長ゆえの“難敵” 錦織圭を待ち受ける「抜き打ちドーピング」

全豪オープンに出場している錦織圭(25)は昨26日の4回戦で世界ランク10位の強豪フェレール(32=スペイン)を相手にストレート勝ち。ワウリンカ(29=スイス)と対戦する準々決勝(28日)にコマを進めた。 錦織の悲願ともいえるグランドスラム制覇まではまだ難敵揃いとはいえ、昨年9月の全米オープン(準優勝)に次ぐ、4大大会でのベスト8は想像以上に「価値」がある。 今季初…

何度も好サーブを放った錦織/(C)AP

全豪オープン 錦織は難敵アルマグロに“粘り勝ち”で好発進

世界ランク5位の錦織圭(25)が20日、4大大会初戦となる全豪オープン1回戦で同69位のニコラス・アルマグロ(29=スペイン)に粘り勝ち、2回戦に駒を進めた。 セットカウントこそ3-0ながら、楽な戦いではなかった。 アルマグロのランキングは昨年5月の全仏オープンで左ヒザを負傷し途中棄権、6月に手術を受け長期休養していた影響が大きい。11年には世界9位となり、4大大会…

プロ野球のキャンプは「4勤1休」、繁華街に繰り出す選手も…/(C)日刊ゲンダイ

全豪第5シードの錦織圭のツアー生活を「野球選手」と徹底比較

錦織圭(25=世界ランク5位)も今週のクーヨン・クラシック(エキシビション大会)が今年2大会目。次戦の全豪OPは、4大大会で日本男子最高の第5シードに入った。注目の大会が終わってからも、11月のツアー・ファイナル出場を目指し世界中を駆け巡る。 錦織は昨年、ATPツアー18大会に出場し68試合を消化。それ以外にダブルス3大会にデビス杯(国別対抗戦)などにも参戦した。…

多彩になったサーブ/(C)AP

錦織圭を現地取材 日本人ジャーナリストが見た「2つの驚き」

テニスのブリスベン国際シングルスでは準決勝で敗れた錦織圭(25)。現地で取材中の塚越亘氏(テニスジャーナリスト)は2つのことに驚いたという。 「ひとつは錦織のサーブです。ジュニアの頃からサーブだけで決まるような単調な試合はあまり好きではなかったこともあるが、サーブに対する意識が低く、欠点でもあった。昨年もサーブミスで何度もチャンスをつぶした。ブリスベンの試合では、準…

錦織圭vsジョコビッチ/(C)AP

ジョコビッチから頂点奪う 錦織圭に必要な4つのポイント

錦織圭(25)は11月のATPツアーファイナル準決勝ではフルセットで負けましたが、当時は右手首の腱鞘炎を抱えていました。まず、万全な状態で試合に臨むことが大前提です。2つ目は、大会中は体力消耗を極力抑えることです。世界ランク5位になったことで、ジョコビッチなどの強豪とはベスト8まで当たらない。下位選手との試合はなるべく早く終わらせる。14年の全英3回戦では、ファ…

テニスだって稼げる/(C)AP

賞金は半年で1.6億円も 錦織圭の“年収”はハンパじゃない

26日に行われた全仏オープンで世界ランク59位の格下相手にまさかの1回戦負けを喫した錦織圭(24)。今月12日に日本人初となる世界ランクトップ10入り(9位)を成し遂げた直後の敗戦に、本人も悔しい思いをしているはず。その一方でファンの間で話題になっているのが錦織の「年収」だ。ある広告代理店関係者が言う。 「プロスポーツで一番稼げるのはメジャーリーガーやサッカー選手と…

None

3勝でデ杯初8強 “歴史の扉”あけた錦織圭に高まる期待

日本が2勝1敗で迎えた最終日は、シングルス2試合が行われ、第1試合では世界ランク18位の錦織圭(24)が、同119位のフランク・ダンチェビッチと対戦。第1セットは6―2とし、第2セットも1―0とリードしたところで相手が腹筋痛で途中棄権。日本は81年に現在の形になったワールドグループで初めてベスト8に駒を進めた。 12年全豪オープンで日本男子としては80年ぶりに4大…

試合後、ワウリンカと握手する錦織

スポーツ時々放談

情報筒抜け 錦織を阻むメジャータイトルと危機管理の陥穽

今年最後のグランドスラム、全米オープンテニスが幕を下ろし、錦織圭はベスト4だった。故障明けの夏に、マスターズで準優勝、リオ五輪で銅メダル、そしてアンディ・マリーを倒しての全米4強は評価に値する。ただ、日本のテニスファンが待望するメジャー制覇の前には、まだ壁が立ちはだかっている。 今年の全米を象徴したのは女子シングルスの優勝者、アンジェリック・ケルバーだ。ケルバーは全…

現在は「3年総額5億円」といわれるが…/(C)日刊ゲンダイ

錦織圭 「日清食品」と所属契約延長合意なら増額いくら?

ツアーを優先した錦織

スポーツ時々放談

裏に協会の閉鎖的人事 錦織はデ杯に戻りたくても戻れない

エース錦織圭を欠いた日本は、初日のシングルス2試合に続き2日目のダブルスも1セットも奪えず惨敗。消化試合で内山靖崇が1勝という結果はともかく、チームとして体裁のない内部事情をさらけ出してしまった。 ■フランス紙記者の疑問 フランスはテレビ局が2局もフルスタッフを送り込むなど、前例のない報道態勢。スポーツ専門紙レキップの記者がこう説明した。 「フランスのデ杯人気は戦…

全豪オープン開幕前日に汗を流す錦織(奥はマイケル・チャンコーチ)

デ杯欠場決めた錦織 日の丸より“ツアー優先”の計算と思惑

錦織圭(27=世界ランク5位)が2月3~5日に行われる男子国別対抗戦デビス杯1回戦(対フランス=有明コロシアム)の欠場を表明したことを受け、対戦国であるフランス人記者はこう言って目を白黒させた。 錦織は2月13日から南米2大会(アルゼンチン・オープン=250シリーズ、リオ・オープン=500シリーズ)に出場するため、「スケジュールがタフ」(本人)とデ杯欠場の理由を説明…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事