日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

矢作兼に関する記事

間違いは誰にでもある(左上から時計回りに中野美奈子アナ、生野陽子アナ、内田嶺衣奈アナ、竹内由恵アナ)

岡副麻希アナだけじゃない 女子アナたちの恥ずかしい誤読

おぎやはぎの矢作兼(45)が昨年1月、「バイキング」(フジ系)で共演していた岡副アナらにこのエピソードを披露するなど、テレビ界では伝説となっている誤読である。 現役のフジテレビアナ、生野陽子(32)にも恥ずかしいエピソードが。映画「ステキな金縛り」の公開初日あいさつで司会を担当した際、なぜか「上映」を「えいじょう」と間違え、登壇した出演者たちから猛ツッコミを受けた。…

矢作からもツッコまれ…

全身タイツむちむち 菊地亜美のルックス変化に視聴者騒然

出演していた、おぎやはぎの矢作兼(45)も気になったようで、「菊地、今体重何キロ?」とツッコミを入れると、菊地は恥ずかしがりながら回答。ただ、音声は伏せられ口元はぼかしがかけられたため、具体的な数値は分からなかった。 野呂との対決は菊地の勝利に終わったものの、視聴者からは<菊地亜美ってあんなに大きかったっけ?>など、体型の変化を指摘する声がネット上に噴出。菊地の体型…

双方とも交際報道を完全否定

有吉は毒舌芸ピンチ…夏目三久“結婚・妊娠報道”の後始末

しかし、この間のワイドショーの沈黙ぶりに「おぎやはぎ」矢作兼は「ホントになんかヤバイやつなんだよ」と語り、さらに、「爆笑問題」太田光は自身のラジオで「オレも変な地雷踏みたくないから、業界怖いからさ……。オレは芸能界で一番好きな芸能事務所は田辺エージェンシーだからね」と意味深なコメントを残している。 ■毒舌キャラが腫れ物扱いに 今週の「文春」「新潮」はそんな夏目が所…

今週グサッときた名言珍言

「“なんでだよ!”って1回練習したんだけど、俺、顔が真っ赤になっちゃって」by 矢作兼(おぎやはぎ)

今週は矢作兼(43)が一度試しに相方の小木博明にツッコんだ過去を振り返った言葉を取り上げたい。 結局、矢作はツッコむことをやめ、「小木、俺はそう思わないよ」と優しく訂正する独特な漫才スタイルが完成した。 このスタイルが象徴するように、おぎやはぎはいわゆる「芸人」という感じがしない。「芸人はかくあるべし」という狭い意味での「芸人らしさ」という固定観念に対し薄ら笑いを…

事務所のプッシュのおかげ?

有吉抜き 年末年始“出ずっぱり芸人”におぎやはぎのナゼ?

さらに言えば、矢作兼単独の出演も4本あり、これを加えるとたけしを抜いてトップに躍り出てしまうのである。 「つい先日、ニホンモニターが発表した『2015年テレビ番組出演ランキング』では1位が国分太一で以下、設楽統(バナナマン)、澤部佑(ハライチ)、加藤浩次、坂上忍、有吉弘行、小島瑠璃子、春日俊彰(オードリー)という順番で、おぎやはぎはベスト20にも顔を出していませんで…

復帰する気なし?

山本の飛び入り謝罪に周到計算 「極楽とんぼ」再共演の舞台裏

山本は開演後、舞台が暗転した瞬間に席に座ったようで、会場の観客に気づかれることなく、相方のコントを見守っていたようだ」(テレビ関係者) そして、終演後、出演者でお笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が「相方(山本)が見に来ている」と明かし、客席にいた山本をステージ上に呼び、踊りながら登壇した山本に、加藤は「おまえサビてないな~」と爆笑。 すかさず加藤は、「まずは謝れ」と促…

