日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「柳田悠岐 選手」に関する記事

阪神藤浪(右)はマエケンに弟子入り

他球団選手の自主トレに「真剣勝負できるのか」と疑問符

年が明けてプロ野球選手の自主トレが本格化する中、昨6日はソフトバンクの柳田悠岐(27)がグアムに出発。昨年に続き、師匠と仰ぐオリックスの糸井嘉男(34)らと現地で合同トレーニングを行う。 他球団の選手同士で自主トレをしたり、交流することが近年、目立ち始めた。 昨年は阪神の藤浪晋太郎(21)が広島の前田健太(27)の自主トレに参加。トレーニング方法などを学んだ。メジャ…

三冠王も射程圏の山田(左)を視察したボラス氏

常駐スタッフも派遣 大物代理人ボラスが「日本選手」に熱視線

1次メンバーにはこの山田をはじめ、今オフにポスティングによるメジャー挑戦を目指すとみられる前田健太(広島)、将来のメジャー挑戦を視野に入れる大谷翔平(日本ハム)、藤浪晋太郎(阪神)、柳田悠岐(ソフトバンク)らが選出された。 「『プレミア12』にはメジャー40人枠のメンバーは参加しないが、その代わりに日本、韓国、台湾はトップクラスの選手が参加予定。大会はメジャー予備…

西武・森友哉は日本の象徴

侍ジャパンは「U-25」選抜で戦うべし!

1番 二塁 菊池涼介(広島) 2番 中堅 中村晃(ソフトバンク) 3番 一塁 山田哲人(ヤクルト) 4番 左翼 筒香嘉智(DeNA) 5番 捕手 森友哉(西武) 6番 DH 浅村栄斗(西武) 7番 右翼 大谷翔平(日本ハム) 8番 遊撃 今宮健太(ソフトバンク) 9番 三塁 中島卓也(日本ハム) 中田翔(日本ハム)も、柳田悠岐(ソフトバンク)もメンバーから外した。…

巨人の大田も能力は高い

権藤博の「奔放主義」

野球界には未来の五輪メダリストが埋もれている

トリプルスリーのヤクルトの山田哲人(24)、ソフトバンクの柳田悠岐(27)だって、夢想するだけで楽しくなる逸材だ。 一軍でなかなか結果が出ない選手にも人材は埋もれている。例えば巨人の大田泰示(26)。未完の大器といわれて8年目になるが、彼は前ラグビー日本代表ヘッドコーチのエディ・ジョーンズに見初められた。数年前、巨人のキャンプを表敬訪問したエディが大田の運動能力に一…

柳田悠岐

コーチ、恩師が証言 ソフトBの“怪物”柳田悠岐を全解剖

気迫タップリだった五十嵐

今季交流戦の象徴 DeNAをア然とさせたSB五十嵐の“叫び”

ソフトバンクとの試合前、パ屈指のスラッガーである柳田悠岐が打撃練習を始めると、数人の選手が見学を始めた。体が反り返るほどのフルスイング。交流戦しか対戦機会がないだけに、打撃を参考にしたいと思ったのだろう。選手の一人が携帯で写真を撮っていた。 「柳田はもちろん、日本ハムの大谷、オリックスの糸井、西武の中村は体も大きいし、パワーが違う。やっぱり凄い。セにはこんな打者は…

来年のドラフトの目玉といわれている清宮

清宮72号も スカウト語る「通算本塁打に価値なし」のワケ

一方で高校時代に11本しか打てなかった柳田悠岐(広島商高、ソフトバンク)は、今季を含めて83本を打ち、昨季はトリプルスリーを達成。2000安打、2度の首位打者に加え、本塁打王と打点王にも輝いた中日の小笠原道大二軍監督(暁星国際)はプロ通算378本塁打を打ちながら、高校では0本だった。 某スカウトは「高校通算本塁打はあくまで参考程度です」と、こう言う。 「現時点でど…

「ちょっとショック」と語った山田

年俸下交渉決裂で「ショック」発言の山田に燕ファン心境複雑

しかも厄介なのは今季、ソフトバンクの柳田悠岐(27)が同じくトリプルスリーを達成していることだ。こちらは「今季年俸9000万円から3倍増の2億7000万円は堅い」という報道もある。世間はどうしたって山田と柳田の昇給額を比較する。ここで出し渋れば、球団のイメージダウンになりかねない。 ヤクルトファンの作家・吉川潮氏はあえて、「山田よ、ここは泣いてくれ、というのがヤク…

規格外のパワー

「電光掲示板」を破壊! ソフトB柳田“度肝抜く飛距離”の源

ソフトバンクの柳田悠岐(26)が3日のDeNA戦で敵味方問わず、選手、ファンの度肝を抜いた。1点ビハインドの六回にDeNA先発の三浦からバックスクリーンにソロ弾。打った瞬間にそれとわかる打球はぐんぐん伸びて電光掲示板上部、DeNAの3番石川の名前が表示された真横に直撃したのだ。 球場は騒然となり、打球が当たった箇所は電光掲示板のビジョン機能を“破壊”され、しばらく…

なぜ投げない?

