日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高橋由に関する記事

原前監督(左)は高橋由の性格を危惧していた

原前監督も危惧 “優等生”高橋由G監督に隠された「優柔不断」

何億円ももらっておきながらあそこが痛い、ここが痛いとロクに練習もしないサボリ魔ですからね>と、厳しい言葉を投げかけているのも、肉体的だけではない高橋由の線の細さ、頼りなさを心配しているからだろう。 こんなエピソードがある。 「食事の店やメニューがなかなか決められないタイプです。なにか相談があって行くと、だいたい『ちょっと待って』と言う。これ、口癖ですね。で、しばらく…

新監督候補の3氏と辞任会見での原監督

混迷する巨人監督人事 “本命”由伸現役続行希望で泥沼の様相

外部からの招聘でOBの江川卓(60)、内部昇格で川相昌弘ヘッドコーチ(51)、そして今季も代打の切り札として結果を残した高橋由伸(40)を抜擢する案だ。 このうち、読売首脳や球団幹部が「理想」と考えているのが、高橋由の就任である。 桃井球団会長に辞意を伝えた原監督が「巨人には新陳代謝が必要」と言ったように、計12年に及んだ原政権でチームにはマンネリ感が生じていた。い…

松井(右)と談笑する高橋由伸兼任コーチ/(C)日刊ゲンダイ

巨人・高橋由兼任コーチが「ベスト体重」キープに秘めたもの

4日、巨人の高橋由伸兼任打撃コーチ(39)が、「コーチ」業をスタートさせた。 最初に選手としてフリー打撃を終えると、ストップウオッチを握ってケージ裏へ。中日から移籍した堂上らに声をかけると、途中からこの日で2日間の巨人キャンプ視察を終えた松井秀喜(40)が合流。 将来の巨人監督の有力候補2人が、談笑しながら打撃練習を見守った。高橋由のコーチ姿について松井は、「ケージ…

監督就任要請を受け取材に応じる高橋由

入団時と状況酷似…またも巨人に翻弄される高橋由の“悲哀”

高橋由伸(40)に一本化された巨人の次期監督候補。さっそく昨20日に都内で初交渉が行われたが、「由伸が幹部候補生なのは誰もが認めるところだけど、来季からということになると本人にとってはまさに青天の霹靂でしょう。一本化という既成事実をつくられ、外堀を埋められてノーとは言えない雰囲気になっている。結局、また巨人に翻弄されるとすれば……ねえ?」とチーム関係者は言うのであ…

None

阿部がNYで急接近…高橋由も気を揉む松井の“後継指名”

巨人の高橋由伸(38)が13日、那覇市で中井や阪神の伊藤らと行っている自主トレを公開した。 4月には39歳。巨人はこのオフ、外野手の新外国人を補強した。レギュラー争いは厳しいが、「開幕スタメン? 当然そこを目指す」と意気込んだ。 昨季は4月に左ふくらはぎを肉離れし、長期離脱。この時、一度は引退を考えたというが、5月に松井秀喜(39)に後押しされて現役続行を決意した。…

マジメな性格の裏には…

大胆な阿部とは対照的…G高橋新監督「慎重かつ臆病」の素顔

多くの問題を抱える巨人の第18代監督に40歳の高橋由伸が就任した。2位に終わったチームは世代交代の過渡期を迎え、戦力は明らかに下降線をたどる。そのうえ、野球賭博事件が発覚して大激震。盟主が屋台骨から揺らぐ中での船出だ。97年のドラフトで自らの意思に反して巨人に入団したといわれる高橋由は今また、現役に強い未練を残しながら、周囲から完全に外堀を埋められる形で火中の栗を拾…

新監督は誕生間近か?

