日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松本潤 映画」に関する記事

None

主演映画対決は上野樹里に軍配…長澤まさみは“美脚戦略”がアダ

公開3週目にしてヒットの目安となる10億円を超え、最終的には20億円も望めるペースです」(興行関係者) 嵐の松本潤とダブル主演。ジャニーズファンの基礎票が見込める好条件に加え、中学時代の同級生と仕事先で再会したのを機に恋愛、結婚というコテコテのラブストーリー。 観客も10代から40代まで女性客がほとんどだが、映画ジャーナリストの大高宏雄氏は、「普通の恋愛映画とは一線…

原作ファンからはブーイング

実写ジョジョ主役も…山崎賢人“引っ張りだこ”のジレンマ

「当初は、嵐の松本潤の主演でプロジェクトが進行していた。ところが、“公称”173センチの松本はどうやっても長身に見えないため、原作者の荒木氏が『イメージに合わない』とダメ出し。山崎に白羽の矢が立ったようです」(出版関係者) そんな山崎だが、気づくと主演作はなぜか実写化作品ばかり。昨年から出演した映画だけでも、「ヒロイン失格」「orange」「オオカミ少女と黒王子」…

ジャニーズにとってもドル箱に?

視聴率トップ独走 松本潤主演「99.9」は第2の「HERO」か

春ドラマでトップを走っているのは松本潤主演「99.9─刑事専門弁護士─」(TBS系)。難事件に挑む弁護士もので初回15.5%、2回目19.1%で3ポイント以上もアップした。勝因は事件解決の糸口が意外で、ジャニーズのタレントの事件ものにしては詰めがしっかりしていることだ。 「1話完結で物語の構成がよくできている。起訴されると99.9%有罪になるのにその0.1%に賭けて…

ルックスと演技力は申し分ないが…

冬ドラ女優“辛口”通信簿

「いつ恋」1ケタ…有村架純が超えられない“視聴率の壁”

過去にも、4回共演している福士蒼汰や、『失愛ショコラティエ』での松本潤、『弱くても勝てます』での二宮和也と海老蔵が有村にメロメロでした。映画『劇場版SPEC』で共演した竜雷太もデレデレにしてしまった。今回も共演する高良健吾や西島隆弘、坂口健太郎などとの熱愛疑惑が起きないとも限りません。番宣で若手俳優陣のチームワークの良さをアピールする中で、熱愛発覚なんてことになれば…

None

夏ドラマ“主役・脇役・敵役”辛口採点

ドラマで主役食う存在感 片桐仁の“顔芸”に高まる期待の声

「片桐は前クール最大のヒットドラマとなった松本潤主演『99.9』で松潤を補助する、ウザすぎるパラリーガルを演じて注目された。そのため知名度も急上昇し、『グ・ラ・メ!』では、立ち読みばかりで本を買わない剛力にヤキモキする古書店店主という“チョイ役”ながら目立っています。今最も旬なバイプレーヤーと言ってもいい」(テレビ関係者) 人気の影響か、片桐の周りが動き始めている…

高橋弁護士は有罪率99%の刑事裁判で3連続無罪

刑事裁判で続々無罪 仕事で使える「凄腕弁護士の仕事術」

これが決定打となって裁判官の無罪判決につながったと思います」 ■地味な作業を丹念にできるか 松本潤主演のドラマ「99.9」の弁護士のように、現場にも足しげく通う。インターネットでも情報は集められる時代だが、それでは分からないことが必ずある。 「『殺人の前にテレビを見ていた』と調書にあっても、テレビがどこにあり、本人との距離はどれくらいあったかを把握したい。役に立たな…

ドラマで演じた小悪魔役を地で行く石原さとみ

長谷川博己も陥落? “共演者キラー”石原さとみがモテるワケ

これまで、嵐の松本潤(32)や俳優の佐藤健(26)、小栗旬(32)、生田斗真(30)、ロンブーの田村淳(41)などドラマや舞台の共演者たちとウワサになったほか、カメラマンや男性マネジャーとの熱愛をキャッチされたこともある。 映画「進撃の巨人」で共演した長谷川博己(38)が長年交際を続けた鈴木京香(47)と破局したのも、長谷川が石原にホレ込んでしまったのが一因ではない…

新旧交代の大黒柱/(C)日刊ゲンダイ

井上真央 シャカリキに働く裏に松嶋菜々子の“開店休業”

事務所としては井上頼みなのです」 そんな重責を負う井上の気になるプライベートはというと、 「ドラマ『花より男子』で共演した嵐の松本潤との交際が報じられましたが、続報は一切ありません。昨年、世田谷区内で松潤が運転する車の助手席に井上が乗っている時に事故を起こしたという情報が駆け巡りましたが、これはガセでした。今や交際自体も、話題作りのガセネタじゃないか? といわれてい…

None

評価うなぎ上り ドラマより甘い石原さとみの“唇”と“演技”

「嵐」の松本潤(30)演じるスケベな妄想癖のあるチョコレート職人が、こっぴどく振られようがなんだろうが、長年、片思いし続ける小悪魔女子の役。コラムニストの桧山珠美氏は、「月9のヒロインが“シモの緩い女”という衝撃作。あのエロチックなタラコ唇を持った石原さとみを起用したキャスティングは大当たり」とこう続ける。 「キスシーンやパンチラ寸前の悩殺シーンなど月9らしからぬ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事