日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「坂本勇人 結婚」に関する記事

「結婚、したいです」と話した坂本/(C)日刊ゲンダイ

「私生活も考える」巨人新主将・坂本勇人が語った抱負と覚悟

プロ9年目の2015年は阿部の後任として第19代主将に就任する坂本勇人(26)。14年は打率.279、16本塁打、61打点。「打率が中途半端」と振り返る打撃の改造計画、15年中に取得予定のFA権、結婚観などを語った。 ――「打率が低い」と言っていたが原因は? 夏場以降に疲れて、少し経ってからガタッと落ちる。そこを打開できれば、もう少し安定して成績が残せるのになという…

破局説も流れるが…/(C)日刊ゲンダイ

「結婚したい」田中理恵と「夜の首位打者」巨人・坂本のハードル

今年3月に巨人・坂本勇人(25)との交際が報じられた田中に「甘い話が聞かれてますが」という質問が飛ぶと、笑顔がみるみる曇った。これを隣にいた「ロザン」菅広文(37)が「ノーコメントで。そういうコメントは受け付けない」とマネジャーばりに助け舟。その後の質問にも田中は沈黙を守り、最後は菅が「すいませんでした!」と大声で謝っていた。 発売中の写真週刊誌「フライデー」には2…

打撃不振より結婚が気になる/(C)日刊ゲンダイ

「結婚は…」 ファンが気を揉む巨人・坂本の“意味深発言”

巨人の坂本勇人(25)が「1番・遊撃」で先発出場した21日のDeNA戦でも、全て内野ゴロの3タコ。六回からは井端と交代し、ベンチへ下げられた。 最近4試合で13打席連続無安打。前日の練習で、「勇人が精彩を欠いている。本来なら勇人が1番、片岡が2番が理想型だけど現実もある。いい成績を残したこともあったが、それだけに頼って期待していいのか」とこれまでの実績も白紙にする…

5月には巨人戦で始球式/(C)日刊ゲンダイ

巨人関係者は複雑…坂本&田中理恵 「結婚」までの“障害”

巨人の坂本勇人(25)に仰天の熱愛が発覚した。相手はなんと体操の田中理恵(26)。今日発売のフライデーが「今オフにも結婚へ」と報じ、笑顔で互いの頬を寄せ合うツーショットの写真も掲載しているのだ。 これには巨人の球団関係者もブッたまげた。「ウソでしょ!」と頭を抱えたのは営業担当者。 「甘いマスクで独身の坂本はチーム一の人気者。巨人は『プレーヤーズ・デー』と銘打ち、主力…

前田健太

徹底多角解剖でドジャース前田健太をより深く知る

■単独1位 06年の高校生ドラフトには駒大苫小牧の田中将大(ヤンキース)、光星学院の坂本勇人(巨人)ら超高校級が居並ぶ中、広島が単独1位指名。新人年の07年から14年までコーチとして指導した広島OBの山内泰幸氏の話。 「入団時から曲がりの大きいカーブに特徴があって、いいボールを投げていました。ランニングの脚力も新人としてずばぬけていた。当時は体重が70キロほどで細…

日ハム中田は東京遠征のたびにキャバクラをハシゴ

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿2

「白鳥カツオ」の“偽名”使い六本木で飲んでいた巨人某選手

六本木でいうと、最近は若手の坂本勇人クンや沢村拓一クンが有名人だけど、やっぱり頻度が高いのはAクンね。私がファンだから本人の名誉のためにイニシャルにしといてあげるけど、Aクンは実は六本木から徒歩圏内に住んでるの。何がビックリって、彼はいつもTシャツ。しかもピッチピチ(笑い)。 夏ならまだしも、春や秋の肌寒い夜でもTシャツだけ。よほどムキムキの上半身を自慢したいのか…

女性にもモテモテ/(C)AP

日本最強投手「マー君vsダル」徹底比較(上)ダルビッシュ有

■坂本、片岡の証言 交流戦、日本シリーズで2人と対戦した巨人の坂本勇人(25)が言う。 「コントロールは、ダルさんよりマー君の方がいい。ほぼ投げミスをしないので。変化球は落ちる系はマー君、横系はダルさん。直球はダルさんの方が速かった。球速差は5キロまでは違わないだろうけど、威力というか、迫力があるダルさんとの対戦はイヤでしたね」 昨年まで西武に在籍した巨人の片岡治…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事