高橋由に「原野球の継承」を押しつける巨人に権藤博氏が苦言

コラム【権藤博の流儀】 巨人が来季の監督として高橋由伸(40)に白羽の矢を立てた。 理由はいろいろとあるのだろうが、球団幹部が盛んに強調しているのは「原野球を継承してくれること」である。 確かに、退任の決まった原監督(57)が残した功績は、これはもう素晴らしいの一言に尽きる。 計12年の監督生活でリーグ優勝7度、日本一が3度。Bクラスが1度だけという成績は、過去の大…

状態のいい打撃を生かす相手は…

限定スタメンも 巨人高橋由に課せられる広島黒田“攻略担当”

今季から打撃コーチ兼任となった高橋由伸(39)については「兼任になって選手としてもさらに良くなった」と目を細めた。 とはいえ、開幕直後に40歳を迎える故障がちのベテランに、“一年通じてレギュラーを張れ”なんて酷な話。そんなことは原監督だって承知している。高橋由にしかできない仕事――。これを求めているというのだ。メジャーからの20億円のオファーを蹴り、米ヤンキースから…

来季は打撃コーチ兼任が決まっているが…/(C)日刊ゲンダイ

若手投手の保護優先 巨人・由伸にプロテクト漏れの可能性

高橋由、矢野……」と話していた。ここにきて、「本当に高橋由が外れるのではないか?」との見方がヤクルト球団内にあるという。 打撃コーチとの兼任が決まっている高橋由伸(39)は28人のプロテクトメンバーに当然入るとみられていた。が、雲行きが変わってきた。 FAで外野の金城が加入。高橋由の代役が務まるかは未知数なものの、高橋由が「28人」の当落線上に追いやられているという…

原監督と話し込む高橋由/(C)日刊ゲンダイ

巨人兼任コーチに就任 “天才”高橋由伸は人を育てられるのか

選手兼任打撃コーチへの就任が決まり、27日に川崎市内のジャイアンツ球場で始まった秋季練習の冒頭、ナインの前で挨拶をした高橋由伸(39)について、「長嶋(茂雄終身名誉監督)さんがその代表例ですが、理屈じゃ説明のしにくいことを平気でやってのけるから『天才』と言われるわけで、この手の人は得てして『感覚派』が多い。選手を教えるときに、腰をブンと回して、バットをピュッと振れ…

今季1号でガッツポーズをする高橋由

巨人は胸中複雑…高橋由“豪快1号”で遠のく「指導者」への道

巨人の高橋由伸(40)が今季1号を放った。 27日の西武戦。4点を追う五回無死一、二塁から、西武・野上の142キロの直球をバックスクリーンに叩き込んだ。 「今年は打てるのかなと不安に思うことはあったが、『1』という数字がついてくれて少しホッとした」とコメント。一時、1点差に迫る3ランに、東京ドームはこの日一番の盛り上がりを見せた。試合に敗れた原監督も「兆しがあるね」…

巨人次期監督は果たしてどっち?/(C)日刊ゲンダイ

松井が本命も…巨人原監督の本音は「後釜に由伸」2つの布石

今季から打撃コーチを兼任する巨人の高橋由伸(39)が昨14日、沖縄・那覇で中井、辻、西武の脇谷、阪神の伊藤隼らと行っている自主トレを公開した。 「コーチ兼任だからってレギュラーを目指していないわけではない」と意気込んだ。4月に40歳になる。「1年でも長く選手ができるように」と話すと、15日のスタッフ会議に「コーチ」として初出席するため、この日のうちに慌しく帰京。会議…

高橋監督の妻は元日テレのアナウンサー

キムタクはゴルフ友達 巨人・高橋由伸監督を徹底解剖

2016年のプロ野球セ・リーグで例年以上に注目されるのは、間違いなく高橋由伸監督(40)率いる巨人だ。采配に影響するという人間性と素顔に迫った。 ■人脈 意外なところでは、キムタクことSMAPの木村拓哉(43)と親交が深い。持病の腰痛対策で通う都内の治療院で知り合った。同じ千葉県出身のスターで意気投合したのか、共通の趣味であるゴルフにも一緒に行く仲。プライベートを明…

2000本を取るか、監督を取るか?

“不惑”で3000塁打達成の高橋由 「2000安打」は何年かかる?

