日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

武田鉄矢に関する記事

ビックリ?(右段上から武田鉄矢、庄野真代、倉木麻衣)

5人不倫“乙武ショック” 武田鉄矢ら大物タレントも困惑か

武田鉄矢(66)、庄野真代(61)、倉木麻衣(33)、遠藤久美子(37)、川嶋あい(30)といったメンメンだ。実はこの人たち、昨年10月、乙武氏と一緒にCDを出したばかりなのだ。タイトルは「ひとり ひとつ」。 「青年海外協力隊の発足50周年を記念するイメージソングとして発売されました。作詞作曲、プロデュースしたのはロックバンド『アンダーグラフ』のボーカル・真戸原直人…

武田鉄矢も登場

中高年ハマるBSチャンネル「昭和レトロ」ブームの見どころ

BSジャパンで毎週水曜夜8時の「武田鉄矢の昭和は輝いていた」が漫才コンビやすきよ、スーパーカー、ハイセイコーと、昭和を熱くした人、モノ、出来事を毎回ピックアップ。当時をよく知る関係者とともに司会の武田鉄矢が懐かしの秘蔵エピソードトークを展開している。 また、BS朝日「昭和偉人伝」(水曜夜9時)はそのタイトル通り、激動の時代を牽引した著名人たちの波瀾万丈の生き方を振り…

「酒席のお客が成長させてくれた」と語る葉月パル

今だから語れる涙と笑いの酒人生

“盟友”コロッケと芸磨き 葉月パルの下積みショーパブ時代

当時から沢田研二さん、西城秀樹さん、武田鉄矢さんとかやり始めました。 上京後、カラオケスナックで歌マネしたら、昔はそんなことする人が珍しいから、大ウケして。他のお客さんからビールをおごってもらったり、ママさんから「ジュリーのマネしてくれたらタダで飲んでいいからしょっちゅう来て!」とか言われて。そんな店が3軒、4軒と増えて“モノマネの流し”になっていった。 20歳の時…

武田鉄矢

今週グサッときた名言珍言

「なりきろう、龍馬に! なりきろう、おりょうに!」by 武田鉄矢

芸能界屈指の龍馬フリーク、武田鉄矢(65)が寺田屋事件の舞台を訪問。あきれる共演者たちをよそに、歴史の名場面を再現しようと興奮して発したセリフである。 武田の龍馬好きは筋金入りだ。司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んで以来、40年以上のファン。今でこそ龍馬愛好者は多いが、当時はまだ知る人ぞ知る存在。だから18歳の時に初めて龍馬の墓参りに訪れたとき、周囲には誰もおらず墓を…

濱田岳

今週グサッときた名言珍言

「いつフザけてやろうかと、ズッと待ってたんですけど」by 濱田岳

この時も狩野役に扮する濱田は武田鉄矢演じる金八にいつもフザけた態度を取っていた。「話し合おう」と言った金八がひとりで長話をしていると、「それは話し合いじゃなくて説教だ」などと金八にとって痛いところを突くような、ドラマをかき回す存在だった。 第7シリーズは過激なエピソードに頼ることが多く、それに対する金八の弱腰対応が「らしくない」と批判されることも多かった。そんな中で…

None

山本裕典 女狂いで芸能界追放

「カラオケでは得意の武田鉄矢のモノマネで場を盛り上げながらシャンパンをがぶ飲みしていた」(六本木の某クラブママ)というから、第二の人生はホストがお似合いだ。…

できたて味噌でだし茶漬け(峰村醸造)。新潟をPRする高橋遥さん(左)と山田彩乃さん

新・お出かけ紀行

発酵・醸造の町 新潟市を味わう

同エリア内にある「今代司酒造」([電話]025・245・3231)は、武田鉄矢が主演した映画「降りてゆく生き方」(2009年)のロケ地としても登場した酒蔵。予約が必要だが、1人でも蔵人が無料で案内してくれる。全量純米造りの酒蔵は、ここを含めて県内に2~3軒しかないという。 「酒造りは10月半ばからスタートし、半年で1年分造ります。一升瓶にすると5万本分ですね」(9代…

名作のリメークで初主演も大爆死

初主演「セーラー服と機関銃」がコケた橋本環奈の正念場

そのあたりが集客につながらなかった理由では」(前出の映画関係者) 公開初日の舞台挨拶では共演した同郷の先輩・武田鉄矢から本格的な東京進出を勧められ真剣に聞き入っていた橋本。早くもターニングポイントを迎えたようだ。…

大森巡査役が懐かしい鈴木正幸さん

あの人は今こうしている

「金八先生」巡査役の鈴木正幸さん 今は那須で自給自足生活

武田鉄矢が主演し、最高視聴率39・9%を記録したお化けドラマだった。本日登場の鈴木正幸さん(69)は津軽弁の大森巡査役で全シリーズに登場。愛嬌たっぷりの笑顔が親しまれた。今どうしているのか。 ■「完全とはいかないが、半分は自給自足」 「取材? 自宅は栃木県那須町にあるんだけど、こっちに来ていただけますか? 東北新幹線の那須塩原駅までお迎えに行きますよ。直通バスはない…

夫婦役を演じる濱田岳と広瀬アリス

濱田岳ハマった! TV版「釣りバカ日誌」に秋ドラマNo.1評価

初回は武田鉄矢がゲスト出演。実は若い頃スーさんに目を掛けられていたが、釣りでしくじって逆鱗に触れ、左遷させられ、万年係長のまま定年になる朝本を演じた。その昔、バラエティー「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」で共演していた西田と武田を見ていたから、2人の共演を見られて得した気分。さらに、武田と濱田も「3年B組金八先生」で先生と生徒として共演している。そんなふうにサプライ…

