日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「安住紳一郎 フリー」に関する記事

二人ともフリーになればウハウハ間違いなし

年明け早々発表か 桝&有働アナ“フリー転身説”再浮上の裏

男性アナとしてはTBSの安住紳一郎以来の快挙で史上2人目の「殿堂入り」。業界で流れる潜在視聴率は10.3%もあり、フリーになればウハウハ間違いなし。 これまでフリー転身説が騒がれたことがあるものの、その度に否定するコメントをして、自らネタにしてきたほど。今回もその類いかといわれているが、さにあらず。 「今回はひょっとするとという雰囲気なんです。年末だというのに、ある…

エースにつられて…/(C)日刊ゲンダイ

日テレ桝アナも便乗? TBS安住アナ「フリー説」の波紋

その筆頭は安住紳一郎(40)。以前からフリー転身説が飛び交っているが、経営陣の容赦ないリストラに、いよいよ危機感を強め、決断するのは時間の問題という情報が駆け巡っている。 もっとも、これだけなら驚くには値しないのだが、「男子アナのエースの安住が動くなら」と日本テレビの人気アナ、桝太一(32)まで浮足立っているという。 「桝は現在、日テレの看板番組『ZIP!』を軌道に…

「NEWS23」新体制で初めての成果か

舛添知事“ナマ糾弾”に賛辞 NEWS23駒田アナの面目躍如

酒にのまれて暴言を吐くだけでなく、先輩の安住紳一郎アナが遅刻の常習犯だとマジ切れするVTRも流れ、ネット上には「駒田 性格が悪い」などとディスる書き込みがあふれる事態になり、“酒乱アナ”の印象を与えてしまった。 世間ではダメキャラが浸透しているわけだが、今回は舛添本人を目の前にし、報道キャスター魂を見せつけた格好。酔った勢いでフリー願望も口にしていたが、遅咲きながら…

帰ってきた古舘伊知郎

今週グサッときた名言珍言

「おしゃべりっていうのは、基本的に発酵物だと思っているんです」by 古舘伊知郎

バラエティー復帰の冒頭の番組は、約20年後輩の安住紳一郎アナとの“対戦”だった。安住は「古舘さんの影響を受けていない同世代の男性アナウンサーはひとりもいない」と言う。今、20~30年前の古舘の実況を見ても斬新な感じがしない。それは「古舘さんが出て以降、みんな古舘さんのモノマネをやってるから」だと。それだけ古舘スタイルが男性アナの定番になっているのだ。 そんな安住は…

「あさチャン!」がよもやの低空飛行/(C)日刊ゲンダイ

「しょせん夜の女王」…“勝ち組アナ”夏目三久に容赦ない陰口

「『あさチャン!』が始まることが決まった時には、安住紳一郎アナが“そうやって外部の人に任せるから、みんな辞めてしまうんだ”と抗議したのは有名な話。そうした批判を封じ込めるには数字の実績が必要ですが、今のままではツライ。これまで夏目が評価された番組は夕方から深夜帯なので、しょせんは朝の顔じゃなくて『夜の女王』なんて陰口を叩かれ始めている」(テレビ関係者) 雑音を封じ…

意外な顔ぶれが…/(C)日刊ゲンダイ

嵐と壇蜜、神田うのと紗栄子も…独占入手「共演NGリスト」

小島慶子と安住紳一郎はTBSの先輩、後輩の関係だが、小島はフリーになってからグラビアで水着になった際、安住にケチをつけられた。 松たか子と寺島しのぶは松の父が幸四郎、寺島は尾上菊五郎で、名門のお嬢さま同士。松の兄・市川染五郎は寺島と交際していたという関係で複雑な感情があるようだ。 最後に同じホリプロに所属する優香と深田恭子だが、深田がオファーがあった生理用品のCMに…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事