日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「芦田愛菜 さん」に関する記事

懐かしい面々がズラリ(右、本人提供)/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

元天才子役・水野哲さん ラーメン店経てカムバックの軌跡

今ならば芦田愛菜チャンや鈴木福クンか。“名子役”“天才子役”と呼ばれるチビッコである。今回登場の水野哲さん(49)もかつて、そんな称賛を一身に浴びた。3歳から16歳までテレビや舞台に出ずっぱりだった。しかし、最近はまったく名前を聞かない。今どうしているのか。 「顔を完全に忘れてもらうのに10年かかりましたね。その間、テレビや舞台にまったく出てなかったんだけど、地下鉄…

本当に10歳児なのか…

演技が上手すぎて? 芦田愛菜のTV露出が減っているワケ

こんな壮大な夢を明かしたのは芦田愛菜(10)。今月上旬に都内で行われたイトーヨーカドー「ランドセル新CM発表会」に出席した際にこう言って周囲の大人をのけ反らせたという。 その愛菜ちゃん、11年放送の連続ドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ系)で初主演を務め、その後はCMに引っ張りだこ。歌手デビューも果たすなど大ブレークしたが、このところ、テレビで見る機会がバッタリと…

萌乃チャンと心クンは先輩2人(右上下)を超えた?

愛菜&福から住田萌乃&寺田心へ 子役2トップ完全世代交代

イトーヨーカドーのCMに起用されるのは2作目で、前作はスター子役の名を欲しいままにしてきた芦田愛菜(11)&鈴木福(11)と肩を並べ、4人でランドセルのCMに出演した。今年6月の話だが、それから半年後には“先輩離れ”を果たし企業の看板チルドレンに成長した。 ■新1年生がターニングポイント CMはオーディション選考ではなく、起用のきっかけは「萌乃さんは『マッサン』、心…

主演の堺雅人(左)と医師協力の和田秀樹氏

ドラマに協力の和田秀樹医師が語る「Dr.倫太郎」の完成度

「病院や関連団体から抗議が殺到した芦田愛菜主演の“明日ママ”以降、コンプライアンスの徹底ぶりは凄まじい」(日テレ関係者)というから、二の舞いを避けるべく万全の態勢で臨んだというわけだ。 いま日本の精神医学の主流は脳のメカニズムを研究し、薬物治療を行う『生物学的精神医学』で、カウンセリングを重視し、ものの見方を変えていく『人間学的心理学』と呼ばれる治療法は傍流だという…

None

TBSドラマ「小さな巨人」初回顔芸大賞は安田顕

素顔は照れ屋さんなのかもしれません」 4月から道産子の愛娘が慶応義塾中等部に入学し、天才子役・芦田愛菜(12)と同級生に。東京での寂しい単身生活とおさらばする安田は、公私ともに充実した春になりそうだ。…

まだ19歳(左)/(C)日刊ゲンダイ

映画デビュー作で「1人3役」こなした女優・青山美郷って?

1日、主演の芦田愛菜(9)、行定勲監督(45)と共に舞台挨拶に登壇。芦田演じる「こっこ」の三つ子の姉を1人で演じるうえでの役づくりについて青山は「一人一人の歴史を役づくりのノートに書いていきました。でも、撮影の中盤から分からなくなっていって、監督からアドバイスをいただいたり、愛菜ちゃんが『こんな時三つ子なら何て言うかなあ?』と言っていたことなども勝手に参考にさせても…

None

私生活もスパイス 杏を成長させた「熱愛報道」と「父との確執」

「半沢直樹の女版」といわれる作品で、「物議を醸している芦田愛菜チャン主演の『明日ママ』の次ということもあり、春ドラマで一番の話題作ですよ」(テレビウオッチャー)。 プライベートが騒がれるのも人気の証し。正月早々、「ごちそうさん」の共演者で夫役の東出昌大(25)との熱愛デートが報じられた。郊外にある東出の実家近くの「島忠」で仲むつまじく買い物する姿はスキャンダルという…

None

フジ「日曜9時ドラマ」撤退決定情報

芦田愛菜(12)と朝ドラ女優のシャーロット・ケイト・フォックス(31)をダブル主演で起用した「OUR HOUSE」(16年4月期クール)から丸1年。来月23日スタートの観月ありさ(40)主演「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の放送終了をもって打ち止めとはあまりに早すぎる。 まあ、たしかに今期の小雪(40)主演「大貧乏」は全話の平均視聴率が4%台という散々な結果…

米国土安全保障省CBPで無人機「プレデター」のパイロット訓練をする大学生

人工知能が変える「5年後の日本」

「AI搭載ロボット」と「サイボーグ兵」が戦争を担う未来

子役の芦田愛菜ちゃん(12)が結婚して子供を産む前には、人間はパソコンを持たなくてもネットとつながっている可能性があるわけだ。また、人間がサイボーグになれば、必要な知識は全てネットから得られ、少なくとも学校で猛勉強を強いられることはもうなくなる。 ■ホーキング博士は自律型ロボット兵器に強い危機感 「戦争をすれば、当たり前ですが、人は死にます。しかし、ロボット兵なら誰…

初舞台で芸妓役に挑戦

ドラマ話題も数字は…剛力彩芽は“初舞台”で成長できるか

今クールは福山雅治や芦田愛菜など人気俳優や女優が主演の連続ドラマが次々と低視聴率を叩き出しているため、剛力ドラマは陰に隠れているが、いったい何が原因なのか。 「シングルマザーという役があまりにも本人のイメージとかけ離れすぎて彼女のキャパを超えてしまっている。奇をてらうよりストーリー展開がしっかりした作品に出続けた方がいいのではないかと思います。しかも、今作のような…

グランプリの清原果耶(左)と大松絵美/(C)日刊ゲンダイ

3万人の頂点に 12歳新人・清原果耶は“第2の吉高”

本人いわく「小さい頃は芦田愛菜で、最近はベッキー似といわれる」。手のひらに3回「人」の文字を書いて臨んだ本番。夢は大きな舞台に立つ女優になることで「目標は……吉高由里子さん……で……す……」。マイクを向けられることに慣れていないため初々しい囲み取材だったが、目力はピカイチ。数年後の朝ドラヒロインの座を見据えたかのような静かな闘志をのぞかせていた。 同事務所のオーディ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事