登板なしでも侍Jに帯同 巨人菅野にささやかれる“故障説”

NPBは31日、11月10~13日にメキシコ、オランダと対戦する侍ジャパンの強化試合で、日本代表に選出されていたソフトバンク・柳田悠岐(28)、広島・中崎翔太(24)が出場を辞退すると発表した。柳田が「右肘関節炎」、中崎は「右腰および右股関節痛」のため。代わってソフトバンク・中村晃(26)、広島・大瀬良大地(25)が追加招集された。 そこで、ある男が話題になっている…

大記録を期待する声は多い

難関は四球増か…ホークスOB語る柳田「40-40」の可能性

昨季、ヤクルトの山田と並んでトリプルスリーを成し遂げた柳田悠岐(27)。その身体能力とパワーは、球界の“超人”、オリックスの糸井をして「アイツは化け物」と言わせるほど。それだけにトリプルスリーを超える大記録、日本球界では前人未到の「40本塁打、40盗塁」が期待されている。 柳田は昨季、34本塁打、32盗塁。工藤監督が「挑戦してほしい」と話せば、本人も「あくまで目標…

貪欲に打撃のヒントを探す柳田

SB柳田悠岐がユーチューブでチェックしているものとは?

いつ海を渡るのか

3倍増更改のSB柳田 米で日本人野手の“悪評”覆す可能性

「最大限の評価をいただき、すぐに(ハンコを)押しました」 ソフトバンクの柳田悠岐(27)はハイテンションでこう言った。 25日、契約更改で9000万円から3倍増の2億7000万円でサイン。今季、打率.363、34本塁打、99打点、32盗塁の成績で「トリプルスリー」を達成し、首位打者にMVPも獲得した柳田は「やったらやっただけ評価してもらえる」と、来季は4番に座る可能…

「球団の顔」だけに…

遊び好きで有名 SB柳田の“夜の安打量産”に球団ピリピリ

ソフトバンクの柳田悠岐(26)に関してだ。現在、西武の秋山(27)とハイレベルな首位打者争いを繰り広げているものの、活躍すればするほど、「球団はヒヤヒヤ」だという。 野球一筋の秋山とは対照的に、柳田はチーム屈指の遊び好き。奔放な性格も相まって、ソフトバンク入団後の1年目から繁華街を豪快にはしごしていたことは地元・福岡で有名だ。 今年の宮崎キャンプでも休日前夜になると…

豪快なフルスイング/(C)日刊ゲンダイ

オリ糸井も脱帽…異彩放つSB柳田 驚異のアッパースイング

そんなソフトバンク柳田悠岐(25)が球界のみならず、お茶の間にその名を知らしめたのが今季のオールスターだ。甲子園での2戦目に6打数4安打2打点と活躍し、MVPを獲得。中でもバックスクリーン左に弾丸ライナーで突き刺さったホームランは、ファンの度肝を抜いた。 もっか127安打60打点13本塁打、打率・316。そんな柳田の特徴といえば、フォロースルーで天を仰がんばかりに…

大のカープファン/(C)日刊ゲンダイ

ヒーロー

130m満塁弾で話題 SB柳田悠岐は王会長が惚れた“逸材”

65年ぶり15戦連続四球の柳田と藤井打撃コーチ

四球増で不振のSB柳田にチーフ打撃Cが授けた“対策”とは

昨季は34本塁打、99打点、32盗塁、打率.363と活躍し、年間MVPに輝いたソフトバンクの柳田悠岐(27)。今季は他球団の徹底的なマークに遭い、13日の西武戦で15試合連続四球。86年の落合博満(ロッテ)を抜き、51年の田部輝男(西鉄)に並ぶパ最多記録となった。 「開幕からの連続四球」に限れば、すでに7日のロッテ戦の「11試合」で日本記録を更新。記録を伸ばし続けて…

山田(左)と柳田はそろってMVPに選ばれた

読むメジャーリーグ

「トリプルスリー」は和製英語

ヤクルト・山田哲人とソフトバンク・柳田悠岐が打率3割、30本塁打、30盗塁を同時に達成したことで「トリプルスリー」という言葉は今年の流行語大賞にもなった。 メディアの中には「トリプルスリー」が米国でも広く知られた言葉であるかのように報じているところもあるが、実際には、そのようなことはない。最近では3年前にトラウト(エンゼルス)とブラウン(ブルワーズ)が「3割、30本…

松田(右)に打撃指導する秋山監督

セ監督考「外野手出身に知将なし」 由伸・金本は大丈夫か

唯一の複数回日本一 秋山幸二は人を育てた

なにしろ、いまをときめく松田宣浩や柳田悠岐は、秋山が育てた選手である。 「金を残すは下。仕事を残すは中。人を残すは上」 明治・大正時代の政治家、後藤新平の言葉だが、野球界も例外ではない。 秋山が松田と出会ったのは、二軍監督になり、2年目の2006年のこと。この年、松田は新人ながら開幕戦でスタメンに名を連ねたが、結果を出せず、プロの壁にぶつかり、二軍落ちしたのであった…

貢献度は同等だが…

MVPの柳田と山田 年俸めぐりトリプルスリーの駆け引き熾烈

25日、「NPBアワード」が開かれ、今季のMVPにセがヤクルトの山田哲人(23)、パはソフトバンクの柳田悠岐(27)がともに初選出された。 今季、2人は揃って3割、30本、30盗塁のトリプルスリーを達成。山田は1位票262票(満票270)、柳田は211票(満票230)を獲得し、ほぼ満場一致での受賞だった。山田が「むちゃくちゃうれしい。チームは優勝し、個人としてもい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事