日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「礒崎陽輔 議員」に関する記事

水島氏は「安保法案に反対する学者の会」の呼び掛かけ人

注目の人 直撃インタビュー

水島朝穂早大教授が危惧 「自衛隊制服組の暴走始まっている」

法的安定性を否定した礒崎陽輔首相補佐官は、法制局参事官になりたいけどなれなかった過去がある。政治家になってから「俺が自民党の法制局長官だ」と威張っている。コンプレックスが議員になってからいびつな形で表れています。 ――安倍首相も同じようにいわれますね。 この政権で重用されている官僚、政治家には同じようなタイプが多い。コースから外れた人が、首相のお友達ということで、序…

民主党の吉良州司元外務副大臣

吉良元副大臣に買春疑惑…東大法から順法精神は消えたのか

吉良は「法的安定性は関係ない」発言で火ダルマになっている礒崎陽輔首相補佐官(57)と名門・大分舞鶴高の同級生。そろって東大法学部に進み、2012年に開かれた舞高の同窓会で同じテーブルを囲んでいる。悪縁はつながるのか、吉良と初当選同期の西村康稔内閣府副大臣(52)も東大法卒。12年に出張先のベトナムでホステスを大量買春し、乱交した疑惑を報じられている。 ■何をやって…

立場が逆転すると信念まで変わるのか

野党時代は「法律守れ!」と絶叫…礒崎首相補佐官の“二枚舌”

3日午後、参院の安保法案の特別委員会に参考人招致された礒崎陽輔首相補佐官。よりによって首相側近の安保法制担当者が、「法的安定性は関係ない」と公言したのだ。それだけでアウトだが、一方でこの男は、野党時代に民主党政権に対し「法律を守れ」と叫んでいたのだからトンデモない二枚舌である。 「発言は看過できない」「彼はこういう発言を繰り返しており、言語道断だ」「自ら辞めるべき重…

磯崎補佐官

仕草で分かる本音と建前

「憲法9条の解釈は変わらない」と眉上げた礒崎補佐官の真意

「法的安定性は関係ない」と言い放ち、安保法案の新たな火種をつくった礒崎陽輔首相補佐官。先週、参院特別委員会に参考人招致され、「軽率な発言でした」と謝罪しました。 某番組であるコメンテーターが「傲岸不遜な人」と評していましたが、別のコメンテーターは「あんなに腰が低い人だったとは驚いた」と言っていました。さて、彼の本音はどこにあったのでしょう。 マイクの前に立った礒崎氏…

None

年内始動の日本版NSC 局長人事“ご破算説”のワケ

すでに安保局長には元外務次官の谷内正太郎内閣官房参与、担当補佐官には参院議員の礒崎陽輔首相補佐官が内定したと報じられていたが、ここへきて、局長人事が“白紙”に戻ったという説が永田町で流れている。 「菅官房長官が難色を示しているそうなんです。局長人事で名前が出てから、週刊誌などで谷内氏の金満ぶりが次々と報じられた。東電や鹿島などの顧問をして月に数百万円の報酬を得てい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事