日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

塚地武雅に関する記事

松重豊

TV見るべきものは!!

「孤独のグルメ」進化あり 目立たず確実に“ドラマ度”高まる

また食堂に至る過程で出会う、市役所職員(塚地武雅)とのやりとりもおかしい。どこから見ても地元民という風貌にもかかわらず、東京からの移住者だという。「都会っぽさが抜けなくて」のセリフに、五郎が口には出さず「抜けてます、抜けてます」とつぶやくのだ。塚地も朝ドラ「まれ」以上のハマリ役だった。 目立たぬよう、しかし確実に“ドラマ度”を高めた今シーズン。まだ見てないなら、お…

ピースの又吉直樹と綾部祐二

コンビ格差どころか…俳優路線も見えてきた「ピース」の好調

すでに俳優としての評価が高い『ドランクドラゴン』塚地武雅、『ネプチューン』原田泰造、カンニング竹山のような朝ドラ俳優への“出世”も、今の2人なら夢ではない。所属の吉本の中で芸人俳優は宮迫博之以来やや頭打ち状態。ドラマや映画にもフィールドを拡大すべく若返りを図っていて、その筆頭が『ピース』の2人になりつつある」(マスコミ関係者) この日のイベント終了後、劇場で2本の公…

「ととのいました」の大流行は5年前

Wコロン、アップルパイン…業界で話題「次に解散するコンビ」

コンビの片方だけが売れて、相方はサッパリというと、真っ先に浮かぶのは今や俳優の座を確立している塚地武雅のドランクドラゴンか、これまた声優・俳優として活躍中の石井正則のアリtoキリギリスあたりか? 「片方だけにしろ、あれだけ売れれば、あえて解散することもないでしょう。オセロのように喧嘩別れするならともかく、売れてない方の相方をいきなり放り出すわけにもいきませんからね…

早々と内々定をもらってしまった

喜怒哀楽のサラリーマン時代

塚地武雅 「仏壇の上にインコ」発言が受け内々定獲得

お笑いコンビ「ドランクドラゴン」のほか、俳優としても定評のある塚地武雅さんは元仏具仏壇メーカー(八木研=本社・大阪)のサラリーマン。将来を嘱望される営業マンであった。 ◇ ◇ ◇ 夢か現実か。僕の夢は、お笑い芸人でした。子どもの頃からドリフやひょうきん族がはじまるとテレビにくぎ付けになり、ダウンタウンさん、とんねるずさん、ウッチャンナンチャンさんが登場していくのを見…

「僕は幸せ者」と塚地さん

喜怒哀楽のサラリーマン時代

塚地武雅 辞めた自分を歓待してくれた古巣の会社に感謝

(おわり)…

会社を辞めていよいよ芸人の道へ

喜怒哀楽のサラリーマン時代

塚地武雅 サラリーマンを辞めて大事なものに気付いた

思いついたネタを書き留めていた手帳は2冊に…

喜怒哀楽のサラリーマン時代

塚地武雅 社会人になれば芸人願望は消えると思ってた

ドランクドラゴン塚地武雅さん

喜怒哀楽のサラリーマン時代

塚地武雅 居酒屋でネクタイを緩める瞬間が楽しかった

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事