女性が喜ぶレストラン選びは朝飯前

“肉食女子”佐々木希を虜にしたアンジャッシュ渡部の「舌技」

これを受け、所属事務所の後輩である「おぎやはぎ」矢作兼(43)が16日放送のラジオで「渡部さんにLINE入れて“この記事、本当?”って聞いたら“ガセです”って(返ってきた)」と話したことから「熱愛否定」となっていた。 が、同誌には渡部が佐々木の1億3000万円ともいわれる自宅マンションに合鍵で入る様子や、佐々木の運転でドライブデートを楽しむ様子が掲載。佐々木の所属事…

おぎやはぎ

放送上「問題ナシ」も…おぎやはぎ悩ます“キモイ発言”の余波

昨年8月22日の放送回で「おぎやはぎ」の矢作兼(43)と小木博明(43)が繰り広げた「思いついたことはキモイだね」「キモイと思ったもんはキモイでいいんでしょ」といった“キモイ発言”に対し、BPOの具体的な論評はこうだ。「政治を風刺することはバラエティーの重要な要素で、正当な表現行為として尊重されるべき」「放送には公共性・公益性が認められ、地方議員として受忍すべき」…

本当に湿疹?(C)日刊ゲンダイ

キスマーク疑惑のAKB川栄に矢作「ダメだよ、生放送前に」

番組のオープニングで、矢作兼が「お知らせがあるの! 川栄がねぇ…川栄を映してよ、ほら!」とカメラを煽ると、首元についた直径3センチ程度の赤い湿疹がアップで映し出され、会場や共演陣が「キスマークだ!」と大騒ぎに。 本人は「マジで? ちょっと違う!」「湿疹、湿疹!」「かゆいですよ~」と否定したが、「6秒くらいでああなるね」と共演の美保純から“追い打ち”をかけられ、矢作…

芸能界きっての人脈を誇るピーター/(C)日刊ゲンダイ

柴咲コウと中田も…ピーター主催パーティーの凄いヒット率

「おぎやはぎ」の矢作兼(43)は、ラジオでピーターとの“混浴体験”を告白。 「ピーターさんとゴルフに行った後、葉山にある屋上ジャグジー露天風呂に入らせてもらったら、後から胸と股間を隠したピーターさんが入ってきて、さらに一緒にラウンドした阿川佐和子さんも合流して」と語っている。 が、良いことばかりではないようで……。 「かつてこの混浴風呂に入った渡部篤郎とRIKACO…

昨年の紅白歌合戦(中央が松岡茉優)/(C)日刊ゲンダイ

おぎやはぎもタジタジ…「あま女優」松岡茉優のお笑いセンス

11日深夜の放送回では、「ヌーブラの変なつけ方」というネタを見た矢作兼(42)が「松岡が女優じゃなかったらやらせてたのになあ~」とつぶやくと、リアクション芸人顔負けの“2度見”を披露。「絶対にやりませんよ!」と真顔で抵抗するも、矢作の「ちょっとやってみたいでしょ?」というフリに「ちょっとだけ試したい」と笑顔で返すなど、抜群のお笑いセンスを見せている。 番組内では「…

スタジオの爆笑を誘う/(C)日刊ゲンダイ

低視聴率「バイキング」 救いはサンドウィッチマンの生中継

15日には水曜MCの「おぎやはぎ」矢作兼(42)が「全員が今ね、視聴率を忘れようとしてる」とネタにすると、20日に放送された「ワイドナショー」では、松本人志(50)が「みんなそれぞれ思いがあってやってるのに、視聴率が悪いだけでどうこう言われるのはまた悪い方向にテレビが向かっている。視聴率は一般の人が知らなくていいことやと思う」と苦言を呈した。 そんな中、光っているの…

None

「バイキング」大惨敗でSMAP中居「フジ昼の顔」案もピンチ?

上層部も頭を抱えていますよ」(同局スタッフ) ■コケのスパイラル 16日放送のバイキングでは、日替わりMCを務めるお笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼が「全員が視聴率を忘れようとしている」なんて“自虐ネタ”で客席の笑いを誘っていたが、局内には笑えない事情があるらしい。 「バイキングはあくまで“中継ぎ”。その後は、SMAPの中居正広をフジテレビの昼の顔に据えようと動いて…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事