中日・和田が42歳11カ月の史上最年長での偉業を達成した昨11日、札幌ドームでは巨人の高橋由伸(40)が日本ハム戦の四回に二塁打。プロ18年目で通算3000塁打を達成した。 「長くやっているから。これからも積み重ねてチームに貢献できるといいね」とコメントした。 和田の最年長記録を塗り替えるのも高橋由かもしれない。この日2安打で通算1737安打。2000安打まであと2…

ファンの声援に応える原監督/(C)日刊ゲンダイ

「総仕上げの最終章」巨人・原監督が初めて語った“ポスト原”

球団首脳、幹部が公然と次期監督の話題を持ち出すのは普通じゃないが松井秀喜(40)のほかにも今季から兼任コーチに就任した高橋由伸(39)、果ては一塁への完全コンバートで退路を断つ阿部慎之助(35)も「将来の監督候補」として名前が取り沙汰される。 「そういう状況にもかかわらず、原監督は泰然としていました。第1次政権を含めれば、今季で監督生活12年目。7度のリーグ優勝、…

松井秀喜氏、高橋由伸氏と二岡智宏氏

打線沈黙の巨人 二岡氏入閣構想で加速する「高橋由伸監督」

無死三塁と決定的な勝ち越しのチャンスをつかんだ九回も1番・立岡、代打・高橋由、3番・坂本が凡退、1点も奪えなかった。 結局、延長十一回の末にサヨナラ負けを喫した巨人のチーム打率は、.242でついに12球団ワーストに転落。開幕から一向に打開策を見いだせないコーチ陣に対する球団の不満は募る一方で、清水打撃コーチひとりを川相ヘッドコーチ、村田総合コーチがサポートするいびつ…

原監督らとスタッフ会議に臨んだ高橋由/(C)日刊ゲンダイ

松井・由伸が揃って尻込みする巨人監督「非情人事」の歴史

初めて出席した打撃コーチ兼任の高橋由伸(39)について、白石オーナーはこう続けた。 「今年40歳。コーチとして次の世代の若い選手にノウハウを伝授していく責任がある」 原監督は原監督で会議中、「兼任」という難しい立場の高橋由へ全面的に協力するよう他のコーチ陣に呼び掛けたという。 が、コーチとしての“初仕事”を終えた本人は「不思議な感じがした」と繰り返し、オーナーの「将…

代打でしぶとさ発揮/(C)日刊ゲンダイ

しぶとく現役 巨人・高橋由は「代打一振り稼業」が生きる道

巨人の高橋由伸(39)がたった2振りで「代打の神様」に名乗りを上げた。 6日の中日戦で決勝打。5日の試合でも一時逆転となる3ラン本塁打を放ち、原監督も「すごい当たり」と目を細めた。今季は代打で13打点。球団記録まで「あと5」と迫っている。代打打率は・194、今季打率は・222だから、特に代打の成績が突出しているわけではない。打点の多さが勝負強い印象を与えているのだ。…

ポレダ先発もヤクルトに競り負け

巨人散々 ヤクルトに競り負け、由伸に醜聞発覚のWショック

さらには星陵出身の松井と並び、次期監督最有力候補に挙げられる高橋由伸(40)兼任打撃コーチにスキャンダルまで発覚した。9月3日発売の週刊文春に「乱倫なベッド写真」なる記事が報じられているのだ。球界関係者が言う。 「あれだけガードが堅くて用心深かった高橋由の女性問題は意外。でもこう言っちゃなんだけど、原監督だって11年に同じ週刊誌に『巨人・原監督が元暴力団員に1億円払…

当時を伝える日刊ゲンダイ紙面

巨人軍 あの日、あの時、あの事件

元横浜打撃コーチ・高木由一氏が語る 長嶋監督を奈落の底に突き落とした「マシンガン打線」の秘密

巨人はこの年、ドラフト1位で目玉の慶大・高橋由伸を獲得。この試合で初めて松井秀喜、清原和博との「MKT砲」が揃って本塁打を放つ活躍を見せるも、横浜に連夜のサヨナラ負け。長嶋茂雄監督は茫然自失の体で報道陣の取材を拒否した。以降、巨人は38年ぶりのリーグ優勝、日本一まで駆け抜けた横浜の背中を一度もとらえることなく、4位Bクラスに沈んだ前年に続き、3位で2年連続のV逸。長…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事