日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

銭ゲバ・出演者の関連ニュース

“疑惑の専門商社”の営業は続く (C)日刊ゲンダイ

辞任後も残る疑惑…西川前農相の「鶏卵利権」と貢がれたカネ

説明されなくとも、よく分かったのが銭ゲバぶり。日刊ゲンダイ本紙が掴んだ「鶏卵業界」との蜜月ぶりも尋常じゃない。 一般社団法人「日本養鶏協会」の下部組織、「日本鶏卵生産者協会」は会員の生産者数560人、1億800万羽の加入羽数を誇る。事務所の所在地が両協会と同じの政治団体「日本養鶏政治連盟」の政治資金収支報告書は、西川前農相との浅からぬ関係を物語っている。13年に連盟…

無策を露呈させた安倍外交/(C)日刊ゲンダイ

国際テロ専門家がズバリ 安倍首相の対策は勘違いだらけ

テロリストに身代金を支払うと、相手が強くなるというのも誤解で、論文によると、身代金を払うことで、“銭ゲバ”と見なされたテロ組織が弱体化へ向かうケースもあるという。 さらに論文は、人質を見殺しにすることで、ジャーナリストや援助団体がその地域に行かなくなることを問題視。「軍事ではない心の外交」が止まってしまうことの損失は計り知れず、対立が激化しリスクを増大させるだけだ…

どこへ行っても大人気のふなっしーだが…/(C)日刊ゲンダイ

ふなっしーに何が…? テレビ朝日取材班を“出禁”の舞台裏

ふなっしーは過去に週刊誌に“銭ゲバ”批判をされたことがある。インタビュー取材を申し込んだところ、いきなりメールでギャラを一方的に突き付けたという内容だったが、同じようなトラブルも考えられるのだ。 バンダイに理由を聞くと、「対外的にお伝えする情報ではありません」と回答があった。テレ朝は「取材の過程等については、従来からお答えしておりません」と書面で説明があった。 キャ…

2010年「新党改革」結成会見、右端が山内俊夫元参院議員

公金食い 舛添要一の“卑しき品性”

山内俊夫元議員が舛添知事を酷評「彼は銭ゲバなんだよ」

銭ゲバなんだよ」――。公金タカリ疑惑が続々と明らかになっている舛添要一東京都知事(67)をこう“断罪”するのは、舛添知事が2010年に立ち上げた「新党改革」で事務総長を務めた山内俊夫元参院議員(69)だ。 山内氏は、やはり新党設立に参加した矢野哲朗元参院議員(69)と一緒に、舛添知事らが党の了承を得ることもなく2・5億円ものカネを勝手に借り入れ、政党助成金などで返済…

「タクシードライバー」 発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント  

観ずに死ねるか

タクシードライバー(1976年 マーティン・スコセッシ監督)

仕事仲間から銭ゲバ扱いされている。パランタイン議員の選挙スタッフのベツィ(シビル・シェパード)を口説いてデートにこぎつけるが、連れて行ったのはポルノ映画館。怒って席を立ったベツィはそれ以後面会を拒絶する。失意のトラビスは拳銃を入手するのだった……。 底流にあるのは都会の孤独だ。友人のいないトラビスは街を「掃きだめ」と呼んで嫌悪。ベツィにふられて嫌悪が憎悪になり、パラ…

None

みんなの党・渡辺代表の「江田新党」イジメは1億円惜しさか

ちょっと銭ゲバがすぎますよ」(みんなの党事情通) さすがに、みんなの党の中からも「やりすぎだ」と批判の声が出ているという。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事