日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

愛宕神社の関連ニュース

う~ん、重そう/(C)日刊ゲンダイ

私立恵比寿中学 甲冑姿で「今年は飛躍の“エビ年”でした!」

人気急上昇中の8人組アイドルグループ「私立恵比寿中学」が8日、港区内にある愛宕神社で行われたスマホ向けブラウザーゲーム「戦国IXA」のPRイベントに甲冑(かっちゅう)姿で登場した。 メンバー最年長の真山りか(17)は1年を振り返って「今年は飛躍できた楽しい“エビ年”でした。来年は、ミュージックステーションと紅白歌合戦に出られたら」とコメント。愛宕神社には19日から1…

「わが槍を捧ぐ」鈴木英治著

石榑は、才蔵の故郷の愛宕神社に伝わる秘宝「真歌音」を盗み出した男だった。真歌音は人魚の骨でできた小太刀で、身につけたものは不老不死を約束されるという。宮司の娘で幼馴染みの早奈美から真歌音を取り戻すよう頼まれた才蔵は、源左衛門に頼み、龍興と面会の機会を得る。しかし、織田軍が突然、攻め入り、真歌音の行方を聞き出すことができなかった。 明智光秀や福島正則に仕えた槍の名手の…

幸せいっぱいの杏だが…

挙式も終わり幸福絶頂 それでも杏が語らない「実母の存在」

今年の元日に結婚した東出昌大(27)と今月4日に東京・愛宕神社で挙式して以来、初の公の場。新妻らしくエプロンをつけた杏は「余ったお野菜でよくポタージュを作っています」と東出家の食卓では定番であることを明かし、壇上で野菜のポタージュや抹茶ティラミスを手際よく調理。これには共にレシピを考案したイタリアンレストラン「イルギオットーネ」の笹島保弘シェフも「僕らは作っている…

69年国学院大学「神道神職養成講座」の前期講習の受験で

私の秘蔵写真

経営者であり神社の宮司 池田弘氏を導いた“ニーチェの言葉”

■生きる力を得たニーチェの言葉 実家は新潟市にある愛宕神社で、400年以上にわたり宮司を務めてきた家系。長男の私は、小さいころから“お宮の若様”なんていわれていました。しかし、大きくなるにつれ、「なぜ神社を継がなければならないのか」「そもそも神様とはいったい何なのか」と考えるようになり、跡を継ぐかどうか、ずいぶん悩みました。そんなときに心に響いたのが、ニーチェの言…

4日に結婚式を挙げた杏と東出昌大

マスコミは寝耳に水…杏&東出昌大「厳戒挙式」の作戦勝ち

女優でモデルの杏(29)と夫で俳優の東出昌大(27)が4日、東京・港区内の愛宕神社で結婚式を挙げた。 とはいえ、挙式は事前にマスコミには知らされておらず、発覚したのは、杏のモデル仲間で、挙式に招待されたモデルのTAOのインスタグラム。TAOは午後8時過ぎ、インスタに紋付きはかま姿の東出と白無垢姿の杏の写真(写真)を掲載。「杏ちゃん、東出くんおめでとう 末永くお幸せに…

ホームパーティーや家飲みに!

妻の実家やパーティーに 東京駅では買えないGWの「手土産」

愛宕神社の参道中腹にあるチーズ専門店「フェルミエ」。徒歩数分内に虎ノ門ヒルズが立ち、外国人や観光客の注目も浴びている。店内には250~300種のチーズがあり、7割がフランス産。ほか、イギリス、ベルギーなどヨーロッパ各地のチーズが揃う。日本酒・ワインが好きな人や、レストラン用などに重宝されているという。店長のテグレ・ファビアンさんが、この時季においしいチーズを薦める…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事