日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

神原サリー特集

4Kの売れ筋は55インチ(ビックカメラ有楽町店で)

4Kテレビに最新掃除機…「男の家電」は夏のボーナスでゲット

家電コンシェルジュの神原サリー氏も喝采を送りながら勧める。 「近くで見ても映像がキレイだし、大きい画面でも文字が読みやすい。たとえば、パナソニックのビエラCX800シリーズは音声操作ができる機能付き。『電源オン』とか『NHK』とか! もう、暮らしが変わる。家族に喜ばれますよ」 まるで、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の世界ではないか。多くの録画番組の中から見…

コンピューター制御でパンを焼くトースター

白物と黒物が曖昧に…家電のボーダーレス化はなぜ進んだ

家電コンシェルジュの神原サリー氏は、「黒物家電という言葉は、昭和50年代の後半、それまで木目調が多かったテレビが黒色に変わり始めたのを機に生まれた言葉です。それからしばらくして登場したのが、黒物家電に対する白物家電。ご存じの通り、冷蔵庫や洗濯機などの生活家電は、白色の筐体が多かったからです」と言う。 意外にも黒物家電の方が先輩なのだが、白物家電の方が一般的で印象が強…

写真はイメージ

街中の疑問

家電製品のメーカー なくなったら修理はどうなるのか?

企業は“縁起でもない”と思うでしょうが、特に家電業界はこういう時期だからこそ、積極的に“いざという時”についてアナウンスして、少しでも消費者の不安を消す努力をすべきです」(家電コンシェルジュの神原サリー氏) ちなみにヤマダ電機の「家電総合保証サービス」は、メーカーの倒産などで修理不能となっても、保証期間内なら同機種または同等機種を代替品として提供してくれる。ただし有…

小道具も頼りになる(大掃除用の便利グッズコーナー=ビックカメラ池袋本店で)

荒れる年末年始 暴発しない生活力

年の瀬の大掃除 妻を怒らせない「夫と子供の立ち回り方」

日刊ゲンダイで「愛しの家電日誌」を連載中の、家電コンシェルジュで主婦の神原サリー氏も同感だとうなずく。 「我が家ではこの10年ほどは手伝ってくれるようになったけど、子供が小さかったころの年末は大変でした。大掃除やおせちの準備で私が大忙しだというのに、『お昼ご飯なに?』なぁんて聞いてくる。まるで、子供が1人増えたかのよう。仕事で家にいないのならアテにしないし諦めもつ…

洗濯機とエアコンも5月中に買うべし

お金を賢く使うなら「ボーナス前」

【家電】型落ち炊飯器ならほぼ半値で買える

「この時期、家電で一番オトク感が出るのは炊飯器です!」 こう言うのは、家電コンシェルジュで、日刊ゲンダイ本紙好評連載「愛しの家電日誌」の著者、神原サリー氏だ。彼女が続ける。 「炊飯器は、5~6月ごろから各メーカーの新モデルが続々登場します。新米シーズンの秋に向けて例年、7~8月に出そろうため、いわゆる型落ち(前年モデル)が残っていると、この時期に最安値になる確率が高…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事