None

出版HOT NEWS

著名人の具体例で解き明かすきょうだい不仲の原因

武田鉄矢や村上春樹、宮崎駿などの例も挙げながら、きょうだいコンプレックスを克服する道も探っていく。…

None

観ずに死ねるか

母べえ(2008年 山田洋次監督)

武田鉄矢ではないが、「昭和は輝いていた」という声をよく聞く。果たしてそうだろうか。「昭和」の前半は満州事変(31年)から敗戦までの「15年戦争」の時代だ。衆議院議員の山本宣治は29年に衆院予算委員会で、特高が思想犯を尋問する際に指の間に鉛筆を挟む、三角形の材木の上に座らせて膝に石を置く、逆さまに天井から吊って悶絶させる、竹刀で殴るなどの暴力を行使していると追及した…

左から時計回りに、タモリ、井上陽水、福山雅治

福山に陽水も? 紅白司会タモリ内定で「九州人脈」フル活用

メンバーは多士済々で、男性陣は武田鉄矢、前川清、チューリップ、甲斐よしひろ、CHAGE and ASKA、チェッカーズ、徳永英明、氷川きよしなど枚挙にいとまがない。女性陣も最近はジャズが人気の八代亜紀、松田聖子、浜崎あゆみ、椎名林檎、指原莉乃率いるHKTなど一線級がズラリ。タモリが司会を務める紅白への出演オファーがあれば二つ返事は間違いないだろう。 その上で、「サプ…

山本裕典(左)と綾野剛はその後…

手越祐也、綾野剛…六本木ママが見た“夜の覇王”の最新事情

高級シャンパンばかりを何本もあけ、カラオケでは得意の武田鉄矢さんのモノマネで場を盛り上げまくる。どうやら最近は私の愛する六本木より銀座がお好みみたい> 一時、明石家さんま(60)に代わる「新・六本木の帝王」とまで鳴らした俳優の綾野剛(33)はどうしているのか? <最近はまったく見掛けなくなったわ。六本木での立ちション写真をフライデーされたり、私のコラムで「会員制キャ…

「抱擁写真」で手越が一歩リード

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿2

手越祐也、山本裕典、綾野剛…六本木の“新三羽ガラス” は今

高級シャンパンばかりを何本もあけ、カラオケでは得意の武田鉄矢さんのモノマネで場を盛り上げまくる。あんなイケメンなのにお笑いのセンスもあり、目の前にはテキーラの次に酔いが回るといわれるシャンパンが大量に……。そんなシチュエーションで女の子が落ちないわけがないじゃない。 彼からまったく口説かなくても、結果としてはいつかまた出会ったばかりのキャバ嬢とベッドに入ることになる…

/(C)日刊ゲンダイ

HOT Interview

第34回横溝正史ミステリ大賞を受賞した藤崎翔氏に聞く

以前、武田鉄矢さんがテレビで『自分が絶対正義だと思ってるヤツがいちばんタチ悪い』とおっしゃっていて、まさにそうだなと思ったんです。たった一言の誤解で評価や信念が覆っていく、そんな人間の危うさや集団心理の恐ろしさも楽しんでいただければ」 謎解きの巧みな展開を求められるのがミステリーだが、そこだけにこだわっていない。それぞれの登場人物の生臭い人間ドラマもユーモラスかつ緻…

まげはいつ?/(C)日刊ゲンダイ

ザンバラ髪が女性にも人気 角界ホープ遠藤「全方位調査」

「昔の武田鉄矢くらいの長さが必要(40~45センチ)」(元床山)なのだ。ということは、あと2年は“待った”がかかる計算になる。遠藤は昨年の3月場所が初土俵。出世の早さに髪が追いついてこないのだ。 ■稽古ではいつも泣いていた 相撲を始めたのは、小学1年生。父の吉樹さん(46)が「ドライブに行こう」と嘘を言って連れてきた先が、地元石川県穴水町の相撲教室。気が弱く、いつも…

大森南朋主演ドラマ「LINK」から

西島秀俊「ダブルフェイス」が受賞 WOWOWドラマなぜ面白い?

元警察官で次期首相候補のボディーガードをする主人公、警護される政治家(武田鉄矢)、内部告発によって左遷された女性検事(黒木瞳)、信用金庫の職員(田中麗奈)、IT企業の社長(綾野剛)など8人の人生がさまざまな事件や行動をきっかけに次々と連鎖していく。チープな種明かしモノとは一線を画す見応えのある内容だ。演技派、個性派の役者たちが思う存分に見せ場をつくっている。 次回2…

かけそばブームに疑問を呈したタモリ

プレイバック芸能スキャンダル史

タモリの一言でブーム終焉となった「一杯のかけそば」

また、テレビはフジが同15日から5日間もワイドショー「タイム3」で中尾彬、武田鉄矢らによる日替わり朗読放送「かけそば大特集」を組んだ。作者の栗も一躍売れっ子になり、着流し姿でテレビ出演して自作を読み上げた。 そんなかけそば一色の中、ひとり反旗を翻したのがタモリだった。5月19日の「笑っていいとも!」で「そのころ150円あったら、インスタントのそばが3人前買えたはず」…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事