日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「福士加代子 ワコール」に関する記事

大阪国際女子マラソンでは好タイムで優勝

故障で函館ハーフ欠場 リオ代表福士加代子に吹く“逆風”

リオ五輪女子マラソン代表の福士加代子(34)が右足故障のため、出場を予定していた26日の函館マラソン(ハーフの部)への欠場が決まった。福士は今月中旬まで行った米国合宿からの帰国後、右足を検査。第4中足骨故障のため、大事を取って出場を見送った。 所属先であるワコールの永山忠幸監督は疲労骨折の疑いを「折れていない」と否定した上で、「石橋をたたかせていただく。練習は続け…

大阪国際女子マラソンで優勝した福士に駆け寄る永山監督

五輪確定へ名古屋も走る福士加代子は陸連曖昧基準の犠牲者

福士加代子(33)は、先日の大阪国際女子マラソンで日本歴代7位の2時間22分17秒の好タイムでぶっちぎり優勝。「これでリオ(五輪代表)決定だべ!」と満面の笑みを浮かべたのも束の間、あろうことか、最後の選考レースである1カ月半後の名古屋ウィメンズ(3月13日)に出場するというのだ。 福士は先の大阪国際で陸連設定の派遣基準記録2時間22分30秒を突破。「22分30秒切…

リオは決まりか(右は永山監督)

名古屋欠場でも消えず マラソン福士「リオ切符」への懸念

女子マラソンの福士加代子(33)が、リオ五輪最後の選考会となる名古屋ウィメンズ(13日)に出場しないことになった。 福士は1月の大阪国際で日本陸連設定記録(2時間22分30秒)をクリア、2時間22分17秒で優勝した。しかし、陸連は国内競技会の全レースが終わらなければ代表内定は出せない。福士は代表入りを確実なものにするため、大阪から1カ月半後の名古屋にエントリー。強…

第71回びわ湖毎日マラソン大会での北島選手と石川選手

ケニア人ランナーを売る男

リオの日本男子マラソンは入賞も期待できない

女子は福士加代子(34=ワコール)、伊藤舞(32=大塚製薬)、田中智美(28=第一生命)の6人を派遣する。だが、男子は2時間6分30秒、女子は2時間22分30秒の代表選考設定記録を設けたものの、突破したのは13秒上回った福士のみだ。 6月半ば。この夜も私たちは、東京・新宿の「酒寮・大小原」で会っていた。小林氏は続けた。 「代表選手発表のとき、選手の後ろのパネルにスポ…

名古屋ウィメンズマラソンで五輪出場を決めた田中

スポーツ時々放談

リオ五輪で期待できるのは女子マラソンの田中智美選手

田中の2時間23分19秒は今季の世界13位で、上にいるのはケニア、エチオピアと福士加代子(ワコール)だけ。アフリカの代表は実力通りには出てこないし、賞金のない五輪へのモチベーションも低い。田中が自分を表現すれば表彰台は現実になる。…

武富豊氏は天満屋女子陸上部総監督も務める

メダルか惨敗か リオ五輪のキーマンを直撃

武冨豊氏(日本陸連女子マラソン部長)

このタイムは、日本選手の力を測る上で大きな意味を持っているのです」 ※注1 伊藤舞(31=大塚製薬) 15年世界陸上7位、自己記録=2時間24分42秒 福士加代子(34=ワコール) 11年シカゴ3位、13年世界陸上3位、13、16年大阪国際優勝、自己記録=2時間22分17秒 田中智美(28=第一生命) 14年横浜国際優勝、16年名古屋ウィメンズ2位、自己記録=2時間…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事