日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小林美希特集

出版HOT NEWS

夫の些細な言動が妻の殺意を増幅する“恐ろしい真実”

これは、以前新聞やネットで騒がれた話題だが、小林美希著「夫に死んでほしい妻たち」(朝日新聞出版 780円+税)には、夫たちの“ウチに限って”という根拠のない自信を打ち砕く恐ろしい真実がつづられている。 妻が夫に殺意を覚える瞬間は、日常の至るところに隠れている。妊娠中に飲み会に行った、赤ちゃんのオムツを替えない、ゴミ出しだけで家事をしている気になっているなど、男からす…

出版HOT NEWS

安倍政権の待機児童解消政策で保育の現場崩壊が加速!?

小林美希著「ルポ 保育崩壊」(岩波書店 800円+税)では、保育の民間参入がもたらす弊害などを分析しながら、子供たちが置かれた危機的状況についても明らかにしていく。 安倍政権の「待機児童解消加速化プラン」では、2017年度末までに40万人の保育の受け皿をつくり、待機児童の解消を目指すとしている。そのために推進しているのが、保育を民間に頼る“横浜方式”。横浜市は20…

居場所はないのか?

トランプの価値観に支配される生活

グローバル化で増える余剰人員 泡沫社員に大逆転はあるか

労働ジャーナリストの小林美希氏が言う。 「バブル期に大量採用された50代は、経営者からすると『リストラ』したい対象です。経済界が“解雇の金銭解決”を進めようとしてきたのも、この世代をどうにかしたいから。必然的に彼らに対する労働環境は厳しいものになっています。管理職が減っているのは自然な流れでしょうね」 ■拒否すればクビ…では番狂わせも起きず グローバル社会で、年功序…

ガンバレと言われても…(写真はイメージ)

非正規社員の現実

「正社員登用制度あり」は非正規を釣るための“まき餌”

人事戦略として『正社員登用制度』を引き合いに出すと、希望者が集まりやすいのです」(労働ジャーナリストの小林美希氏) 正社員登用制度は、人材集めの“まき餌”なのだ。就職支援の「ジェイック」によると、求人で「正社員登用制度」が多いのは、飲食、アパレル、住宅(工務店、メーカー)、不動産、エンターテインメント、コールセンター、ホテルなどの宿泊施設、ブライダル、製造、輸送、運…

イクメンぶりは控えめに

検証 キレる女たち

夫の死を望む妻の深い闇

「夫に死んでほしい妻たち」の著者で、ジャーナリストの小林美希氏が言う。 「取材をしていて感じるのは、周囲に夫を褒める女性ほど、心の奥底に闇を抱えていることが少なくありません。話をしているうちに『死ねばいいのに』と口に出したりするんです」 幸子さんの夫も、週末限定で家事に協力的だ。週に1回か2回は、5歳の息子を保育園に送っていく。ママ友に「ご主人、協力的でいいわね」と…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事